2021年版|自家消費型太陽光発電(再エネ設備)補助金一覧【随時更新中】

自家消費型太陽光発電の導入を導入することで、電気代削減・売電収入・環境経営・非常用電源などさまざまなメリットが得られます。補助金や助成金を利用して投資回収期間を早めることができれば、経済的なメリットはさらに大きくなります。

この記事では、2021年度に利用できる自家消費型太陽光発電の補助金情報を掲載しております。

※本記事にてご紹介する補助金は一例です。これら以外にも、太陽光発電に関する補助事業を行っている自治体や、補助事業を開始する自治体が存在する可能性があります。
※補助金の交付決定や審査は各機関によって行われます。当社では使える補助金の調査をさせていただきますが、補助金の交付や審査について関わることはありません。
※過去の補助金の状況をご確認できるよう、募集を終了した補助金を掲載することがあります。
※太陽光関連事業を行う当社と業務が類似する企業さま等による、補助金の調査および申請のサポートのみのご依頼は承っておりません。当社にて設備導入をご検討いただくお客様へご案内しております。

目次

PPA活用など再エネ価格低減等を通じた地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業

ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業

項目 内容
補助対象事業者 民間事業者
補助対象設備 太陽光発電設備、蓄電池
補助率 ・太陽光発電設備:4万円/kWまたは5万円/kWおよび工事費の一部(10万円)
・家庭用蓄電池:2万円/kwhおよび工事費の一部(10万円)を合算した額 と 補助対象経費×5分の1の金額 を比較して少ない方の額
・産業用蓄電池:6万円/kwhおよび工事費の一部(10万円)を合算した額 と 補助対象経費×3分の1の金額 を比較して少ない方の額
補助金限度額費 上限なし
公募期間 令和6年度まで
申請受付期間 令和3年3月下旬から9月末日予定
令和2年度+3年度予算がなくなり次第終了

再エネの価格低減に向けた新手法による再エネ導入事業

項目 内容
補助対象事業者 地方公共団体・民間事業者
補助対象設備 建物の屋根上や空き地以外の場所(カーポートなど)に設置する、自家消費型の太陽光発電設備・蓄電池
補助率 蓄電池含め設備導入費の3分の1
補助金限度額費
公募期間 令和6年度まで
申請受付期間 1次公募 令和3年5月14日(金)~6月10日(木)17時必着
2次公募 令和3年6月17日(木)~7月12日(月)17時必着
3次公募 令和3年7月16日(金)~8月10日(火)17時必着

導入メリットや電気代削減、節税効果などを詳しく解説

ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせください

地域レジリエンス・脱炭素化を同時実現する避難施設等への自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業

項目 内容
補助対象事業者 避難施設・防災拠点となる地方公共団体や公共施設など
補助対象設備 (1)再生可能エネルギー設備、未利用エネルギー設備(太陽光、風力、小水力、地中熱、バイオマス、太陽熱 等)・コージェネレーションシステム(停電対応仕様のもの)・省エネルギー設備(空調、照明、給湯、EMS、変圧器)
※災害時に12からエネルギー供給を受けて稼働するものに限る・蓄電池設備(太陽光発電設備を導入する場合は必須)
(2)(1)の設備導入に係る調査・計画を行うための事業費の一部
要件
  • 地域防災計画などにおいて、対象施設が避難施設などとして位置付けられている、またはその予定である
  • 再生可能エネルギーは通常時は自家消費し、災害時に自立稼働する機能がついていること
  • 土砂災害危険性地域に想定されていない地域
  • 浸水被害危険性地域に想定される場合は、浸水時にも設備が稼働できる機能をつけること
補助率 (1)取得価格の3分の1(都道府県)・2分の1(市区町村)または3分の2(離島)
2)2分の1
補助金限度額費 (2)は上限500万円
公募期間 令和3年度から令和7年度まで
申請受付期間 令和3年3月下旬開始予定

廃熱・未利用熱・営農地等の効率的活用による脱炭素化推進事業のうち、営農型等再生可能エネルギー発電自家利用モデル構築事業

項目 内容
補助対象事業者 農林水産事業を行う農業者、農業団体、営利法人など
補助対象設備 太陽光発電、風力発電、蓄電池、自営線 (農業に関する費用は対象外)
要件
  • 農林水産業の生産活動に係る適切な事業計画が確保されていること
  • 農地等において営農を前提とした再生可能エネルギー設備を導入する事業
  • 固定価格買取制度(FIT)による売電を行わないこと
  • 本事業によって発電する電力の供給先は以下の通りであること
  • a)売電しない場合:農林漁業施設、公共施設、自らの事業の用に供する施設
    b)売電する場合 :農林漁業施設、公共施設
  • 太陽光発電、風力発電の出力は10kW以上
補助率 取得価格の2分の1
補助金限度額費 3億円
公募期間 ~令和3年度
申請受付期間 未定(令和2年度は、9月18日から10月9日)

農業を営む個人・法人が農業を営む場合に申請可能

発電した電気を自らが消費しない場合は、周辺にある農林漁業施設か公共施設(農林漁業者や自治体)にのみ売電OKとなります。

導入メリットや電気代削減、節税効果などを詳しく解説

ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせください

工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業

項目 内容
補助対象事業者 民間事業者・団体
補助対象設備 (1)CO2排出量50t以上3000t未満の事業場のCO2排出量削減余地の診断及び「脱炭素化促進計画」の策定
(2)「脱炭素化促進計画」に基づく設備更新(空調・給湯・BEMS・再エネ設備等)の補助 ※排出枠取引への参加が必須
補助率 (1)補助対象費用の2分の1
(2)補助対象費用の3分の1
補助金限度額費 (1)100万円(2)・工場・事業所単位で15%削減またはシステム系統で30%削減する場合、上限1億円
・「システム系統で30%削減」「燃焼をガス化または電気化」「CO2排出量を4,000t-CO2/年以上削減」を全て実現する計画の場合、上限5億円
実施期間 令和3年度から令和7年度まで
申請受付期間 2021年4月以降予定

再エネの最大限の導入の計画づくり及び地域人材の育成を通じた持続可能でレジリエントな地域社会実現支援事業

地域再エネ導入を計画的・段階的に進める戦略策定支援

項目 内容
補助対象事業者 地方公共団体
補助対象 (1)地域への再エネ導入目標の策定や再エネ導入促進エリアの設定における合意形成
(2)円滑な再エネ導入のための促進エリア設定等に向けたゾーニング等の合意形成支援
※ゾーニング=再エネ導入を行う地域を選定する作業
補助率 低率4分の3
補助金限度額費 小規模自治体:(1)上限1,000万円(2)上限3,500万円
都道府県・指定都市・中核市・特例市:低率4分の3
実施期間 令和3年度から令和5年度まで
申請受付期間

導入メリットや電気代削減、節税効果などを詳しく解説

ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせください

建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業

この事業では、以下3つの目的を達成するため、対象となる取り組みや設備に対する支援を行います。

  • 業務に使われる建物のZEB化・省CO2化を普及させる
  • 2030年度時点での、政府のCO2削減目標達成に貢献する
  • 気候変動による災害の甚大化や新型コロナウイルス等の感染症への適応を高めながら、快適で健康な社会の実現を目指す

「建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業」はさらにいくつかの事業に細分化されます。その中から、太陽光発電設備に関連する補助金事業を紹介します。

レジリエンス強化型ZEB実証事業

項目 内容
助成対象事業者 民間事業者・団体・地方公共団体など
助成対象設備
  • 災害発生による長期の停電時において、施設内にエネルギー供給ができる再エネ設備
  • 省エネ型の第一種換気設備
  • 需要側設備等を通信・制御する機器
要件 災害時に活動拠点となるような公共性の高い業務用建築物であって、面積10,000㎡未満の新築民間建築物、面積2,000㎡未満の既存民間建築物、及び地方公共団体所有の建築物(面積上限なし)
補助率
  • ZEB:補助率3分の2
  • Nearly ZEB:補助率3分の2
  • ZEB Ready:補助率3分の1
補助金限度額費 未定
公募期間 令和2年度から令和5年度まで(予定)
申請受付期間 未定

ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業

項目 内容
助成対象事業者 民間事業者・団体・地方公共団体など
助成対象設備 ZEBに資するシステム・設備機器(再エネ発電設備・省エネ設備・エネルギー制御機器など)
要件 面積10,000㎡未満の新築民間建築物、面積2,000㎡未満の既存民間建築物、及び地方公共団体所有の建築物(面積上限なし)
補助率 面積や省エネルギー達成率によって、3分の1・3分の2・2分の1のいずれか
補助金限度額費 未定
公募期間 平成31年度から令和5年度まで(予定)
申請受付期間 未定

上下水道・ダム施設の省CO2改修支援事業

項目 内容
助成対象事業者 民間事業者・団体・地方公共団体など
助成対象設備
  • 再エネ発電設備及び附帯設備高効率設備
  • インバータなど省CO2性の高い設備機器など
要件 上下水道・ダム施設におけるの再エネ発電設備・高効率設備やインバータ等の省エネ設備等の導入・改修を支援
補助率 2分の1(太陽光発電設備のみ3分の1)
補助金限度額費 未定
公募期間 平成28年度から令和5年度まで(予定)
申請受付期間 未定

自家消費型太陽光発電は自治体の補助金もある

自家消費型太陽光発電は、各省庁からの補助金以外にも、地方自治体からの補助金が使える場合があります。太陽光発電設備を導入する場合、管轄する自治体に使える補助制度があるか確認をとることをおすすめします。一例として、東京都の補助事業をみてみましょう。

例:東京都|地産地消型再エネ増強プロジェクト

CO2を排出しない「ゼロエミッション東京」の実現に向け、再生可能エネルギーの導入拡大を図るため、民間事業者による地産地消型の再生可能エネルギー発電等設備及び熱利用設備の導入に対する助成金

項目 内容
助成対象事業者 民間企業(民間企業、学校法人、公益財団法人、社会福祉法人等)
助成対象設備
  • 再生可能エネルギー発電設備
    太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、小水力発電等、再生可能エネルギー発電設備と併せて導入する蓄電池
  • 再生可能エネルギー熱利用設備
    太陽熱利用、地中熱利用、バイオマス熱利用
想定要件 助成対象設備を導入する施設及び消費する施設は、「都内」であること。固定価格買取制度の設備認定を受けない設備であること。
補助率
  • 中小企業等
    助成対象経費の3分の2以内(国等の助成金と併給する場合でも、合計3分の2以内)
  • その他
    助成対象経費の2分の1以内 (国等の助成金と併給する場合でも、合計2分の1以内)
補助金限度額費 ・中小企業等:1億円
・その他:7,500万円
公募期間 令和2年度から令和5年度まで(助成金の交付は令和6年度まで)
申請受付期間 令和2年8月3日(月曜日)~令和3年3月31日(水曜日)
ただし、下記予算額に達し次第終了

都内に事業所がある、他県(東京都以外)のオーナー様も申請可能です。
 ※例えば本社が他県でも、都内に事業所を持っているオーナーも申請可能です。

導入メリットや電気代削減、節税効果などを詳しく解説

ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせください

補助金・助成金の調査承ります

補助金・助成金のなかには、1事業所につき最大数千万円から数億円の補助が受けられるものもあります。うまく導入できれば、経済的メリットがより大きくなるでしょう。

太陽光設置お任せ隊で自家消費型太陽光発電のご相談をいただいた場合、使用可能な補助金の調査・申請サポートをいたします。設備の導入と合わせてお気軽にご相談ください。

※太陽光関連事業を行う当社と業務が類似する企業さま等による、補助金の調査および申請のサポートのみのご依頼は承っておりません。当社にて設備導入をご検討いただくお客様へご案内しております。

自家消費型太陽光発電のメリットをご紹介

冒頭でお伝えしたように、企業が自家消費型太陽光発電を導入することで電気代削減・売電収入・環境経営・非常用電源などさまざまなメリットが得られます。

これらのメリットに関連する記事を以下に掲載します。関心を持たれた方はぜひご覧ください。

自家消費型太陽光発電について

電気代削減・売電収入について

環境経営

非常用電源

見積もり・設計のポイント

※本記事にてご紹介する補助金は一例です。これら以外にも、太陽光発電に関する補助事業を行っている自治体や、補助事業を開始する自治体が存在する可能性があります。
※補助金の交付決定や審査は各機関によって行われます。当社では使える補助金の調査をさせていただきますが、補助金の交付や審査について関わることはありません。
※過去の補助金の状況をご確認できるよう、募集を終了した補助金を掲載することがあります。
※太陽光関連事業を行う当社と業務が類似する企業さま等による、補助金の調査および申請のサポートのみのご依頼は承っておりません。当社にて設備導入をご検討いただくお客様へご案内しております。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ
お問い合わせ内容
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮下さい。
法人・個人
法人名※法人の場合
お名前
ふりがな
お電話番号
※半角数字でご入力ください。
メールアドレス
ご住所
郵便番号をご入力いただくと自動で住所が入力されます。
  • 半角数字でご入力ください。
ご相談内容
関連ダウンロード資料
  • *

    太陽光発電を自社の屋根に設置する条件・維持費・メンテナンス

    ダウンロード

  • *

    工場の省エネ対策アイデア|8つの施策と省エネのメリットを解説

    ダウンロード

  • *

    省エネ法とは|規制される分野と知っておきたい改正内容

    ダウンロード

  • *

    即時償却・特別償却のメリットデメリット | 中小企業の節税テクニック

    ダウンロード

 執筆者
*
太陽光設置お任せ隊編集部
太陽光発電及び屋根工事のプロとして全国で5,000件以上の産業用太陽光発電の企画・設計・施工管理を手がける太陽光設置お任せ隊の記事編集チーム。豊富な実績より培ったノウハウと専門家からの取材に基づいた情報を初めての方でも分かりやすくお伝えします。現在、第一種電気工事士・宅地建物取引士・一般耐震技術認定者・エネルギーマネジメントアドバイザー等有資格者が在籍。
企業向け太陽光発電コラム

投資家向けコラムはこちら

新型コロナウイルス感染予防対策について
新型コロナウイルス感染症に対するお客様とスタッフの安全を最優先に考え、担当者がお伺いの際は事前にPCR検査を行い陰性を確認の上、マスク着用および消毒を徹底しております。
PAGE TOP