2020年FITと太陽光を攻略。中小企業の3つの導入メリット

固定価格買取制度

2020年FITと太陽光を攻略。中小企業の3つの導入メリット

 
カテゴリ:事業認定・FIT速報
2020年FITと太陽光を攻略。中小企業の3つの導入メリット

2020年に終了すると見られていたFIT制度。しかし同年の2月4日に行われた調達価格等算定委員会で公開された、2020年の調達価格(売電価格)についての委員長案によって、継続される見通しとなりました。...

続きを見る

【速報】2018年度18円FIT認定|資源エネルギー庁、厳格化のお知らせ発表

 
カテゴリ:事業認定・FIT速報
【速報】2018年度18円FIT認定|資源エネルギー庁、厳格化のお知らせ発表

【2018年度太陽光発電FIT単価18円取得のための締切まとめ】(A)電力会社への接続契約の申し込み→ 各社終了(B)経済産業省への新規認定申請→ 2019年1月11日(金)※ご注意ください!今年度の...

続きを見る

太陽光発電の未稼働案件に赤信号!早期稼働or売却の決断必須!

 
カテゴリ:事業認定・FIT速報
太陽光発電の未稼働案件に赤信号!早期稼働or売却の決断必須!

[toc heading_levels="2,3"] 未稼働の高額売電権利が2019年度に一気に減額される方向へ40円、36円、32円の権利をお持ちの方(2012~2014年度に認定を取得した方)で...

続きを見る

【売電できなくなる!】太陽光発電FIT期間終了後の対応とは?

 
カテゴリ:コラム| 事業認定・FIT速報
【売電できなくなる!】太陽光発電FIT期間終了後の対応とは?

[toc heading_levels="2,3"] 2019年、ついにFITによる買取期間が終わる設備が出てきます 2019年11月以降、家庭用太陽光発電のFIT(固定価格買取制度)期間が終了す...

続きを見る

自家消費と投資型の太陽光発電メリット・デメリット

 
カテゴリ:基礎から学ぶ自家消費
自家消費と投資型の太陽光発電メリット・デメリット

[toc heading_levels="2,3"] 太陽光発電の導入は「投資型」と「自家消費」はどっちがお得? 工場や倉庫、店舗の屋上が開いているオーナー様にとって太陽光発電設備の導入を検討され...

続きを見る

パワーコンディショナの力率95%が必須に!系統連系規程への追加

 
カテゴリ:知ってトクする太陽光発電
パワーコンディショナの力率95%が必須に!系統連系規程への追加

[toc heading_levels="2,3"] 電力会社各社から「パワーコンディショナの力率を95%に設定してください」という趣旨の案内が出ているのをご覧になった事はあるでしょうか。これは20...

続きを見る

アフターフィットってなに?太陽光発電の10年後・20年後の姿

 
カテゴリ:知ってトクする太陽光発電
アフターフィットってなに?太陽光発電の10年後・20年後の姿

太陽光発電事業主の皆さん、FIT終了後について不安はありませんか? これから太陽光発電を始めようという方、つい20年間の収益だけに目が行きがちではありませんか? しかしそんな中、2018年度の産業...

続きを見る

太陽光発電投資は低圧が多い理由

 
カテゴリ:すぐ分かる税制・法制| 知ってトクする太陽光発電
太陽光発電投資は低圧が多い理由

これから低圧の太陽光発電投資を始めようとお考えの方、その仕組みについての理解は十分ですか? また、その規模についてはお考えでしょうか。 「低圧太陽光発電って儲かるの?」と漠然とお考えの方や、「...

続きを見る

太陽光発電の『定期報告』の内容は?行わなければどうなる?

 
カテゴリ:知ってトクする太陽光発電
太陽光発電の『定期報告』の内容は?行わなければどうなる?

太陽光発電の事業主の皆さん、『太陽光発電設備に係る定期報告』という義務があることをご存知でしょうか。 これまで太陽光発電は「設置」して「運転を開始させる」ことさえできていればOKという印象が強かったか...

続きを見る

太陽光発電の土地選びの落とし穴「系統連係の空き容量」とは

 
カテゴリ:太陽光リスクと対策
太陽光発電の土地選びの落とし穴「系統連係の空き容量」とは

「太陽光発電をやりたい人」も「土地を売りたい人」も急いだ方が良い意外な理由 今回は、「固定価格買取制度(FIT)による太陽光発電が出来ない土地がある」という問題を取り上げます。 太陽光発電を検討中...

続きを見る