太陽光設置お任せ隊

TOP >  ストリングって?組み方ひとつでリスクが変わる【よく分かる太陽光発電教室|入門編第4回】

ストリングって?組み方ひとつでリスクが変わる【よく分かる太陽光発電教室|入門編第4回】

ストリングの組み方に学ぶ
太陽光のリスク回避方法

今回は、よくわかる太陽光発電教室第4弾です。
「ストリング」についての解説と、このキーワードにまつわる「知っておきたいこと」をまとめています。

【今回学ぶこと】
□ストリングとは
□リスク回避と発電量最大化に関する考え方
┗ストリングを効率的に組むことの重要性
┗集中型パワコンと分散型パワコンの違い
┗MPPTとは何か
□効率の良い発電所作りをするための業者選び

ストリングとは?
パネルをつなぐブロックのこと

太陽光発電を始めようと思っていろいろ調べていると「ストリング」というキーワードが出てくることがあると思います。

ストリングとはいったい何なのでしょうか?

ストリングとは、一般的には太陽光パネルを直列でつないだブロックのこと を指します。
整理するために、小さなかたまりからご説明すると次のようになります。

セル<パネル(モジュール)<ストリング<アレイ

つまりセルが、パネルの最小単位です。
セルが集まってパネルを構成しており、そのパネルを直列でつないだブロックをストリングと呼び、ストリングを並列につないだ一つの大きなかたまりをアレイと呼んでいます。

ストリングの組み方が発電量を左右
ただ並べるだけなら素人でもできる?

もう少し深掘りしてみましょう。

通常ストリングは、左右のパネル同士をつないで構成します。しかし、このつなぎ方だと影のかかり方によっては大きな発電機会ロスとなってしまいます

ではどうすればロスを減らせるのかというと、事前にしっかりと日影のシミュレーションを立て、横(左右)につなぐことだけにこだわらず、縦(上下)にも組むなど工夫をすることです。
そうすれば、無駄のないストリングの組み方が可能になります。

一般的なストリングの組み方
一般的なストリング
影の影響を考慮したストリングの組み方
影の影響を考慮したストリング

つまり、「どこか1ヶ所の不都合による影響を全体に及ばせない」というのが効率の良いストリングの組み方と言えるのです。

ただし、実はこれは簡単な事ではありません。
専門業者であっても、経験が豊富で特別なノウハウがなければ最適な設計はできません。

ただパネルを並べてつなげるだけであれば、素人でも出来なくはないといわれていますが、発電効率を考えたストリングの組み方というのは非常に難しく、専門的な知識や経験がなければ実現することはできないでしょう。

分散型パワコンと集中型パワコンの違い

せっかくなので、リスク分散に関係するパワーコンディショナーの知識も身に着けておきましょう。

先ほど、

セル<パネル(モジュール)<ストリング<アレイ

という順に大きなかたまりになっていると説明しましたが、これらのかたまりは最終的にパワーコンディショナーにつなぐことになります。

そこで覚えておきたいのが、パワーコンディショナーの「集中型」と「分散型」という配置の違いです。

□集中型

大型のパワコンで、たくさんのパネルを接続することができます。
ストリングの出力を接続箱で1本化してパワコンに送り込みます。
そのため、設置場所の確保が難しく、故障時にはメーカー担当者よる原因追求と修理が必要であり時間がかかります。
修復するまでは接続されている全てのパネルに影響が出てしまうため、大きな発電ロスとなります。

□分散型

接続されるパネルの数が少ない小型のパワコンです。
設置場所を選びにくく、設置工事も容易であり、場所を取らない分パネルの設置面積も増やしやすい傾向にあります。
また最大の特徴として、接続されているパネル数が少ないことで、万が一、1台が故障しても影響を受けるパネルが少なく、且つ故障したパワコンだけを交換することで復旧できるため、発電ロスを最小限に抑えることができるという点が挙げられます。

つまり集中型パワコンの場合、故障時はつながっている全てのパネルに影響が出てしまい、ダメージが大きいのに対し、分散型の場合はリスクを最小限に抑えることができるというわけです。

ストリングの組み方に対する考え方と同様、ダメージを全体に広げないという点で分散型パワコンは優れており、導入する方が増えています。

更に効率を重視する仕組み
MPPT(最大電力点追従機能)とは?

パワーコンディショナーを選ぶとき、MPPTという機能にも注目しましょう。
少し専門的な話しになるので簡単にご説明します。

パネルの発電量を決定づける電圧と電流の組み合わせを探し、最大の発電量となるようにする機能がMPPTです。
この機能が付いているパワコンであれば、常に最大の電力を得らます。
大規模発電所などを検討している方には大切な機能といえるでしょう。

リスク分散させる仕組みづくりを!

このように、ストリングの設計やパワコンの選定などにおいて、予めリスクを分散させながら最大発電量を得る仕組みを作っておくことが重要です。

そうすれば、たとえばパネルに影や汚れがあっても、最小限に被害を留めることができるため、発電ロスを大幅に回避することができます。

そのために必要なのは、発電ロスのリスク回避について徹底的に計算してくれる業者に依頼するということです。

本来“発電事業者にとって”効率が良くリスクの少ない発電所を提案すべきところですが、業者によっては“業者にとって”都合の良い発電所を設計しようとします。

特にストリング設計に関しては、限られた知識がある業者にしかできないような複雑な組み方が必要な立地条件もあります。
業者選びは慎重に行うようにしましょう。

経験・知識・実績豊富!リスク回避設計も
当社にお任せください

当社は、ストリングの組み方や設備選定について、日々研究を重ねております。
影の及ぼす影響についても、業界に先駆けて導入した高精度シミュレーションシステムによってほぼ精緻なデータを出すことができますので、ストリング設計には自信があります。

次のような方も、安心してご相談ください。

□他の会社で見積もりを取られている方
□21円の権利を持っていて、使いたいと思っている方
□4月からの18円の権利(2018年度の権利)を使うつもりの方
□影が差す立地条件でも発電量の最大化を目指したい方

その他、どんなお悩みでもかまいません。
高効率発電所を作るためのストリングの組み方がしっかりしている当社の設計で、一度シミュレーションを出してみませんか。

まずはこちらからご相談ください

お名前 (必須)
お名前フリガナ (必須)
居住所 (必須)
電話番号 (必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス (必須)
設置予定住所 (設置場所がお決まりの方はお書きください)
設置予定場所の図面または公図
(設置場所がお決まりの方はお選びください)
図面が用意できる図面が用意できない
その他補足内容があれば、お書き下さい
他社見積もり・他社でお作りになった図面がございましたら
添付してください。
※写真可 2MBまで
他社でとったお見積り・図面をお送りいただくと、それよりお得なプランをご提案いたします。



うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合
直接メールで送る→ アドレス:info@en-reform.com
FAXで送る→ FAX:06-6537-5340


一覧に戻る