2019年度FIT単価速報!太陽光発電投資ラストチャンスは今

固定価格買取制度

【速報】2019年産業用FIT単価14円 最適な選択とは

 
カテゴリ:事業認定・FIT速報
【速報】2019年産業用FIT単価14円 最適な選択とは

2019年度の電気買取価格が決定しました!その詳細をここでは紹介していきます。家庭用・産業用ともに2018年度よりも低い価格となりました。 しかし実は14円の方が投資価値の高い理由があります。ここで...

続きを見る

【速報】2018年度18円FIT認定|資源エネルギー庁、厳格化のお知らせ発表

 
カテゴリ:事業認定・FIT速報
【速報】2018年度18円FIT認定|資源エネルギー庁、厳格化のお知らせ発表

【2018年度太陽光発電FIT単価18円取得のための締切まとめ】(A)電力会社への接続契約の申し込み→ 各社終了(B)経済産業省への新規認定申請→ 2019年1月11日(金)※ご注意ください!今年度の...

続きを見る

40円、36円、32円の未稼働案件に赤信号!

 
カテゴリ:事業認定・FIT速報
40円、36円、32円の未稼働案件に赤信号!

[toc heading_levels="2,3"] 未稼働の高額売電権利が2019年度に一気に減額される方向へ40円、36円、32円の権利をお持ちの方(2012~2014年度に認定を取得した方)で、...

続きを見る

【お急ぎください】関西電力管内なら12月3日締め切り!売電単価18円間に合うかも!?

 
カテゴリ:事業認定・FIT速報
【お急ぎください】関西電力管内なら12月3日締め切り!売電単価18円間に合うかも!?

[toc heading_levels="2,3"] 諦めていませんか?売電単価18円 関西電力管内は12/3が申込期限! 「2018年度の接続契約申請に間に合わなかった……」 と肩を...

続きを見る

2019年問題に迫ります!FIT終了後、最適な太陽光発電とは?

 
カテゴリ:事業認定・FIT速報
2019年問題に迫ります!FIT終了後、最適な太陽光発電とは?

[toc heading_levels="2,3"] 2019年、ついにFITによる買取期間が終わる設備が出てきます 2019年11月以降、家庭用太陽光発電のFIT(固定価格買取制度)期間が終了す...

続きを見る

自家消費型とFIT(売電)型のメリット・デメリット 選ぶ基準

 
カテゴリ:基礎から学ぶ自家消費
自家消費型とFIT(売電)型のメリット・デメリット 選ぶ基準

[toc heading_levels="2,3"] 工場・倉庫・店舗の屋上で太陽光発電!FIT制度を利用?流行りの自家消費?工場や倉庫、店舗の屋上が開いている企業様、太陽光発電設備を設置できるかもし...

続きを見る

全国でパワーコンディショナー力率95%が必須!?系統連系規程への追加が決定

 
カテゴリ:知ってトクする太陽光発電
全国でパワーコンディショナー力率95%が必須!?系統連系規程への追加が決定

[toc heading_levels="2,3"] 電力会社各社から「パワーコンディショナーの力率を95%に設定してください」という趣旨の案内が出ているのをご覧になった事はあるでしょうか。これは20...

続きを見る

中部電力が「低圧パワコン力率95%設定」を要請|どう対応すれば良いの?

 
カテゴリ:事業認定・FIT速報
中部電力が「低圧パワコン力率95%設定」を要請|どう対応すれば良いの?

中部電力が力率一定制御(95%)要請!どう対応する?対象となる範囲は?中部電力より低圧パワーコンディショナーの力率を95%にするようにとの要請がメールにて配信されました。この件に関して「自分は当てはま...

続きを見る

【速報】2018年度の産業用(10kW以上)FIT単価は18円に決定|3つのポイントで高利回りはまだ可能!

 
カテゴリ:事業認定・FIT速報
【速報】2018年度の産業用(10kW以上)FIT単価は18円に決定|3つのポイントで高利回りはまだ可能!

出典:経済産業省 売電単価が正式に決定産業用(10kW以上)18円をどう見るか? 2018年3月23日、資源エネルギー庁より2018年度の再生可能エネルギーの買取価格が発表されました。 気になる10...

続きを見る

AFTER FIT(アフターフィット)ってなに?太陽光発電の10年後・20年後を考える

 
カテゴリ:知ってトクする太陽光発電
AFTER FIT(アフターフィット)ってなに?太陽光発電の10年後・20年後を考える

太陽光発電事業主の皆さん、FIT終了後について不安はありませんか? これから太陽光発電を始めようという方、つい20年間の収益だけに目が行きがちではありませんか? しかしそんな中、2018年度の産業用F...

続きを見る