自家消費型太陽光発電に向いている場所の特徴とは? 設置場所の例や注意点も解説

自社に太陽光発電設備を設置し、電気の自給自足ができる自家消費型太陽光発電は、ランニングコストを節約するために効果的な方法といえます。

しかし、太陽光発電は設備の設置場所に応じて発電効率が異なり、同じ設備を使用した場合でも発電量に差が生じます。安くはないコストをかけて導入するのであれば、発電効率の良い場所に設置したいものです。

そこで今回の記事では、太陽光発電の設備を導入するのに適している場所や土地の条件について解説します。また、その条件にマッチするのはどのような場所が考えられるのか、いくつかの例を紹介するとともに、設置時の注意点などもあわせて解説します。

これから自家消費型太陽光発電を導入しようと検討している方は、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてください。

自家消費型太陽光発電に適した土地の条件

太陽光発電は、パネルの設置場所によって発電効率が大きく異なります。また、設備を導入する際には、発電効率だけを考えるのではなく周辺環境への配慮も欠かせません。

そこで、自家消費型太陽光発電に適した土地はどのような場所なのか、今回は3つのポイントに絞って解説します。

1. 日射量が安定して多いエリア

太陽光発電の発電効率は、日射量に比例するといっても過言ではありません。1日のうちで太陽の日差しがより多く届く場所が発電効率が高く、太陽光パネルの設置に適しているといえます。

日本列島の中でもエリアによって日射量は異なり、一般的に降水量が多い地域ほど日射量は少なく、反対に降水量が少ない地域ほど日射量は多い傾向が見られます。

南にいけばいくほど気温が高く、日射量も多いイメージをもつ方も多いと思いますが、たとえば6月から7月頃の梅雨時には降水量が増える地域もあります。そのため、関東や東北地方、北海道でも南方の地域より日射量が多いケースもあります。

気象庁のホームページでは全国各地の日照時間の統計データを公開しているため、参考にしてみましょう。

2. 高い木や建物などで日陰を作られにくい場所

もともと日射量が多いエリアであったとしても、周囲に高い樹木やビルがあると、毎日決まった時間に影ができ、実質的な日射量は低下してしまいます。

そのため、太陽光発電を導入する際には、周囲に高い樹木などがなく、1日をとおして安定的に太陽の光があたる場所を選ぶことが大前提といえるでしょう。

3. 住宅街や海から離れた地域

周囲に住宅が密集している場所に太陽光パネルを設置すると、パネルから反射した太陽光が周辺住民に対して影響を与え、苦情やクレームなどが発生することがあります。

また、住宅街の場合、導入時には周囲に高いビルやマンションが建っていなくても、数カ月後、数年後には環境が変化していることも考えられます。そのため、太陽光発電を導入する際には、周囲に住宅やビルなどがない地域などに設置できると良いでしょう。

海から離れた場所が良い理由としては、海岸から吹く潮風の影響があります。潮風に長期間さらされていると、金属製の部品やパネルの一部が塩害によって腐食するリスクが高く、設備の耐久性が低下する可能性があるためです。

ただ、2021年9月時点で発売されている太陽光パネルの多くは塩害にも強い仕様になっているため、それらを採用することで対策が可能です。

自家消費型太陽光発電が導入できる場所の一例

では、自家消費型太陽光発電の導入を検討する場合、具体的にどのような場所が一例として考えられるのでしょうか。施設の立地条件などによっても変わりますが、今回は代表的な6つの例を紹介します。

1. 住宅やビルの屋根

住宅の屋根に設置された太陽光パネル

周囲に高い建物や樹木がなく、住宅街にある建物であれば、住宅やビルなどの屋根・屋上に設置する方法があります。

建物以外に広大な土地を確保することが難しい場合には、屋根を活用することで自家消費型太陽光発電の導入が可能です。

2. 工場の屋根

工場の屋根に設置された太陽光パネル

(太陽光設置お任せ隊の導入事例より)

住宅やオフィスと同様に、工場の屋根にも太陽光パネルの設置が可能です。

住宅よりも広大な面積を生かし、大規模な発電システムも導入でき、工場で使用する電力を自前で賄うことも可能です。大規模な工場であればあるほど、多くの太陽光パネルを設置でき、その分発電量も多くなります。

ただし、海岸沿いに立地している工場の場合には、潮風による塩害のリスクもあるため、部材の選定・メンテナンスコスト・発電量との費用対効果も考慮しなければなりません。

3. 物流倉庫の屋根

物流倉庫の屋根に設置された太陽光パネル

(太陽光設置お任せ隊の導入事例より)

工場と同様に、広大な面積を誇る物流倉庫の屋根や屋上にも太陽光パネルの設置が可能です。

災害発生時などの非常時において、物流は重要な役割を果たします。そのため、電力会社からの供給に頼ることなく自前で供給できる自家消費型太陽光発電はBCP対策にも効果を発揮します。

ランニングコストを節約するだけでなく、取引先や顧客に対し安定的な物流を提供し、社会貢献を実現するためにも物流倉庫への太陽光発電導入はおすすめです。

4. 介護施設の屋根

介護施設

介護施設はさまざまな場所に立地していますが、自然が豊かな場所や、市街地から離れた郊外などにも多くの施設が点在しています。

穏やかな住環境で過ごしたいという入居者も多く、アクセスのしやすい市街地の施設よりも、あえて郊外が選ばれるケースは少なくありません。そのため、太陽光発電の導入に適した場所が多い特徴があります。

また、介護施設はお年寄りや障害を持つ方が生活しているため、災害時などにも空調設備や医療機器などに電源を供給できる設備が求められます。

非常電源に加えて太陽光発電の設備があれば、大規模災害によって長時間、電力会社からの供給がストップした場合でも対応しやすくなります。

5. カーポートの屋根

介護施設

カーポートとは、屋根付きの駐車用設備のことを指します。一般住宅用の小型のものもあれば、商業施設などに用いられる大規模なカーポートも存在します。

日射量の多い場所に立地しているカーポートであれば、屋根に太陽光パネルを設置して自家消費型太陽光発電を導入することもできるでしょう。

特に近年、従来のガソリン車からEVへの注目度が高まっており、国産自動車メーカーのなかでもEVの新モデルが登場しています。今後、EVの本格的な普及を見据えて、カーポートの屋根を活用した自家消費型太陽光発電を導入することは、将来的にもメリットのある取り組みといえるでしょう。

6. 農地の上に設置

農地だった場所に設置された太陽光パネル

(太陽光設置お任せ隊の導入事例より)

太陽光パネルの設置に適した場所の条件として、日射量が多い山間部や僻地は適した立地といえますが、じつはこれらの条件を満たしているのが農地です。作物を育てるために太陽光は不可欠な存在であり、農地の多くは周囲に遮るものがなく、豊富な日射量を確保できます。

日本における農業人口は年々減少しており、20年前に比べると半分以下の水準となっています。農業人口が減るということは、使っていない農地が増えていることも意味します。太陽光パネルを設置するために山間部の樹木を伐採して整地すると、土砂崩れなどを引き起こすリスクがあるほか、コストもかかってしまいます。

しかし、もともと農地として利用していた場所であれば、山間部を一から切り拓くよりも手間がかかりません。使用していない土地の有効活用にも繋がるなど、農地へ太陽光パネルを設置する方法はさまざまなメリットがあるのです。

屋根で行う太陽光発電の注意点やリスク

広大な土地がなく太陽光パネルの設置場所が限られている企業にとって、屋根や屋上への設置は手軽な方法といえます。しかし、必ずしもメリットばかりとは限らず、注意点やリスクがあることも事実です。

どのようなポイントに注意しなければならないのか、今回は3つの点に分けて解説します。

1. 雨漏り

屋根や屋上へ太陽光パネルを設置する場合、発電した電力を屋内へ引き込むためにケーブルを敷設します。この時、屋根や屋上へ穴を空ける必要があるのですが、わずかな隙間を埋めるために「コーキング」とよばれる処理を施します。

しかし、施工に不具合があるとコーキングに隙間が生じ、雨漏りの原因になることも。また、コーキングは経年劣化するため、メンテナンスを怠っているとヒビが生じ、雨水が屋内へ侵入してくることもあります。

信頼できる施工業者へ依頼することはもちろんですが、定期的なメンテナンスも欠かさないことが重要です。

2. パネルの落下

太陽光パネルは1枚あたり18kgから20kg前後の重さがあります。

施工の際は強風や突風にも耐えられるよう厳重に固定しますが、メンテナンスが行き届いていないと架台からパネルが外れ、地上へ落下してくる危険性があります。

人に対してケガを負わせる危険性があるほか、自動車や周囲の建物に衝突し損傷をきたすおそれもあるため、定期的な点検を実施し設備に不具合があれば早急に対応しましょう。

3. 反射光

序盤部分でも紹介したとおり、太陽光パネルは光の差し込み角度によって反射することがあります。特に低層の建物やビルへ太陽光パネルを設置すると、周囲から苦情が発生するリスクもあるため、導入時には細心の注意を払う必要があります。

反射光の問題が厄介なのは、太陽光発電を設置したオーナー自身は気づいていないケースが多いことです。

導入前の時点で実際に太陽光パネルを設置して確認したり、業者のなかには反射光のシミュレーションを行ったりしているところもあるため、まずは相談してみましょう。

まとめ

自家消費型太陽光発電を導入する際には、発電効率を最大限高められるよう、日射量の多い場所を選ぶことが大前提となります。同時に、周辺住民とのトラブルを避けるためにも、可能な限り市街地や住宅地以外の場所を選ぶのが理想といえます。

土地の有効活用の観点では、オフィスやビル、工場などの屋根へ設置することもひとつの方法ですが、本当に設置しても問題がないか、事前にシミュレーションをするなどしておきましょう。

自家消費型太陽光発電のメリットばかりではなく、リスクや注意点なども踏まえて、自社にとって最適な場所を選んでみてはいかがでしょうか。

導入メリットや電気代削減、節税効果などを詳しく解説

ご不明点やご質問などお気軽にお問い合わせください

関連ダウンロード資料
  • *

    太陽光発電を自社の屋根に設置する条件・維持費・メンテナンス

    ダウンロード

  • *

    工場の省エネ対策アイデア|8つの施策と省エネのメリットを解説

    ダウンロード

  • *

    省エネ法とは|規制される分野と知っておきたい改正内容

    ダウンロード

  • *

    即時償却・特別償却のメリットデメリット | 中小企業の節税テクニック

    ダウンロード

 執筆者
*
太陽光設置お任せ隊編集部
太陽光発電及び屋根工事のプロとして全国で5,000件以上の産業用太陽光発電の企画・設計・施工管理を手がける太陽光設置お任せ隊の記事編集チーム。豊富な実績より培ったノウハウと専門家からの取材に基づいた情報を初めての方でも分かりやすくお伝えします。現在、第一種電気工事士・宅地建物取引士・一般耐震技術認定者・エネルギーマネジメントアドバイザー等有資格者が在籍。
企業向け太陽光発電コラム

投資家向けコラムはこちら

新型コロナウイルス感染予防対策について
新型コロナウイルス感染症に対するお客様とスタッフの安全を最優先に考え、担当者がお伺いの際は事前にPCR検査を行い陰性を確認の上、マスク着用および消毒を徹底しております。
PAGE TOP