経産省より2020年度中での事実上FIT制度の廃止を検討!これからの太陽光発電は新制度に移行か

事業認定・FIT速報

経産省「事実上のFIT制度廃止を検討」新しい入札制度の採用か

 
経産省「事実上のFIT制度廃止を検討」新しい入札制度の採用か

2019年6月12日経済産業省より風力、太陽光発電を含む再生可能エネルギー固定買取価格制度(通称:FIT)の2020年度中にFIT (一部)の法改正と廃止の方針を公表しました。 FIT廃止の対象は国民...

続きを見る

2019年度の太陽光発電「FIT認定申請」締め切りはいつ?

 
2019年度の太陽光発電「FIT認定申請」締め切りはいつ?

資源エネルギー庁より2019年度中のFIT認定申請期限日が公開されました 2019年5月31日「経済産業省 資源エネルギー庁」より、例年より早くFIT認定の新規・変更認定申請期限日が発表されました。 ...

続きを見る

【重要】FIT制度事業認定申請方法変更 安心の太陽光発電

  | | |
【重要】FIT制度事業認定申請方法変更 安心の太陽光発電

2019年4月1日から、太陽光発電事業の申請方法が変わるらしいけど、具体的な変更点がよく分からない。そんなあなたに朗報です!ここでは変更点を詳しく紹介していきます! 太陽光発電事業の気になる申請方法の...

続きを見る

【速報】2019年産業用FIT単価14円 最適な選択とは

  | |
【速報】2019年産業用FIT単価14円 最適な選択とは

2019年度の電気買取価格が決定しました!その詳細をここでは紹介していきます。家庭用・産業用ともに2018年度よりも低い価格となりました。 しかし実は14円の方が投資価値の高い理由があります。ここでは...

続きを見る

【太陽光発電】売電事業ができない?必須の論点となる系統連系について

  | |
【太陽光発電】売電事業ができない?必須の論点となる系統連系について

「太陽光発電用の土地として、自分の土地を販売したい!」「新たに土地を取得して、太陽光の売電事業を始めたい!」そんなことを考えている方に、落とし穴にはまる前にご確認いただきたいことがあります。千葉・茨城...

続きを見る

【速報】2018年度18円FIT認定|資源エネルギー庁、厳格化のお知らせ発表

  | | | | | |
【速報】2018年度18円FIT認定|資源エネルギー庁、厳格化のお知らせ発表

【2018年度太陽光発電FIT単価18円取得のための締切まとめ】(A)電力会社への接続契約の申し込み→ 各社終了(B)経済産業省への新規認定申請→ 2019年1月11日(金)※ご注意ください!今年度の...

続きを見る

40円、36円、32円の未稼働案件に赤信号!

  | | | |
40円、36円、32円の未稼働案件に赤信号!

未稼働の高額売電権利が2019年度に一気に減額される方向へ40円、36円、32円の権利をお持ちの方(2012~2014年度に認定を取得した方)で、未稼働のままという方は、土地の身の振り方についてそろそ...

続きを見る

【お急ぎください】関西電力管内なら12月3日締め切り!売電単価18円間に合うかも!?

  | | | |
【お急ぎください】関西電力管内なら12月3日締め切り!売電単価18円間に合うかも!?

諦めていませんか?売電単価18円 関西電力管内は12/3が申込期限! 「2018年度の接続契約申請に間に合わなかった……」 と肩を落としている方、 関西電力への申請を考えてみませんか? 2018年度は...

続きを見る

2019年問題に迫ります!FIT終了後、最適な太陽光発電とは?

  | | | |
2019年問題に迫ります!FIT終了後、最適な太陽光発電とは?

2019年、ついにFITによる買取期間が終わる設備が出てきます 2019年11月以降、家庭用太陽光発電のFIT(固定価格買取制度)期間が終了する方が順次でてくるため、様々なサイトを見ていても「自宅で太...

続きを見る

【環境相が公表】使用済み太陽光発電パネルの処分に関する制度ができる可能性

  | | | |
【環境相が公表】使用済み太陽光発電パネルの処分に関する制度ができる可能性

太陽光発電の拡大を目指す日本が抱える設備の処分問題2018年7月3日に環境省より、「太陽光発電のリサイクル・適正処理等に関する検討チーム」が発足したと発表されました。これにより、使用済みモジュールの処...

続きを見る