工場に自家消費型太陽光発電を設置するメリット|導入事例公開

工場経営にはさまざまな経費がかかり、それを削減するのは難しいと感じていませんか?

製造業を展開する企業は、製品の製造過程で多くのエネルギーを消費します。工場によっては、年間で数百万円から数千万円以上の電気料金を負担しているケースもあります。

工場を持つ製造業の経費削減の方法として注目されているのが【自家消費型太陽光発電】です。工場経営と太陽光発電の相性は良く、電気料金を大幅に削減できる可能性があります。

工場の太陽光発電のイメージ

この記事では、工場経営と太陽光発電の相乗効果・導入するメリット・自家消費型太陽光発電がなぜ注目されているかなどを解説します。

多くの工場経営者が抱える悩みは経費

多くの事業者が抱える悩みは経費

工場経営には賃料・人件費・材料費・光熱費など、多くの経費がかかります。少しでも利益を増やしたいと思いつつも、これらの経費が重くのしかかり、なかなか成果を上げられないと感じている事業者は少なくありません。

そんな経費のなかで、見直しや削減をしやすいのは光熱費です。特に電気代は光熱費の大半を占めており、電気使用量の見直しが大きな経費削減に繋がる場合があります。

光熱費を効率よく削減させるためには?

光熱費削減を考えた際、節約・節電などが思い浮かぶのではないでしょうか。ただ、日々意識しながら行動することは大切ですが、節約・節電だけでは削減額に限界があります。

そこでおすすめなのが、太陽光発電による自家消費です。太陽光発電は「売電」目的が主流でしたが、現在では売電価格が下落しており、大きなメリットが出にくくなりました。

そのため売電目的ではなく、自家消費型太陽光発電が注目を浴びています。

自家消費型太陽光発電とは?

自家消費型太陽光発電とは?

自家消費型太陽光発電とは、名のとおり発電した電気を「自分で使う」ことを目的としています。自家消費を行えば、電力会社から購入する電気量が減るため、結果として電気料金を削減できます。

従来であれば、太陽光発電は売電目的が一般的でした。固定価格買取制度(FIT)が開始した2012年は、容量10kW以上の太陽光発電であれば1kWh当たり約40円で売ることができました。しかし、2016年には約24円、2021年は約11円まで下落しています。

たとえば東京電力の高圧電力(契約電力500kW以上)では、電力量料金が1kWh当たり約15円(2021年5月時点)となっているため、売電価格よりも高い状況です。このような場合は、太陽光発電は売電するよりも自家消費した方がお得になります。

電力消費が多い製造工場にこそ太陽光発電がおすすめ

当然ではありますが「電力消費が多い=電力会社から購入する電気量が多い」です。そのため、製造業のように電力消費が多い事業者は自家消費型太陽光発電を導入する経済的メリットが大きくおすすめです。

また、太陽光発電はパネル数が多いほど発電量が増えるため、大きな工場や広い土地がある事業者にも向いています。しかし、太陽光パネルの設置数と設置費用は比例するため、自社の使用電気量と発電量が合うようにパネルの数を調整しましょう。

太陽光発電でわからないことがあればお気軽にご相談ください!

「導入コストや回収年数は?」「どれくらいのメリットがあるの?」「どんな補助金が使えるの?」「自社でも導入可能か?」など
どんな些細なことでも構いません! ハウスプロデュースまでお気軽にご相談ください!

0120-751-126 (平日9:00~18:30)

工場に自家消費型太陽光発電を導入するメリット

自家消費型太陽光発電を導入するメリット

次に、自家消費型太陽光発電を自社に導入する4つのメリットを紹介します。

電気料金を削減できる

*

先述のとおり、自家消費型太陽光発電を導入すれば電気料金削減が見込めるのが大きなメリットです。

工場内の機器設備で消費される電力を、太陽光発電で発電した電気によってまかなうことで、毎月の電気代の負担を大幅に削減できます。

再エネ賦課金の上昇分も削減

そのほか、すべての電気消費者から徴収されている「再生可能エネルギー発電促進賦課金」も、電力消費量に応じて算出されるため、電力会社からの電力消費量を抑えることで、電気料金の削減が可能です。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

(再エネ賦課金の単価の推移)

電気代が高騰する際の影響を受けにくくなる

「燃料価格の高騰」や「日本国内の電力供給不足」などが原因となり、2022年春ごろから電気代の高騰が問題となっています。

企業の電気代は、2021年5月と2022年5月では1kWhあたり約5円も上昇しています。工場を持つ製造業のように電気使用量が多い業種では、この高騰分がかなりのダメージになることも。

太陽光発電による自家消費は、電力会社から購入する電力量を減らすため、大幅な電気代削減に繋がります。

節税対策に利用できる

太陽光発電の導入によって、節税や補助金が受けられる可能性があります。主な税制は以下になります。

  • 中小企業等経営強化税制:設備費用を初年度に即時償却or継続的な税額控除
  • 中小企業投資促進税制:設備取得価格の最大30%の特別償却、もしくは最大7%の税額控除のうちどちらか適用
  • 固定資産税の軽減措置:工場や倉庫などを新設と同時に導入する場合、最大3年間にわたり、設備にかかる固定資産税がゼロから2分の1の間で減免

それぞれ対象設備や条件、適用期限などが異なるほか、今後も新たな制度が出てくる可能性もあります。対象となるものがないか、こまめにチェックすることをおすすめします。

関連記事:太陽光発電で節税対策|即時償却・税額控除・固定資産税など税制優遇まとめ

国・自治体から補助金を受けられる

太陽光発電などの再生可能エネルギー設備に対する補助金実績は多いです。

たとえば東京都では「地産地消型再エネ増強プロジェクト」を実施しており、2021年度の予算額は4億円となっています。

内容には、“都内に地産地消型再生可能エネルギー発電等設備又は再生可能エネルギー熱利用設備を設置する事業者に対して、当該設備の設置に係る経費の一部を助成”と記載されています。

税制と同じく今後も再生可能エネルギー設備に対する補助金は増える可能性がありますので、経済産業省(資源エネルギー庁)や各自治体の情報を確認しましょう。

工場のCO2排出量を削減できる

太陽光発電など自然の力を利用して、作り出された電気は「再生可能エネルギー」といわれており、発電時にCO2排出を伴いません。

そのため、太陽光発電で作った電気を工場の消費電力として使用することで、電力会社から供給される電力が減り、結果として工場のCO2排出削減に繋がります。

製造に不可欠な電気を再生可能エネルギーに切り替えることで、省エネ法などの工場経営に関連する法律に対するリスクヘッジになります。

たとえば、工場への太陽光発電の導入は「工場立地法」において「環境施設」として認められます。

企業価値の向上とPRに繋がる

地球温暖化が叫ばれる昨今では、太陽光発電などの再生可能エネルギー設備の導入は企業価値の向上やPRに繋がります。

従来の化石燃料(石油や石炭など)は、電力を作る際にCO2を排出します。しかし、太陽光発電設備で電気を作る際には基本的にCO2を排出しないため、環境に配慮しているとPRができます。

また、RE100、SDGs、ESG投資など、さまざまな環境に対する取り組みが多くあり、自家消費型太陽光発電による経費削減と併せて取り組むことができます。

関連記事:RE100とは?加盟する企業のメリット

関連記事:ESG投資とは? |自家消費型太陽光発電で中小企業のビジネス拡大

建物の断熱性が向上し、暑さ・寒さを軽減する

工場の屋根に太陽光パネルを設置すると、パネルと屋根の隙間に空気の層が生まれ、屋根の断熱性が向上します。これにより、夏場は室内の温度上昇を、冬場は室内の温度低下を抑えられます。

とくに夏場の室内温度上昇を3℃から5℃抑えるといわれます。空調をしていなければ、真夏の工場内の室温は40℃を超えることもあるため、作業環境の改善にも繋がります。

太陽光発電でわからないことがあればお気軽にご相談ください!

「導入コストや回収年数は?」「どれくらいのメリットがあるの?」「どんな補助金が使えるの?」「自社でも導入可能か?」など
どんな些細なことでも構いません! ハウスプロデュースまでお気軽にご相談ください!

0120-751-126 (平日9:00~18:30)

【業種別】工場への太陽光発電導入事例

金属加工工場の導入事例

            
  • 導入先
    株式会社特殊金属エクセルさま
  • 業種
    金属加工業
  • システム容量
    DC容量:581.4kW
    AC容量:562.5kW
  • 導入効果
    年間約1,000万円の電気代削減と年間約300tのCO2削減

RE100加盟企業を取引先にもつ製造工場が導入を決断した本当の理由

水産加工工場への導入事例

            
  • 導入先
    瀬戸水産さま
  • 導入施設
    水産加工業
  • システム容量
    DC容量:75.75kWkW
    AC容量:60kW
  • 導入効果
    導入前と比べて約3割の電気料金を削減。BCP対策の一環として事業継続力強化計画(中小企業庁)認定取得にも貢献

導入企業インタビュー(株式会社瀬戸水産様)

木工加工工場への導入事例

            
  • 導入先
    株式会社アザーワンさま
  • 導入施設
    木工加工業
  • システム容量
    DC容量:電灯分22.5kW / 動力分10.5kW
    AC容量:電灯分16.5kW / 動力分9.9kW
  • 年間発電量(想定)
    約35,347kWh
  • 年間電気代削減(想定)
    約705,000円
  • 年間CO2排出削減量
    18,091(kg-CO2)
  • 導入効果
    年間約70万円の電気代削減と空調設備の負荷軽減

導入企業インタビュー(株式会社アザーワン様)

工場の太陽光発電導入が進む?その理由とは

工場の太陽光発電設置のイメージ

2020年10月、当時の菅内閣総理大臣が「2050年までに国内のカーボンニュートラルを目指す」と表明したように、日本も脱炭素経営に本腰を入れ始めたといえます。

そんななか、事業内容的にどうしてもエネルギー消費量やCO2排出量が多い製造業は、早めの対応が求められる業種です。その理由はたくさんありますが、主要な2つの理由について解説します。

RE100加盟企業の経営方針

大手といわれる企業のなかには「RE100」に加盟している企業がいます。

RE100に加盟する企業は、取引先の選定において再エネや脱炭素の取り組みを重視したいのが本音でしょう。なかには「トヨタ自動車」のように「主要取引先には脱炭素化を求める」と公言している企業もいます。この流れが他の企業にも浸透すれば、中小企業の脱炭素化が一気に広がる考えられます。

(RE100とは、事業で使用するエネルギーをすべて再生可能エネルギーでまかなうことを目指す企業の団体です)

関連記事:RE100とは?加盟する企業のメリット

改正省エネ法の影響

政府は、国内の約12,000社に、CO2を排出しないエネルギーの導入目標の策定を義務付ける方針を固めています。

対象になるのは、エネルギーの使用量が原油換算で1,500kl/年以上の企業です。現行の省エネ法を改正し、最短で2023年の春の施行が見込まれています。

対象企業
エネルギー使用量が原油換算で1,500kl/年を超える企業(国内で約12,000社)
内容
再生可能エネルギー(太陽光・風力・水力)など、CO2を排出しないエネルギーの導入目標を年に1回提出する(2023年春にも施行の可能性)
規制対象となった場合の罰則など
取り組みが不十分な場合は国が立ち入り検査や指導を行なう。それでも改善しなければ、罰金や企業名の公表も

現行の省エネ法との大きな違いは、再生可能エネルギーの目標使用割合が求められるようになったことです。具体的に数値化しなければならないとなると、多くの工場が再生可能エネルギーの活用と脱炭素化に向けて進むと予測されます。

関連記事:省エネ法とは?規制される分野と知っておきたい改正内容

太陽光発電導入への課題

太陽光発電導入への課題

自家消費型太陽光発電導入時の課題として、けっして安くない初期費用が挙げられます。設置する規模にもよりますが、数百万円から数千万円となる場合もあり、高額な費用を捻出するのは難しいと感じる事業者は少なくありません。

補助金や税制支援などをうまく活用すれば初期費用を抑えられる可能性もありますので、国や各自治体の支援制度は見逃さないようにしましょう。

まとめ

太陽光発電は、数年前までは売電目的が一般的でしたが、現在は自家消費型が注目されています。 単純に今の電気代を削減する効果のほか、2022年の春から高騰する電気代への対策となります。また、CO2排出削減による企業価値向上にも繋がりますので、今後の設備投資の選択肢として検討材料に入れるべき商材でしょう。

工場の太陽光発電はハウスプロデュースにお任せください

太陽光設置お任せ隊(運営:株式会社ハウスプロデュース)では、企業向けに太陽光発電に関するご相談を承っております。以下の特徴を持っており、多数のお客さまからのご相談をいただいております。

  • 導入実績5,000件超えの実績:創業28年、太陽光発電の施工において累計5,000件以上の実績を積むなかで培った設計・施工のノウハウを活かして発電所を設置します。
  • 屋根と太陽光の双方に深い知識を持つ:創業当初は屋根修繕事業を行ってきたため、屋根の構造や強度にも詳しく、安心して事業所の屋根を預けていただけます。
  • 20年間の長期施工保証:一般的な施工保証は数年~10年程度ですが、当社は施工力に自信があるからこその長期的保証を設け、お客様の安心に繋げています。
  • 補助金・税制優遇に詳しい:中小企業が利用できる補助金や税制優遇の調査・申請サポートが充実しています。2020年度~2021年度において、補助金採択率90%の実績があります。

導入を検討されるお客さまには、電気使用量などお伝えいただければ無料で導入効果をシミュレーションいたします。太陽光発電にご興味がある方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

太陽光発電でわからないことがあればお気軽にご相談ください!

「導入コストや回収年数は?」「どれくらいのメリットがあるの?」「どんな補助金が使えるの?」「自社でも導入可能か?」など
どんな些細なことでも構いません! ハウスプロデュースまでお気軽にご相談ください!

0120-751-126 (平日9:00~18:30)

 執筆者
*
太陽光設置お任せ隊編集部
太陽光発電及び屋根工事のプロとして全国で5,000件以上の産業用太陽光発電の企画・設計・施工管理を手がける太陽光設置お任せ隊の記事編集チーム。豊富な実績より培ったノウハウと専門家からの取材に基づいた情報を初めての方でも分かりやすくお伝えします。現在、第一種電気工事士・宅地建物取引士・一般耐震技術認定者・エネルギーマネジメントアドバイザー等有資格者が在籍。
カテゴリー
導入企業の声
2022年版自家消費太陽光発電補助金一覧
【業務提携のお願い】電気工事パートナー大募集!!

WEBでのお問い合わせ

ご相談は無料です。ご不明な点などお気軽にご相談ください。

お問い合わせ 資料請求

お電話でのお問い合わせ

PAGE TOP