太陽光発電の設備・施工・価格のご提案なら太陽光設置お任せ隊へ

太陽光設置お任せ隊 TOP >  サービス一覧 >  太陽光用地紹介

全国の太陽光発電事業用の土地を紹介

当社にて日本全国の地主様よりご登録いただいている土地の中からご予算・エリア・広さなど、ご希望に合わせて太陽光発電事業に最適な土地を紹介いたします!

太陽光用地紹介3つのメリット!

メリット1
土地を探す手間を省略!仲介手数料0円で太陽光用地が手に入る

太陽光発電所を設置する土地を確保するためには、国の制度や自治体のルールに沿った調査が必要です。

そのため太陽光発電事業への知識に限らず、土地に関する法律などの豊富な知識も必要となってきます。


場合によっては「農地転用」や「住民説明会」「各種申請」なども必要となる場合があり、個人で土地を選定するには非常にハードルが高く、時間とコストが掛かります。

 

 

当社では、太陽光発電事業・不動産業・土木建設業を長年営んでおり土地の状態を「プロの目」で選定し、土地開発も自社で行えます。

そのため、太陽光発電事業を安全に行える土地を厳選してご紹介させて頂くことが可能です。

 

メリット2
予算に合わせた最適な太陽光発電投資が行える

発電所を設置するための土地をお持ち出ない場合、分譲太陽光発電を購入する手段があります。

ですが、分譲太陽光発電の購入は非常に高額です。

実際、以下のように分譲案件と太陽光用地紹介とでは最終的に400万円もの導入コスト差が生じる ケースも珍しくありません。


■評価額190万円の土地に必要設備を設置した場合の一例

分譲太陽光発電:土地代+設備費用の合計2000万円

太陽光用地紹介:土地代+設備費用の合計1600万円


太陽光発電に必要なものは全て同じで、やっていることも同じなはずなのに、なぜこんなにも差が生まれるのか、ご説明します。

分譲太陽光発電の場合

分譲太陽光発電の価格の高さの理由の1つに、土地に対する在庫による必要経費が含まれていることです。

電力工事負担金・農地転用費用などの必要費用を、分譲太陽光では業者が一時的に肩代わりしいる状態であり、必然的に肩代わりしていた各種費用に対し、諸経費を上乗せしている状態です。

そのため、自身で土地を用意して太陽光発電所を設置するよりも、販売価格が上がってしまいます。

太陽光用地紹介

電力負担金などの必要費用は自身で支払うことができるため、 販売価格に対して諸経費を上乗せする必要がありません。

さらに、分譲太陽光発電とは違い当社が土地を抱えるのではなく、 施主様に売却希望の地主様の土地を紹介させて頂くことで、在庫を抱えるリスクは発生しません。

費用肩代わりへの諸経費を乗せる必要も無く、だからこそ分譲太陽光発電よりも高利回りに特化することができるのです!

太陽光用地紹介と分譲太陽光の違い


また250坪〜と比較的小さめの土地の案内も可能なのであり、通常の分譲太陽光発電物件よりもトータル費用を抑えて導入することも可能です。

売電単価にもよりますが分譲太陽光物件では、1基あたり約2000万円程度が相場です。しかし、「太陽光発電用地紹介」ではトータルコスト1000万から始められる太陽光用地の紹介も多いです。

メリット3
より細かく「条件」に合わせた太陽光投資が可能!

分譲太陽光発電では、既に決まった土地と発電システムを購入することになります。

そのためご予算、利回りや地域など、希望に合うものがなかなか見つからず、 購入のタイミングが遅れいわゆる「売れ残り物件」に出くわす可能性が高くなります。

 

「太陽光発電用地紹介」では、
常に、施主様のご希望に沿った土地を紹介しております。

ご予算に合わせて、地域や発電所の規模など施主様の条件に沿った最適な土地の中から 厳選し、安全で高利回りな太陽光発電事業をご提案することができます。

 

費用を抑えて限界まで高利回りを実現できるのは
「太陽光発電用地紹介」だけ!

このようなお悩みをお持ちの方にご好評頂いております。

土地の確保に時間を取られたくない


2基目3基目以降の設置を検討している


希望のエリアで良い太陽光投資物件が見つからない


初期投資を抑えて太陽光発電投資を行いたい


銀行・公庫・ソーラローン
各種融資等を利用して頭金0円で導入

ここで利用したいのが金融機関からの融資です。

太陽光発電は、20年間の収入が国から約束されている安定事業です。

国も力を入れている制度であり、ソーラーローンと呼ばれる融資を組むことが可能です。

もともと安定的な年収(約350万円〜)のあるビジネスマンであれば、事業自体が安定している太陽光発電事業を追加で行おうとすることに対して金融機関も前向きであり、融資が下りやすいのが特徴です。

ソーラーローン・公庫の融資を利用すれば、土地購入は公庫の融資・設備導入に必要な費用はソーラーローンで組み込みつつ、作った電気を売って得た収入(売電)によって、ローンの返済に丸々充てることが可能となるケースが多いです(つまり、月々の支払いは実質かからない)。

概ね、ローンを返済し終えるまでの期間は10年前後という方が多く、この期間はたくさん発電できればプラスとなり収入になります。 そしてこの償却期間を過ぎれば、あとは売電分が丸々利益として手元に残ります(設備維持費などは別途かかります)。

老後の資金にしたり、まとまったお金が必要となってきた子供の教育資金として全額まかなったりできるなど、サラリーマン世帯にとって大変有意義な資金源 となるのです。

 

昨今では、20代後半と若いサラリーマンの方にも太陽光用地紹介では大変ハードルの低い投資法となっています。

当社でご利用可能なソーラーローン

JACSS・アプラス・イオン・プレミアムファイナンスがご利用いただけます。

太陽光用地紹介ができるのは当社のみ!

サービス開始から、数多くの施主様にご好評いただきました。

2019年では、高利回り+コスト削減を行いお客様の太陽光発電事業をサポートして参ります!

 

太陽光発電事業のための土地をお探しのお客様分譲太陽光発電でまだ物件が決まっていないお客様など、2019年新たに太陽光発電事業にチャレンジされるお客様は一度、当社へお問い合わせください!

どこよりも高利回りな太陽光発電事業をご提案させて頂きます。

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


必須 紹介希望の土地エリア
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 郵便番号(半角)

※郵便番号をご入力いただきますと自動入力されます。

必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号
必須メールアドレス
連絡可能時間帯
■ご相談内容の詳細がございましたら、お書き下さい


無料相談・お見積り

担当直通ダイヤル 06-6343-7800お気軽にお問合せください。