【法人向け】ソーラーカーポートとは?|駐車場に設置する太陽光発電のメリットと注意点

太陽光発電システムを導入する際は、通常であれば建物の屋根に太陽光パネルを設置することが多いです。

しかし、屋根の状態や建物の条件などによって太陽光パネルを屋根に設置できず、導入を断念してしまっている法人様も少なくありません。

そのような場合、屋根の代わりに駐車スペースを活用したソーラーカーポートを検討されてみてはいかがしょうか?

また、ソーラーカーポートでは既に屋根に太陽光発電を設置されている場合でも、ソーラーパネルの増設が可能になります。

ソーラーカーポートとは?

ソーラーカーポートとは?

ソーラーカーポートとは、柱と屋根の簡易的な車庫(カーポート)の屋根部分に太陽光パネルを設置した発電装置です。

太陽光発電は住宅や工場など建物の屋根に設置するケースが一般的ですが、カーポートの屋根を利用して太陽光発電を導入することもできます。

ソーラーカーポートの種類

ソーラーカーポートの種類

ソーラーカーポートは各メーカーからさまざまな機能を持った製品が販売されています。 国内メーカーではパナソニックや東芝などが有名ですが、比較的安価なものでJAソーラーやカナディアンソーラーなどもあります。

また、ネクストエナジーでは発電性能を重視した両面パネルを搭載した一体型のソーラーカーポートなどさまざまなラインナップがあります。

デザインや柱の数、耐風・耐錆・耐雪などそれぞれ地域の特性に適したカーポート選びが重要です。

カーポート太陽光発電のメリット

カーポート太陽光発電のメリット

屋根に設置が難しい法人でも太陽光発電ができる

建物の屋根に太陽光パネルを導入する際、建物の耐震性に問題がある場合や、屋根の面積が足りない場合など、条件によって太陽光パネルが導入できない場合があります。

このように、太陽光パネルを屋根に設置することが難しい場合でも施設の駐車スペースを有効活用して太陽光発電が行えます。

カーポートに太陽光パネルを設置した際の配線ケーブルは、柱に這わせたり、柱の中に格納できるタイプもありますので、カーポートとしての使用感や外観を損ねるなどの影響を及ぼすことはありません。

屋根に設置した分と合わせ容量アップができる

太陽光パネルを建物の屋根に設置する際は、相当な屋根面積が必要となります。

また、屋上に設置する場合も室外機が多い場合や構造上の問題で太陽光パネルが設置できる枚数が限られる場合があります。

そのため、すでに屋根に太陽光パネルは載せているけど「発電量をもっと増やしたい」と考えらている事業者様も多いでしょう。

このように建物の屋根に太陽光パネルの増設ができない場合、ソーラーカーポートを導入することで全体の発電量をアップさせることができます。

ただし、発電量は消費電力量とのバランスが重要となりますので、太陽光パネルの増設によって費用対効果が悪くなる場合があります。当社では無料シミュレーションを行っておりますので、事前に費用対効果をご確認いただけます。

EVなど蓄電システムと連携できる

EVコンセントや蓄電池、急速充電機などを併設したソーラーカーポートでは、EVなど電気自動車を駐車しておきながら燃料(電力)を補給できます。

近年、地球温暖化対策として米国、ヨーロッパを中心とした環境規制が進み電気自動車の需要が急増しています。

日本においても2050年までにカーボンニュートラルの達成を目標としており、計画の中には「ZEV普及プログラム」として、2030年の電気自動車(ハイブリッド自動車(PHV)、燃料電池自動車(FCV)を含む)の普及目標を50%としています。

東京都では、2030年までに都内で販売されるガソリン車(新車)を廃止し、100%をEVやHVなどの非ガソリン車にすることを方針として打ち出しています。

エコカー減税やグリーン化特例など国内での電気自動車の需要拡大の準備が進められることで、法人でも環境配慮の目的からEV車への切り替えが広がりつつあります。

せっかく環境に配慮した電気自動車に切り替えたのだから、その燃料となる電力も環境に配慮したエネルギーを使用したいという需要も高まっています。

災害時の非常用電源として活用できる

太陽光発電システムを導入することで、災害などで停電した場合でも非常用電源として電気を使用できます。

また、EVや蓄電池など太陽光発電で作った電気を貯めておける蓄電システムに接続することで、夜間や天候に関わらず蓄電システムに貯めておいた電気を使用できるようになります。

また停電時は、パワーコンディショナを自立運転モードに切り替えることで停電時の電力供給が可能になります。

ソーラーカーポートを設置する際の注意点

ソーラーカーポートを設置する際の注意点

初期費用が高くなる場合もある

ソーラーカーポートにかかる費用には、架台、カーポート、ソーラーパネル、パワーコンディショナ、その他周辺機器の費用が含まれます。

また、メーカーや搭載する発電容量によっても初期費用が異なります。たとえば、10台置きのソーラーカーポート(発電容量30kW程度・蓄電システム無 )であれば、導入にかかる費用の相場は400万円から600万円程度必要となります。

しかし、自治体や国の補助金制度を利用することで初期費用を大きく削減することもできます。補助金については下記で説明しておりますので、ぜひ一度お目通しください。

予想した発電量が得られない可能性がある

太陽光発電システムは日射量によって発電量が異なります。そのため、エリアや設置場所の条件などによってソーラーカーポートも同様に想定どおりの発電量を得られる保証はありません。

ただし、年間の日照量で考えると、雨季が例年より長いなど特殊なケースを除き、大きく異なることはありません。

事前のシミュレーションでは、過去10年や20年といった長期間の日照実績をもとに日照量を予測しておりますので、予測を大きく下回る可能性は低いといえます。

建ぺい率に注意する必要がある

建ぺい率とは、敷地面積に対する建設面積の割合であり、建物を真上から見た時に、敷地に対して建物が占める割合を意味します。

ソーラーカーポートは、通常の野立て設置とは異なり建築基準法上で「建築物」に該当します。そのため、ソーラーカーポートを導入する際には、建ぺい率を守り、建築基準法にのっとったものであるか確認したうえで設置する必要があります。

建築面積は登記簿謄本には記載されていませんので建築確認済証を確認しましょう。また、建築確認済証が手元にない場合は役所の建築指導課の窓口から台帳記載事項証明書を発行することで建築面積を調べることが可能です。

ソーラーカーポートに使える補助金

法人や家庭が太陽光発電システムを導入する際に受けられる補助金「令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」をもとにソーラーカーポートの導入で受けられる補助金を紹介します。

再エネの価格低減に向けた新手法による再エネ導入事業

事業目的
建物屋根上や空き地以外の場所を活用したソーラーカーポートなどの自家消費を目的とした太陽光発電、及び蓄電池システムの導入を行う事業に設備導入支援を行う。

主な補助条件
 ・建物屋根上や空き地以外の場所を活用したソーラーカーポートなどの設備であること
 ・平時において導入場所の敷地内で50%以上の自家消費が可能であること
 ・パワーコンディショナの出力合計が5kW以上かつ、積載率は1以上であること
 ・固定価格買取制度(FIT)による売電を行わないものであること

補助対象設備
 ・太陽光発電一体型カーポート:太陽光発電モジュール一体型カーポート、基礎、接続箱、 パワーコンディショナ、配線
 ・太陽光発電搭載型カーポート:太陽光発電モジュール、架台、カーポート(太陽光発電モジュールの土台となるものに限る)、基礎、接続箱、パワーコンディショナ、 配線
 ・水上太陽光:太陽光発電モジュール、架台、フロート、ブリッジ、接続箱、 パワーコンディショナ、配線
 ・その他:太陽光発電搭載型カーポート、太陽光発電一体型カーポート及び 水上太陽光と同程度の補助対象範囲として協会が認める設備
 ・定置用蓄電池:目標価格及び蓄電池の条件に適合するもの

交付額
補助対象経費の3分の1(補助金交付額の上限は1億円) ※2ヵ年計画で実施する場合は、合計金額の上限額

公募期間
【提出期間】
 ・1次公募 令和3年5月14日(金)から6月10日(木)17時必着
 ・2次公募 令和3年6月17日(木)から7月12日(月)17時必着
 ・3次公募 令和3年7月16日(金)から8月10日(火)17時必着
※ 予算額に達した場合は、それ以後の公募を行わないことがあります。

参考資料:一般社団法人 環境技術普及促進協会|令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金

まとめ

建物の屋根に太陽光パネルの設置が難しい場合や、太陽光パネルを増設する際はソーラーカーポートを導入する手段があります。近年では EVなど電気自動車や蓄電システムの需要が急速に高まっており、ソーラーカーポートの活用の幅も広がっています。

また、ソーラーカーポート導入には補助金が適用できる場合があります。 今回ご紹介した補助金の公募期間を過ぎてしまった場合でも、太陽光発電システムの導入にあたり、その他の補助金を活用できる可能性がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

当社は、カーポートを含む「自家消費型太陽光発電」の導入をおすすめしております。自家消費型太陽光発電について、詳しくは以下の記事もぜひご覧ください。

導入メリットや電気代削減、節税効果などを詳しく解説

ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせください

関連ダウンロード資料
  • *

    太陽光発電を自社の屋根に設置する条件・維持費・メンテナンス

    ダウンロード

  • *

    工場の省エネ対策アイデア|8つの施策と省エネのメリットを解説

    ダウンロード

  • *

    省エネ法とは|規制される分野と知っておきたい改正内容

    ダウンロード

  • *

    即時償却・特別償却のメリットデメリット | 中小企業の節税テクニック

    ダウンロード

 執筆者
*
太陽光設置お任せ隊編集部
太陽光発電及び屋根工事のプロとして全国で5,000件以上の産業用太陽光発電の企画・設計・施工管理を手がける太陽光設置お任せ隊の記事編集チーム。豊富な実績より培ったノウハウと専門家からの取材に基づいた情報を初めての方でも分かりやすくお伝えします。現在、第一種電気工事士・宅地建物取引士・一般耐震技術認定者・エネルギーマネジメントアドバイザー等有資格者が在籍。
企業向け太陽光発電コラム

投資家向けコラムはこちら

新型コロナウイルス感染予防対策について
新型コロナウイルス感染症に対するお客様とスタッフの安全を最優先に考え、担当者がお伺いの際は事前にPCR検査を行い陰性を確認の上、マスク着用および消毒を徹底しております。
PAGE TOP