太陽光発電と過積載 当社独自の強みを徹底解説

太陽光設置お任せ隊 TOP >   >  太陽光発電の過積載 最大限に発電量を活かす秘訣

太陽光発電の過積載 最大限に発電量を活かす秘訣

太陽光発電事業においての「過積載」とは何か、今更聞けない基本をここでは紹介します!FIT単価の推移と共に重要な役割を果たす過積載について、ピークカットや太陽光パネル設置などにも触れながら紹介していきます。

当社独自の強みでもある過積載を通じて、何故今が太陽光発電事業のチャンスと言われているのかも、太陽光発電事業の未来に触れていきましょう! 

太陽光発電事業の過積載とピークカット

過積載≪概要≫

太陽光発電の「過積載」とは、通常パワーコンディショナの容量以上の太陽光パネル(太陽電池モジュール)を設置することです。パワーコンディショナとは略して「パワコン」とも呼ばれ、太陽光発電で発電された電気を使用できるように変換する機械です。

また太陽光発電事業には「ピークカット」が存在します。これはパワーコンディショナの容量以上に売電された電力は、蓄積することができずカットされることを指します。 

過積載イメージ図 

過積載イメージ図

電力を常にパワーコンディショナ容量いっぱいまで発電した状態をキープさせる、これが過積載です。例えるなら上図のように、水でコップが満タンになる状態を保っているのです。また過積載搭載可能な割合を、過積載率と呼びます。

ただし一概に過積載率が高い程、過積載の効果も高まる訳でもないのです。太陽光パネルが増える程に過積載率は高まります。一方、その分太陽光パネル費用も高くもなります。設備費や発電量など土地によっても異なる為、最適な過積載率を検討することをおススメします。

当社では太陽光発電事業においての過積載が始まった頃から力をいれており、過積載の実績と経験には自信があります。これは当社独自の強みでもあり、安心してお任せ頂けます。

過積載における最適な太陽光パネル枚数について詳しく知りたい方は、お気軽に当社へお問い合わせください。太陽光発電事業主の方にとっても、最適な過積載のご提案となるよう当社でも努めています。過積載に実績のある当社にお任せ頂ければ光栄です。 

太陽光パネルと過積載

過積載と太陽光パネルは切っても切れない存在と言っても過言ではありません。過積載とはつまり、以前のパワーコンディショナの容量以上の太陽光パネルを設置することです。現在では過積載搭載以前の約2倍を実現しています。

したがって単純に以前の約2倍の発電量を実現しているのです! 

発電量比較 定格出力と過積載

定格出力の発電量グラフ(日)と過積載発電所のグラフ(日)

過積載での発電量変動02   過積載での発電量変動01

こちらの図は一日の発電量変動を、過積載搭載以前と後で比較したものです。太陽光発電事業の最大のリスクは天候と言えるのではないでしょうか。天気変動も伴い発電量がパワーコンディショナの容量いっぱいとなることは稀でした。

これは明け方や夕方など、日照の弱い時間はどうしても発電量は下がってしまう為です。発電量は日中の日差しの強い時間しか、ピークカットが発生する程の発電量とはならなかったのです。そしてパワーコンディショナの容量いっぱいとなる機会も、実は少ないのです。

そこに「過積載」の登場です。技術革新によってシステムの性能が上がったことにより、太陽光パネルは以前の約2倍の搭載が可能となり、大きく発電量を増やせるようになったのです。

太陽光パネルの過積載によって、朝夕などの日照量の少ない時間帯にも発電量確保が可能となりました。このことによって日照量が少ない時でも、一定量の発電量を保つことに成功したのです。

更に設備も以前より安価で購入することも可能となりました。太陽光パネルの価格も年々安くなっています。

FIT単価は下がっていても、過積載によって以前以上の収益を上げることも可能となりました!その太陽光設備の性能向上も今がピークとも言えます。今は太陽光発電事業投資を行うのに、ぴったりのタイミングなのです。 

過積載の経緯 歴史的背景

過積載の歴史は、FIT単価が27円であった2015年頃を起源とします。FIT単価は産業用で40円から始まりました。そして過積載の始まる直前頃の2014年は32円でした。この頃は今と比較してFIT単価は高いのですが、まだ過積載はできなかったのです。

これは、一つは性能の問題です。パワーコンディショナの性能が低いため、過積載に耐えられなかったのです。二つ目は設備価格です。太陽光パネルも高価で、過積載によって高い投資効果となれなかったのです。

この過積載が何故生まれたのか、その一つの要因はやはり効率的な太陽光発電事業の実現の為と言えます。太陽光発電設備は生まれた当初は、発電効率もわずかでした。技術向上に伴い発電効率も高くなり、そして遂に過積載を可能とするパワーコンディショナは開発されたのです。

これは太陽光発電事業投資に大きく貢献しています。今ではほとんどの太陽光発電事業で活用されている「過積載」ですが、FIT単価推移においての投資的価値を高めたのです。そして以前以上の投資効果をもたらしました。

過積載の誕生は、太陽光発電事業投資の救世主と言っても過言ではないのではないでしょうか。 

太陽光発電と過積載 最大限に活かした発電方法とは

ここでは過積載の基本的な内容から、FIT単価14円との未来について紹介してきました。FIT単価の推移に伴って以前のような高い水準での利回りは可能なのか、そういった不安を持つ方は多いと思います。

しかし、そんな困難の中にチャンスは潜んでいるものです。太陽光設備向上によって可能となった「過積載」は、その救世主とも呼べる存在です。科学の進歩と共に太陽光発電事業も発展を遂げています。

投資としても自家消費としても、注目の太陽光発電事業。少しでも太陽光発電事業に興味を持った方は、是非当社にお問い合わせください。皆様の声を心より楽しみにしています。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


参照ページ
必須 お問い合わせ内容
必須 個人・法人
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 郵便番号(半角)

※郵便番号をご入力いただきますと自動入力されます。

必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号(半角)
必須 メールアドレス
連絡可能時間帯
相談内容


一覧に戻る

無料相談・お見積り

担当直通ダイヤル 06-6343-7800お気軽にお問合せください。