太陽光発電の導入事例
株式会社瀬戸水産

株式会社瀬戸水産 関東営業所 ドローン空撮
株式会社瀬戸水産 関東営業所  屋根上撮影
太陽光パネル 取り付け工事 屋根上撮影

【事業継続力強化計画認定取得】電気代削減とBCP対策に向けた太陽光発電の導入

所在地 神奈川県
業種 製造業(水産加工)
導入施設 関東営業所
設置場所
屋根・屋上
パネル設置枚数 202
年間発電量 81,534 kwh
導入前の課題
  • 工場のBCP対策と電気代削減によるコストカットを図りたい
導入後の成果・効果
  • 当該施設の電気使用量を約30%削減し、年間で約130万円の電気代を節約
  • 事業継続力強化計画認定の取得に寄与(BCP対策)
  • 設備導入にあたり神奈川県の補助金に採択(かながわスマートエネルギー計画)

導入企業インタビュー
testimonials

成果がしっかりと数字で現れている点が一番良かったですね。

株式会社瀬戸水産 マーケティング部 瀬戸雄馬 様

取材ご協力

株式会社瀬戸水産
マーケティング部 瀬戸雄馬 様

今回は、株式会社瀬戸水産 様(本社:香川県三豊市)の関東営業所における自家消費型太陽光発電の導入事例を紹介します。 工場のBCP対策や、電気代削を主な目的として導入して頂きました。運用開始から3ヶ月経過したタイミングで瀬戸雄馬様にお話を伺いました。

株式会社瀬戸水産 関東営業所 第一工場  屋上
株式会社 瀬戸水産様 関東営業所 第一工場 屋根上
第一工場の屋根上に太陽光発電を導入いただきました。

事業や経営状況について

記者
はじめに、御社の事業についてお聞かせください。工場ではどんな業務をされていますか?
瀬戸様
主に「ノルウェー産サーモン」などの水産食品の加工及び物流拠点への配送を取り仕切っています。
商社やスーパー向けに、調理現場の手間を省くための初期品加工として、セミドレス(エラと内臓が取り除き)や骨抜き・皮剥ぎ・カットなどの加工をして、高鮮度の状態でお客様のもとまでお届けしております。
記者
工場の作業人数や作業環境を教えてもらえますか?
瀬戸様
工場の常時雇用人数は、事務員を含めて51名です。繁忙期には、およそ倍の100名くらいの体制で業務を進めます。
工場での作業環境でいえば、「生食」を取り扱う現場なので、衛生面や温度管理には細心の注意を払っています。
記者
新型コロナウイルスの蔓延による御社や業界への影響はございましたか?
瀬戸様

緊急事態宣言(2020年3月)の頃は、取引先のスーパーや飲食店の方から客足が減ったという声を良く耳にしていました。弊社でも、生鮮食品の需要も減少して、4月から5月は2019年比で30%の売上減となりました。

ですが、「巣ごもり需要」のおかげもあって、缶詰などの保存がきく食品の引き合いが増えていき、緊急事態宣言の解除後は売上が回復しました。最終的には売上が7%減にとどまって、コロナ収束後は以前より好調に売上が伸びています。
記者
「ノルウェー産サーモン」を中心に取り扱われているということですが、ウクライナ情勢についても輸入に影響が出ているのではないでしょうか?
瀬戸様

そうですね。一時サーモンが全く供給されなくなった時期があり、仕事量が減少しました。

ですが、昨年から国産サーモンの加工も開始していたので、サーモンの需要が高まる4月中旬〜7月初旬のシーズンは、なんとか需要を満たすことができそうです。

ただ、海外輸入の食品に関しては、燃料価格の高騰、飛行ルートの変更の影響もあって物流費が増加していて、「ノルウェー産サーモン」でいえば、一時期15%くらい値上がりしていました。

今回の太陽光発電の導入は、ここまでの経験が大きなきっかけにもなっています。
株式会社瀬戸水産 第一工場 作業風
第一工場 作業現場 ノルウェー産サーモン加工

太陽光発電を導入したきっかけ

記者
太陽光発電の導入のきっかけにもなったとのことですが、どのようなお考えがありましたか?
瀬戸様
今回の事態を通して、原油価格の上昇がもたらすエネルギー価格の高騰や、物流面におけるサプライチェーンリスクを実感しました。これらのリスクに対応するためには、安定した電力の調達と、流通におけるBCP対策の強化が急務だと思い、太陽光発電の導入を決定しました。

太陽光発電の実際の費用対効果について

記者
太陽光発電を導入して、どのくらいのコスト削減につながっていますか?
瀬戸様

導入前と比べると、大体30%ほど電気代が削減できています。
実は、太陽光発電を導入した直後に、電力会社が電気料金を改定されました。なので、電気代の負担額でいえば昨年より80万円ほど増えています。

もし、電気料金を改定する前に、太陽光発電を導入できていなければ、電気代が200万円以上になっていたと考えると、本当に良いタイミングで導入できたと思います。
記者
電気料金だけでも負担は大きいですね。
太陽光発電の設置費用や費用対効果はどうでしょうか?
瀬戸様

導入費用は大体1,000万円くらいでしたが、神奈川県から補助金(※)を受けることができたので、実際負担は700万円ほどです。年間の電気代削減額が130万円ほどになるので、このペースであれば5年から6年で投資回収できると予想しています。

(※)かながわスマートエネルギー計画
記者
ありがとうございます。
補助金申請は資料の準備など、大変だったと思いますが、実際どうでしたか?
瀬戸様
補助金に関する手続きは、ハウスプロデュースさんがほぼ全て対応してくれました。こちらは指定された資料を提出するだけでよかったので、手間はほとんどかかっていません。そのおかげで、導入まで私も本業の方に集中できていたので非常に感謝しています。
記者
電気料金の削減以外に太陽光発電を導入して良かったと思う点はありますか?
瀬戸様

今回の導入を機に、BCP認定を受けられたことですね。
正確には「事業継続力強化計画認定制度」という中小企業庁の認定制度です。
企業が防災や減災の事前対策に関する計画を提出すると、経済産業大臣の認定が受けられます。

災害などで工場が停電した際に、太陽光発電をどのように活用するのかなどを計画に盛り込み今年の4月に認定を取得することができました。

今回の太陽光発電の導入は、BCP認定を申請する良いきっかけにもなりましたし、認定の取得にも一役買ってくれたなと実感しています。

記者
ありがとうございます。太陽光発電といえばCO2削減効果も注目されていますが、御社としてもそちらの狙いはありましたか?
瀬戸様
取引先は、流通業界・飲食業界など様々です。社名は開示できませんが、「RE100に加盟されている企業」も含まれていますので、微力ながら足並みを揃えていきたいと考えています。

太陽光発電を導入するまで

記者
太陽光発電の導入を決定してから、実際に稼働するまでにどのくらいの期間がかかりましたか?
瀬戸様
6ヶ月くらいですね。
2021年6月に県へ申請してから、設計や補助金申請の準備などしていただき、11月には工事が始まりました。
ただ、年末は繁忙期ということもあったので、工事を一時中断してもらいました。それでも翌年1月には工事が終わっていたので、工事の期間でいえば、大体1ヶ月くらいだったと思います。
記者
太陽光発電の導入に関して、苦労した点や記憶に残っている点があれば教えてください。
瀬戸様

そうですね…全く無いんですよね。
各方面とのやり取りとか、補助金の段取りとか、色々大変かなと覚悟していたのですが、導入まですごくスムーズに進めていただいて「気付いたら終わっていた」という感じです。

こちらで準備したのは電気料金明細とか必要資料だけで、あとは送ってもらった書類に社判を押して提出しただけでしたね。他社さんでは分かりませんが、ハウスプロデュースさんの場合、プロジェクトの進行も早くて工数的にもかなり楽でした。

ハウスプロデュース(当社)をお選びいただいた理由

記者
当社(ハウスプロデュース)をお選びいただいた理由を教えていただけますか?
瀬戸様
太陽光発電の話を聞かせてもらってノウハウが豊富そうな印象を受けました。他の業者さんからも見積までお願いしていましたが、補助金の申請期限の兼ね合いもあったので悠長に悩む時間はありませんでした。なので、実績も豊富な御社にそのまま進めてもらいました。
記者
実際に当社を選んで頂いて、良かった点はありますか?
瀬戸様

レスポンスが早いという点が好印象でした。いざ自社の工場に太陽光パネルを設置するとなると疑問点が次々と湧いてくるのですが、質問したらどんなに遅くても次の日には回答が戻ってきていたので安心しましたね。

営業担当の方の人柄かもしれませんが、こちらの負担にならない方法で本当に幅広く柔軟に対応してもらいました。

後は何より、成果がしっかりと数字で現れている点が一番良かったですね。すり合わせ段階の話をすると、こちらの希望を少し伝えるだけで、次に会った時にはもう具体的な提案になっていて、計画がどんどん前に進んでいきました。

今後の展開について

記者
最後に、株式会社瀬戸水産様の今後の展開について教えてください。
瀬戸様

コロナ禍の影響を受けて生鮮食品の需要が減少する経験を教訓として、食品の製造体制をさらに盤石にしてこうと計画しています。

具体的には、保存が効く冷凍食品の製造にも取り組む予定です。これにより、様々なシチュエーションでの食品供給が可能となり、お客様のニーズにも幅広く応えられると考えています。

国産サーモンについては、需要は年々増加していますが、獲れる期間が春から初夏に限定されるため、年間を通して安定して供給方法についても模索しておいます。

お客様に「いつでも新鮮なサーモン」をお届けできるようなサービスの提供を目指しています。

あとは、2023年5月に第二工場を新設して稼働する予定なので、ハウスプロデュースさんには、第二工場の太陽光発電の設置もお願いしたいと思っています。
記者
今日のお話をもとに、読者の皆様にとっても有益な情報になったと思います。ありがとうございました。
株式会社瀬戸水産 関東営業所 第二工場  ドローン空撮
株式会社 瀬戸水産様 関東営業所 第二工場 屋根上
第二工場の屋根上に太陽光発電を導入いただきました。(2023年3月24日竣工)
株式会社瀬戸水産 https://www.setosuisan.com/
1987年の創業から、養殖ヒラメ・トラフグ等や天然アワビなど幅広く取り扱い、関東営業所ではサーモン加工を主軸に事業を展開。「安全・安心・清潔」をモットーに活魚・鮮魚を提供しています。

Contact
太陽光発電に関する
ご相談・見積もり
はこちら

無料 2024年度 補助金一覧ブック プレゼント

さらに詳しく知りたい方へ
気になるポイントを詳しく解説します

概算見積もりはこちら 資料イメージ
株式会社瀬戸水産
https://taiyoukou-secchi.com/case/setosuisan/