自家消費型太陽光発電とは

自家消費型太陽光発電とは?

*
自社で電気を自給自足。
電気代の高騰が続く今、注目の設備導入。

太陽光発電を自社の事業所に導入し、太陽光発電によって得られた電気を事業所でそのまま利用する仕組みを「自家消費型太陽光発電」といいます。

自家消費型太陽光発電は「電気代削減」の他にも、「税制優遇」「停電対策」「環境経営の推進」など、経営面で様々なメリットが期待できます。

自家消費型太陽光発電ガイドブック

*

太陽光発電システムを導入することによる企業へのメリットや、今後の電気料金の上昇リスク、税制優遇による節税効果など、図解で分かりやすくご紹介します。

無料ダウンロード

自家消費型太陽光発電の種別

自家消費型太陽光発電には、発電した電気を全て自社で使用する「全量自家消費」と、使いきれなかった電気を売ることができる「余剰売電型自家消費」がございます。

全量自家消費
発電した電気は全て自家消費に回します。大型商業施設や大型工場、24時間稼働する施設など、電気使用量が多いほど経済的メリットが高くなります。
*
余剰売電型自家消費
使い切れていない電気を売電することができるため、小型・中型施設や電気使用量が少ない場合でも経済的メリットを得られます。また、土日祝など施設が稼働しない日も余剰した電気を売却できます。
*

自家消費型太陽光発電のメリット

Merit.01
電気料金の削減

*

自家消費型太陽光発電による電気代削減とお得な電力プランの切り替え等によって、会社の年間の電気代(固定費)を3割以上の削減効果が見込めます。

Merit.02
節税対策になる

*

自家消費型太陽光発電は、中小企業経営強化税制による【即時償却】または【税額控除】の対象となります。

設備導入に掛かる費用は初年度に全額を経費として計上することができ、設備取得の7%~10%の税額控除を受けることも可能です。

Merit.03
災害等による停電への対策

*

自家消費型太陽光発電が通常稼働している際は、停電時でも発電した電気を使用することができます。

これにより停電に伴う事業停止などのあらゆるリスクを抑えることができます。

また、蓄電池を併用することで夜間や曇りであっても一定の電気は使用することができます。

Merit.04
環境経営へ貢献による企業価値向上&環境関連法令の条件クリア

「SDGs」や「脱炭素社会」などの企業の環境対策への姿勢は、消費者イメージ左右するだけでなく企業間の取引においても評価基準として広まっています。

また、省エネ法「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」などの環境関連の法律は条件も罰則もより厳正になってきています。そのため、自社の事業による温室効果ガス排出量の増加は経営において悪影響を及ぼします。

自家消費型太陽光発電の導入はCO2(温室効果ガス)の削減効果が認められており、自家消費型太陽光発電による環境経営への取り組みは、環境関連法令において有利になるだけでなく、環境対策の取り組みを対外的に強くアピールする効果が期待できます。

Merit.05
空調負荷軽減による省エネ効果

太陽光発電システムの設置により、パネルが遮熱板となり空調負荷の低減による省エネ効果が期待できます。

導入イメージ

自家消費型太陽光発電は主に、事業所の屋根または遊休地を有効活用する形で太陽光パネルを設置いたします。

屋根設置型

太陽光パネルとそれらを固定する架台を屋根に設置します。
屋根の形状や状態に合わせたシステム設計が必要であり、建物の屋根に設置するため高度な施工技術と安全性が求められます。

*

遊休地活用型(野立て)

屋根で設置が困難な場合、事業所の空きスペースや駐車場の一部を利用して設置します。

*

導入方法

初期費用0円PPAモデル
*

事業所の屋根や遊休地など設備導入に必要なスペースを提供して頂くことで、自家消費型太陽光発電を初期費用0円で導入することが出来ます。
さらに、PPA事業者と電力販売契約を締結して頂くことで、発電した電気を現在お支払中の電気料金よりも安価にご利用頂けます。
自家消費型太陽光発電の導入メリット(電気代削減や環境対策など)を0円で得ることが出来るお得な導入方法です。

太陽光設置お任せ隊では、自家消費型太陽光発電と蓄電池を合わせたPPAモデルもご提案可能です。

※契約金額に応じた印紙代金や切手代金など契約締結にかかる諸費用は別途必要となります。
※PPAモデルのご利用にはPPA事業者から審査がある場合ございます。

自家消費型太陽光発電の業種別導入事例

製紙工場
*
工場電気代削減
小売店
*
店舗災害対策
アパレルショップ
*
店舗環境経営電気代削減
PAGE TOP