太陽光発電業者の選び方|現場のプロが本音で解説|後悔しない5つのポイント

電気料金の高騰や停電対策の観点から、太陽光発電の導入を検討する家庭や企業が増えている一方で、太陽光発電を設置して思うように結果が出ずに「後悔した」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、太陽光発電の導入を検討される方に向けて、「業者選びで失敗すると何が起きるのか?」「信頼できる太陽光発電業者をどうやって選ぶのか?」をプロの立場から解説いたします。

太陽光発電で後悔する人の多くは業者選びで後悔している

信頼できる太陽光発電業者を選定できるかどうかが、成否を分けるといっても過言ではありません。なぜなら、太陽光発電で失敗する原因の多くは、業者とのトラブルに起因するものだからです。

  • 相場価格より割高な金額で契約してしまった
  • 屋根にソーラーパネルを設置した直後に雨漏りが発生するようになった
  • 契約した工事会社が倒産して連絡が付かなくなった
  • ソーラーパネルが屋根から落ちてきて家族や従業員が怪我をした

などの理由が太陽光発電の失敗談に多く、これらのトラブルは経済的損失だけではなく、大きな事故を引き起こす可能性もあります。まず、太陽光発電で後悔しないためには、後ほど解説する信頼できる業者の5つの特徴を知っておく必要があります。

悪徳業者や競争力の低い業者は減ってきている

倒産件数と負債総額の推移

参照元|帝国データバンク-PRTMES|太陽光関連業者の倒産、21年度上期は39件発生 3四半期ぶり増加より

2012年7月に施行された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(FIT)を機に太陽光発電関連業者の新規参入が急増しました。しかし、その中には自己利益だけを目的とした「計画倒産」を狙った悪徳業者なども乱立したことで、太陽光発電への信用性低下に繋がる問題にも発展しました。

帝国データバンクの調査では、FITによる買取価格の低下に伴い、他社との競争に敗れた業者の倒産が相次いで起こり、2018年には太陽光関連企業の倒産は95件で過去最多を更新しました。

2020年からは、低圧区分の事業用太陽光発電による全量売電が廃止されたことにより、太陽光発電は「自家消費型」メインとした普及フェーズに移行しました。これにより、工事・販売業者はより高度なシステム設計と工事を求められるようになりました。

そのため、安易な新規参入が減少し、競争力の低い企業は撤退しことで、2021年以降は太陽光関連業者の倒産件数が落ち着きはじめています。

太陽光発電の業者選びで後悔しない5つのポイント

ここでは、太陽光発電業者を選ぶ上で最も重要なポイントを5つ紹介します。

太陽光発電で後悔しないためにおさえておきたいポイントなので、しっかり把握しておきましょう。

自社で工事を行える業者と直接契約を結ぶ

太陽光発電業者選びでもっとも重要なポイントは、自社で工事を行える会社を選ぶことです。施主(お客さま)と工事会社が直接契約を締結するため、強い信頼関係が生まれやすいのがメリットです。

とくに、工事会社がEPC事業者である場合は、太陽光発電の設備導入の工程(企画立案・材料調達・システム設計・工事・メンテナンス)すべてを一貫して行える体制があるため、高い専門性があり、コストパフォーマンスに優れています。また、自社ですべての工程を管轄・実行するため、工事に対する強い責任感があります。

一方で、一部の工程は外注するといった分離発注を行う業者である場合、工事担当会社の責任感が希薄になりがちです。有事の際に責任の所在を曖昧にされるといったリスクを負うことにも繋がります。また、仲介業者が増えることでマージンが発生し、導入コストの面においても相場よりも割高な提案を受ける可能性があります。

関連記事: 太陽光発電のEPC事業者とは?依頼するメリットを解説

業者の工事実績や保証も重視する

当然ですが、実績のある工事会社は高い評価を得ている証拠でもあります。具体的に何件の工事実績が必要という厳密な判断基準はありませんが、工事の実績が明らかに少ない場合や、実際の事例を公開していない業者には注意が必要です。

とくに、近年主流になっている「自家消費型太陽光発電」の場合、既存の電力設備や使用状況に合わせた設計が必要となり、従来のFITによる全量売電の太陽光発電とは根本的な設計が異なります。

依頼する工事会社が「自家消費型太陽光発電」の導入実績が十分かどうかを確認しましょう。

また、メーカーや工事会社を選ぶ際は、保証内容も大事なポイントです。業者の瑕疵によって損害賠償が発生する事態が起きた際に、工事を依頼した会社がその賠償に対応できるのかを確認する必要があります。

施工不良によって起こるトラブル例

  • ソーラーパネルが落下して従業員が怪我を負った
  • 設備導入後にすぐ発電不良が起こり事業計画が狂ってしまった
  • 工事中に不慮の停電が起きてしまい事業所機能が停止してしまった
  • 雨漏りにより建屋で浸水が起こり、設備機器が故障した

最低3社以上の業者から比較検討する

太陽光発電に限った話ではないですが、太陽光発電は電力需要状況、設置場所の特性などによって、必要な設備容量はもちろん、工事内容や材料などが大きく異なり、定価というものが存在せず、インターネットで導入費用について検索をしても、情報が少なく適正価格を知ることは困難です。

適正価格を知るためには、必ず3社以上の業者に見積もりを依頼することを推奨しています。相見積もりをすることで、大体の相場感を把握できます。

また、見積もり価格に関して引っかかる部分や不明な点があれば、業者に直接質問してみることをおすすめします。

イレギュラーな屋根にも対応できる業者を選ぶ

「自家消費型太陽光発電」の需要が増し、個人では住宅、企業では工場や店舗など事業所の屋根にソーラーパネルを設置するケースが増えています。

建物によって屋根の材質や形状はさまざまです。現在の状態を調査したうえで、雨漏りのリスクや、そもそもソーラーパネルが設置ができる屋根なのかを判断する必要があります。

また、ソーラーパネル1枚の重量はおよそ15kgです。仮に20枚のソーラーパネルを設置した場合、屋根にかかる重量は300kgになります。

ほとんどの建屋は、建設当初からソーラーパネルを屋根に設置することを想定されて作られている訳ではありませんので、既存の建屋に設置する場合は、どのくらいの重量に屋根が耐えられるのか「耐荷重」を計算し安全性を確認することが推奨されています。

そのため、屋根に太陽光発電を導入する場合においては、依頼する工事会社が屋根や建築のノウハウにどのくらい精通しているかも確認することが重要です。

複数のメーカーから提案可能な業者を選ぶ

取り扱いメーカーの少ない業者の多くは、調達力が不足しているか、あえてメーカーを限定することで調達コストを下げているかの2つのパターンが考えられます。

太陽光発電の場合、お客さまの希望条件や設置場所となる環境は多種多様です。取り扱いメーカーが豊富な業者を選ぶことで、お客さまのニーズに沿った形で最適化された商品の提案が受けられます。

関連記事:太陽光発電を屋根に設置しても大丈夫?|屋根による向き不向き・導入時の注意点も解説

太陽光発電でわからないことがあればお気軽にご相談ください!

「導入コストや回収年数は?」「どれくらいのメリットがあるの?」「どんな補助金が使えるの?」「自社でも導入可能か?」など
どんな些細なことでも構いません! ハウスプロデュースまでお気軽にご相談ください!

0120-751-126 (平日9:00~18:30)

株式会社ハウスプロデュースの太陽光発電への取り組み

ここまで、太陽光発電業者を選定する重要性や選定ポイントをお伝えしました。

ここからは、太陽光設置お任せ隊を運営する「株式会社ハウスプロデュース」の太陽光発電システム導入サービスに関する特徴や取り組みをご紹介します。

株式会社ハウスプロデュースに依頼する4つのメリット

  • 一貫した自社責任施工
  • 導入後も安心、20年間の施工保証
  • 屋根修繕事業者でもあり、屋根・建築への知識が豊富
  • 自家消費型を含め、累計5,000件の豊富な導入実績
  • 取り扱いメーカー多数、ご希望に沿った提案が可能

一貫した自社責任施工

ご相談対応から企画・提案・調達・設計・施工・設備の保守管理(O&M)まで一貫して自社責任施工で請け負っております。すべての工程を自社管理のもと遂行しているため、スピーディかつ高パフォーマンスなシステム工事が可能です。

すべての相談窓口が当社に集約されるため、お客さまにかかる手間(ストレス)を最小限にでき、万が一のトラブル時も迅速に対応が可能です。

また、計画の進行に応じて、進捗状況の確認や疑問点など質問したいことが増えてくる施主さまも多いです。当社は一貫した管理体制だからこそ、お客さまからの質問に対する情報の正確性や早さにも定評を頂いております。

20年間の施工保証

設備導入後から20年間の自社責任施工補償を無償で付帯しております。万が一、当社の施工瑕疵により身体障害および財物損壊などの損害が生じた場合、その損害を保証いたします。

施工補償の適用となる例

補償内容
  • 東京海上日動火災保険株式会社と保証契約を締結しています。
  • 補償の可否に関する判断は保険会社が行います。
  • 当社施工に起因しない損害等において補償の適用外となります。
株式会社ハウスプロデュースの保証・補償はこちら

屋根・建築への知識が豊富

屋根修繕事業も請け負っており、累計12,000棟の屋根修繕の実績がございます。一般的に難易度の高い既存施設への太陽光発電システム導入においても多数実績がございます。

また、屋根の状態を診断させていただき、必要に応じて屋根の補強工事からご提案することが可能です。

累計5,000件の豊富な導入実績

産業用太陽光発電において累計5,000件以上の導入実績があるほか、自家消費型太陽光発電においても多数の施工を行なってきました。また、ハウスプロデュースは設備導入にあたり、お客様が利用できる補助金制度や税制優遇もあわせてご提案いたします。

株式会社ハウスプロデュースの導入事例はこちら

ご希望に沿った提案が可能

国内外含め、複数メーカーの取り扱いがございます。ケーブル一本にいたるまで、お客さまのニーズに沿って、もっともコストパフォーマンスに優れた製品をご提案しております。また、長年にわたって業界を牽引してきた実績があり、商社を介さずメーカーから直接製品を仕入れているため、高品質かつ低コストな材料調達が可能です。

今回のまとめ

太陽光発電は、事前にどのくらいの収益が得られるのか、シミュレーションで把握することができます。そのうえで、太陽光発電の導入で後悔してしまう原因は、業者選びの時点ですでに失敗しているケースが大半です。

FIT終了に伴い、数年前と比べて悪質業者や競争力の無い企業は減ってきておりますが、自家消費型の需要増加に伴い、新規参入を図る企業が増えてくることが予測されます。

一方で、高度な技術を要する「自家消費型」の設計・工事を行える業者の数はまだまだ不十分ですので、お客さまが信頼できる業者を探すのは簡単ではありません。

今回、お伝えしたポイントを以下にまとめておりますので、是非ご活用ください。

  • 自社施工の業者(EPC事業者)を選ぶ
  • 3社以上の業者に見積を依頼するト
  • 施工実績や補償内容を確認する
  • 屋根や建築のノウハウもあるか確認する
  • 取り扱いメーカーが複数あるのか確認する

太陽光発電でわからないことがあればお気軽にご相談ください!

「導入コストや回収年数は?」「どれくらいのメリットがあるの?」「どんな補助金が使えるの?」「自社でも導入可能か?」など
どんな些細なことでも構いません! ハウスプロデュースまでお気軽にご相談ください!

0120-751-126 (平日9:00~18:30)

 執筆者
*
太陽光設置お任せ隊編集部
太陽光発電及び屋根工事のプロとして全国で5,000件以上の産業用太陽光発電の企画・設計・施工管理を手がける太陽光設置お任せ隊の記事編集チーム。豊富な実績より培ったノウハウと専門家からの取材に基づいた情報を初めての方でも分かりやすくお伝えします。現在、第一種電気工事士・宅地建物取引士・一般耐震技術認定者・エネルギーマネジメントアドバイザー等有資格者が在籍。
カテゴリー
導入企業の声
2022年版自家消費太陽光発電補助金一覧
【業務提携のお願い】電気工事パートナー大募集!!

WEBでのお問い合わせ

ご相談は無料です。ご不明な点などお気軽にご相談ください。

お問い合わせ 資料請求

お電話でのお問い合わせ

PAGE TOP