逆潮流と自家消費型太陽光発電の関係|発生防止方法を解説

太陽光発電の流れは、固定価格買取制度(FIT)を利用した全量売電型から、発電した電気を自ら使用する自家消費型へと変化しています。
自家消費型太陽光発電の導入に関して知っておきたいことの1つに 「逆潮流」があります。
逆潮流の防止が万全でなければ、システムの性能を最大限発揮できない可能性があります。

本記事では、自家消費型太陽光発電の導入を検討している方や、逆潮流について知りたい方に向けて、逆潮流の知識・自家消費型太陽光発電との関係・発生防止方法をわかりやすくご紹介します。

逆潮流とは

電力会社の発電施設から、送電線をつたって電力が家庭や企業に流れていくことを「潮流」といいます。
一方、家庭や企業が太陽光発電システムを設置している場合、発電した電力を自ら使い切らなければ、余った電力が自動的に送電線から電力会社側へ流れていきます。
通常の電力消費とは流れが逆であるため、これは「逆潮流」とよばれています。

逆潮流が起これば停電の可能性も

逆潮流で流れる電力量が大きいと、停電が起きる可能性があります。
家庭や企業が太陽光発電を行うことで逆潮流が発生した場合、少量であれば近隣の建物に流れて消費されます。

しかし、逆潮流で流れる電力量が大きく近隣で消費しきれなかった場合、供給している電力量よりも大きな電力が変電所まで流れ込みます。これを「バンク逆潮流」といいます。

発生した場合、少量であればバンク逆潮流が発生すると、安定した電力供給ができず、停電してしまう可能性があります。

そのため、太陽光発電で電力を売るための契約の際には、電力供給のバランスを保つ目的で「発電した電力のうち〇〇%までを流します」という割合を決めなければなりません。

逆潮流発生時に発電を停止する逆電力継電器(RPR)が必要

逆潮流発生時に、発電を停止するためのシステムを「逆電力継電器(RPR:Reverse Power Replay)」といいます。

電力会社と売電の契約を結んでいる場合は、逆潮流が前提となるため、RPRを設置する必要はありません。
一方、発電した電気を自ら消費する「自家消費型太陽光発電」で「逆潮流なし」という契約をする場合、売電を想定していません。そのため、逆潮流を防止するためにRPRの設置が必要になります。

自家消費型太陽光発電で逆潮流が起きれば発電が停止する

売電を想定していない全量自家消費型太陽光発電では、逆潮流が起きると発電が停止します。

発電量が消費電力を上回る状態では、再度発電してもすぐに逆潮流が起き、発電がストップしてしまいます。
これを繰り返していると、発電と停止を繰り返すため発電量がほぼゼロになり、太陽光発電システムの性能を発揮できません。

また、必要以上に電源のオン・オフが繰り返されることで、システムの劣化が早まってしまう弊害もあります。そのため、自家消費型太陽光発電向けの逆潮流防止装置が必要になるのです。

自家消費型太陽光発電で逆潮流を防ぐ方法

消費電力を上回らないように発電パネルを減らす

自家消費型太陽光発電で逆潮流を防止するための方法の1つが、太陽光パネルの設置容量を減らし、発電量が日中の消費電力を上回らないようにすることです。

こうすれば、逆潮流が起きることがなく、発電が止まってしまう心配をしなくて済みます。
ただし、太陽光パネルの枚数を減らすことで発電量が減るため、電気代削減効果は小さくなります。太陽光パネルの枚数を減らすか、逆潮流を防ぐ他のシステムを導入するか、どちらが経済的メリットが大きくなりそうか業者に相談してみましょう。

発電量を制御するシステムを導入する

施設ごとの電力消費傾向を把握して発電量を制御するシステムを導入する方法もあります。

(画像引用元:完全自家消費専用パワーコンディショナ 屋外仕様KPW-A-2シリーズ|オムロンソーシアルソリューションズ株式会社

消費電力の傾向を把握したら、発電量を制御するシステムの導入を考えましょう。

たとえば、供給されている電力量をリアルタイムで制御コントロールする「負荷追従制御機能」があります。
実際の電力消費傾向を基準にしてコントロールするため、発電量を最大限に保つことが可能です。

荷追従制御機能を搭載した装置を導入すると、逆潮流を防ぎながらできるだけ多くの発電量を確保できます。

まとめ

自家消費型太陽光発電を導入する場合、逆潮流によって発電が停止しないよう対策を行いましょう。
対策例として、逆潮流の発生時に発電を停止する逆電力継電器(RPR)や、発電量を制御するための制御装置の追加があります。

自家消費型太陽光発電は、契約から稼働まで数カ月かかることもあり、簡単に導入できるなシステムではありません。専門的な部分は業者とよく相談し、導入前の計画をよく練りましょう。

当社は、自家消費型太陽光発電の設計・施工に強みを持っており、最適な機器の選定や高品質なシステムの建設を心がけております。
無料シミュレーションを行っていますので、検討している方はぜひお問い合わせください。自家消費型太陽光発電について、詳しくは以下のページでも解説しています。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お問い合わせ内容   
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮下さい。
法人・個人
法人名※法人の場合
お名前
ふりがな
お電話番号
※半角数字でご入力ください。
メールアドレス
ご相談内容
太陽光発電に関するご不明点やご質問などお気軽にご相談ください。
PAGE TOP