EPCとは?高利回りな太陽光発電を設置する方法!

太陽光発電用語で「EPC」という言葉を聞いたことはありませんか? EPCとは何なのでしょうか。

FITによる買取価格が下がった今だからこそ、太陽光発電投資で高利回りを実現できるのが「EPC」という方法です。

今回は、そんな太陽光発電のEPCについて解説していきます。

今回は知ってそうで知らない、「今さら聞けない太陽光発電のEPC」と「いまEPCを選ぶべき理由」についてクローズアップしたいと思います。

EPCとは? まずは概要を解説

EPCとは、設計(Engineering)、調達(Procurement)、建設(Construction)の略称です。 設備の設計や調達、建設などを業者側が全て一括して行います。

「契約後、あとは完成を待って運用開始するだけ」という状態まで業者に任せることができるのがEPCのメリットです。

一般に太陽光発電で投資するには、土地付き太陽光発電といわれる分譲型太陽光発電を購入して所有する場合が多いです。

しかし、EPCでは自身が所有する土地に対して太陽光発電設備の「設計」「設備調達(パネルやパワーコンディショナなどの発注)」「設置工事」をセット化したサービスで太陽光発電設備を設置してもらい所有する方法です。

分かりやすく、マンション投資で例えると分譲型太陽光発電は「分譲マンションの購入」、EPCは自身が所有している空き地に対してマンションを「建設」するサービスというイメージです。

太陽光発電投資はEPCが一番お得

EPCの特徴は、品質・価格・各機器の組み合わせなどをトータル的に最適化されたパッケージにしているため、コストパフォーマンスに優れているということに集約されているといってよいでしょう。

一時期は「分離発注」と呼ばれる調達方法がはやっていた時期もありました。 これは、施主様が自分で申請から個々の設備購入、連携手続きに至るまですべて行うというものです。 一つひとつの設備を自分で調達して購入しますので、やり方次第では大幅なコストカットが可能であり、注目を集めていました。

しかし、最近では多くの設備が低価格化してきていますので、分離発注でもEPCでも大差はなくなってきています。 むしろ、機器ごとの特性や相性をプロの目で吟味しているEPCの方が発電効率の面では有利なことが多く、今ではEPCが主流となっています。

とりわけ2019年度の固定価格買取制度(FIT制度)においては売電単価が14円となったこともあり、単純にコストをカットするだけでは利回りを上げることは難しく、より効率の良い設計で多くの発電量を目指せる設備設計をプロに任せられるEPCの方が優位なケースが目立ちます。

EPCを行なう業者が減ってきている

固定価格買取制度の買取価格が30円・20円時代ではEPCを行う業者は大手に限らず中小企業にも多く存続していましたが、2019年の現在では非常に少なくなっております。

電気の買取価格が下がっており、かつ設備費用も下がっている中で受注数の少ない太陽光発電施工・販売の会社は撤退し、収益だけを狙って新規参入してきた多くの会社も計画倒産するなども珍しくありません。

2019年の現在では数が大きく減っており大手施工会社以外に頼るところが無く、見積もりも出されるものに納得するしかない状態になっている方も少なくありません。

太陽光発電は20年以上運用し続ける必要があります。

そのため、販売会社が倒産してしまうと「施工補償」が受けれない等の取り返しがつかないリスクに発展します。

そのため、太陽光発電の設置工事を依頼する会社選びはある意味、利回り以上に大切なチェックポイントとなります。

EPCに大切なのは設計力!設計次第で発電量が変わります

EPCに重要なのは価格も大切ですがなによりも、設計力です。

20年間以上運用する太陽光発電所に必要な、高い耐久性と高効率な発電を行える設計はプロでも一筋縄ではいきません。

地盤強度・周辺環境・パネル・パワコン等の部材選定や配線方法までも詳細データによってシミュレーションを算出した上で、その結果をもとに設計を行う必要があります。

こんな発電所は要注意! 太陽光発電設備の設計

アレイ間の離隔が狭い、不揃い
 

前後のパネルの感覚が狭いと日差しの角度によって発電効率が下がる時間帯できる。

ストリング設計が簡素

ストリングとは太陽光パネル同士をつなげる配線のことです。

 

ストリングで繋がれている太陽光パネルは片方の発電効率が悪くなると繋がれている全ての太陽光パネルはその影響を受けるため、発電効率が大きく低下します。

 

ストリングを結線するためには影の影響を考えて設計する必要があります。

ケーブルが細い、溶接して長くしている。
 

コスト削減の目的で細いケーブルを使用したりケーブルを長くするためにケーブル同士を溶接して長くした発電所では、送電量に限界を生み発電ロスが起こります。

 

またケーブルの配線が綺麗になっていないものに関しては、ストレスを与えすぐにケーブルの交換が必要となる場合がある。

スクリュー杭が地面からまっすぐ刺さっていない。

これは設備の耐久性に関わります。地盤が弱い場合などであれば台風などの災害が起きた際スクリュー杭が引き抜かれる場合もあります。

 

またパネルの重さに耐えきれず架台がひしゃげてくる場合もあります。

 

スクリュー杭や架台は20年以上も設備を支えるものなので骨組みの段階で正確に設計する必要があります。

他にも設計に関して説明するとキリがありませんが、上記で記載している初歩的な設計でも出来ていない発電所をたくさん目にします。

そういった太陽光発電所では小さい地震や台風でも設備が崩壊したりすることも起きてしまいますし、またシミュレーションよりも発電量が少ないといった結果も生みます。

素人目では分かりにくいことですが、上記の項目は販売業者に確認しておくべき項目となります。

圧倒的な発電量で高利回り、頑丈な発電所づくりを徹底します

太陽光設置お任せ隊では、設計段階から20年間の運用を念頭に入れたプランニングを行っています。

一般的な販売業者とは違い、当社にはお選びいただけるだけの施工実績とノウハウがありますので自信を持ってEPCをご提案させて頂きます。

太陽光発電設置お任せ隊のEPCサービスの特徴

太陽光設置お任せ隊では、「申請代行・設計・材料調達・工事・O&M」まで太陽光発電設備の建設から運用後のメンテナンスまで一貫してお任せいただけます。

20年間の施工補償をご用意しております。

災害補償・出力抑制補償・売電収益補償・等あらゆる補償をご用意しております。

年間400件以上の発電所の設置を行うため、ノウハウが蓄積されています。

□徹底した地盤調査と地盤に合わせた基礎工事を行い、屈強な発電所作り。

□業界最新のシミュレーションソフトを採用、影の影響も精密に算出します。

最大発電を目指したストリング設計に長けています。

□太いケーブルなど副資材にも高品質を導入しています。

税制・制度・条例に詳しいスタッフが揃っております。

お得なEPC!土地と事業者をマッチング

太陽光設置お任せ隊では、「土地を売りたいと思っている地主様」と「太陽光発電に適した土地を探している事業主様」をマッチングするサービスで、実際の土地売買は当事者間で行いますので余計な仲介手数料がかからないという特徴があります。

つまり、土地を自身で見つける手間を省けてEPCで太陽光発電投資を行えるということです。

通常の分譲太陽光発電よりもかかる諸経費を省ける分、利回りをアップできる仕組みです。

もちろん、土地売買の手続きに関するサポートなどに関しては当社が間に入りますので、施主様も地主様にとっても非常に安心でリスクの少ない売買が行えます。

※土地のご紹介は当社にEPCをご依頼していただくことが条件となります。

→ 太陽光発電用地のご紹介希望の方はこちら

太陽光発電投資は業者選びが肝!

どこよりも早くEPCに力を入れてきた当社は設計力が違います。

このような流れをいち早くキャッチしていた当社では、早くから太陽光発電の設計に力を入れておりました。

全てを業者に任せるEPCですから、業者選びの基準は高い方が良いでしょう。

業者を失敗すると、「災害に弱い発電所」「すぐに発電量が低下してしまう発電所」をつかまされてしまう可能性があります。

しっかりとした設計力がある本物の業者のプランニングであれば、まだまだ高利回りが可能なのが太陽光発電投資です。

すでに売電権利(FIT認定)をお持ちで施工業者を探しておられる方はもちらん、本年度新規申請の方も太陽光発電に関する施工のことや気になるポイントはお気軽お問い合わせください。

【規模別】2020年度の売電価格と諸条件

2020年度の売電価格と諸条件の一覧表は、以下のとおりです。

設備容量 売電価格 条件
~10kW 21円 売電価格が全国一律に変更
10~50kW 13円 災害時に活用可能
余剰売電
50~250kW 12円 未発表
250kW~ 入札制 未発表

2020年のFITの最新情報はこちら!

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お問い合わせ内容   
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮下さい。
法人・個人
法人名※法人の場合
お名前
お電話番号
※半角数字でご入力ください。
メールアドレス
ご相談内容
資料請求
無料シミュレーション
太陽光発電に関するご不明点やご質問などお気軽にご相談ください。
PAGE TOP