太陽光発電の設備・施工・価格のご提案なら太陽光設置お任せ隊へ

-産業用自家消費型太陽光発電-

会社・工場・倉庫の屋根を使って
経費削減・利益創出

屋根修理と太陽光発電のプロフェッショナルな私達が電気代削減をサポートします。 自家消費型太陽光発電の3つのメリット 電気代削減、即時償却、税制優遇、非常電源
無料診断実施中!電気代シミュレーション+屋根診断

自家消費型シミュレーションでいくらコストカットできるのか無料で試算いたします。ご希望の方には屋根の無料診断も行っております。まずはお問合せください。

無料診断実施中!お問合せはこちら
 

産業用自家消費型太陽光発電について

産業用自家消費について

産業用自家消費型太陽光発電とは、電力会社から電気を買うのではなく、会社・工場・倉庫・店舗などの屋根や空きスペースに太陽光発電設備を導入し、それによって得られた電力を自分たちで消費する仕組みをいいます。
発電した電気を自らの施設で利用することで、電気代を大幅に削減することが可能です。会社の経費削減に大きく寄与できるため、各企業での導入が本格化しています。

自家消費型太陽光発電 3つのメリット

メリット1

電気代削減

自家消費の発電量

自家消費型太陽光発電によって得られた電力は、電力会社の系統に流す必要がなく、ダイレクトに施設内に送ることになります。そのため送電距離が短く、送電ロスが極めて少ないため、発電した電気を無駄なく使うことができます。 電力会社から購入する電力量が減少しますので、電力プランの基本料金を下げることで、電気代の大幅な削減につながります。

初期費用に関してはソーラーローンと呼ばれる低金利ローンを組むことでまかなえますし、返済額と同等かそれ以上の電気代節約が期待できるため、ほとんどが相殺でき実損がほぼないのが特徴です。 初期費用はおおよそ7~10年で回収できるとされており、その後は浮いた電気代が丸々経費削減につながります。

ケース1 ケース1 ケース2 ケース2

メリット2即時償却/税制優遇

■「中小企業経営強化税制」による即時償却が利用できます。

「中小企業等経営強化法」とは、中小企業の事業環境悪化に伴う生産性の低迷や、人材確保・事業の継続発展が困難になっていることを受け、中小企業の生産性・経営力を向上させるためにできた制度です。

「中小企業経営強化税制」を利用することで、太陽光発電の設備投資費を100%初年度の経費として計上することできます。

概要 法人税※1について、即時償却または取得価額の10%又は7%※2の税額控除が選択適用できます。
※1 個人事業主の場合には所得税 ※2 資本金3000万円超1億円以下の法人は7% (平成31年3月31日までに取得した設備について、固定資産税の特例が受けられる場合があります。)
【指定期間:2017年4月1日~2021年3月31日】
即時償却のポイント ●初年度に一括して経費にできる 即時償却した場合、すべて経費として計上できる
■中小企業庁 参考資料

pdf 中小企業等経営強化法に基づく 支援措置活用の手引き

即時償却利用の場合

■「中小企業投資促進税制」による30%特別償却が利用できます。

概要 本制度は、機械装置等の対象設備を取得や製作等をした場合に、取得価額の30%の特別償却又は7%の税額控除(※税額控除は、個人事業主、資本金3,000万円以下法人が対象)が選択適用できるものです。
【適用期限:2020年度末まで】
即時償却のポイント ●一年間の繰り越しが可能!
■中小企業庁 参考資料

pdf 平成31年度(2019年度) 中小企業・小規模事業者関係 税制改正について

特別償却利用の場合

メリット3非常電源

■災害時の事業リスクに備えることができます。

停電時も安定して施設に電力を供給でき、災害時のライフラインとしても活用できます。 大地震などが起こった場合、電気、水道、通信のインフラが途絶えてしまいます。 業務の早期再開のためには、電源確保が大変重要となってきます。 特に工場などの電気を多く使う事業では、災害直後に電気の使用制限がかかる場合もあり、通常操業が困難になってしまいます。自家消費型太陽光発電は、随時電気を作ることができますので、事業再開に大きく貢献することができます。

また、蓄電池の併用で災害時においても電源供給が可能になります。 災害時は非常用の「自立電源」に切り替えることで、自立運転用コンセントから電力を使用できます。 特に稼働を止めることのできない設備、食品工場の冷蔵庫、パソコンの非常電源、サーバーを抱えている企業、医療機関など、電気の供給が止まってしまうことは、大惨事を招いてしまいます。危機管理が求められる昨今、企業として蓄電時の重要性は計り知れません。 蓄電池を導入することで、結果的に企業に付加価値を与え、ブランドイメージ向上にもつながります。

災害時の非常用電源として 太陽光発電だけでは不足する場合や夜間に蓄電池から放電

■蓄電池の補助金

●VPP補助金
自家消費の発電量

VPPとは「バーチャルパワープラント(仮想発電所)」の略で や家庭内に設置した太陽光発電システムや蓄電池の電力をまとめて管理し、既存の電力会社を経由せずに直接需給する仕組みのことです。地域の発電・蓄電・需要をまるで一つの発電所のように管理・運用する新しいエネルギー社会の形です。

現在は実現するための実証実験期間となっていて、VPP構想に協力することで、蓄電池を設置してSIIから補助金を受けることができます。事業内容によって、カテゴライズされる分類が異なりますので、詳細はご確認ください。あらかじめ定められた定額での交付、もしくは補助対象経費の1/2が交付されるケースが多いようです。

※SIIとは一般社団法人 環境共創イニシアチブ Sustainable open Innovation Initiative(略称:SII)
環境・エネルギー制約及び経済的社会的環境の変化から生じる課題解決に向け、オープン・イノベーション等をもって、技術革新と市場創出を主導することを目的とした一般社団法人

●各都道府県の補助金

多くの都道府県や地方自治体で、蓄電池の補助金が設定されています。
各都道府県によって、助成金の内容は異なってきますので、対象となる各自治体にご確認ください。

蓄電池の様々な補助金がある
無料診断実施中!電気代シミュレーション+屋根診断 お電話でもお気軽にお問合せください。
無料診断実施中!お問合せはこちら
 

自家消費型太陽光発電の導入は今がチャンス!

■設備に掛かるコストは当初の75%減!

75%減少

今、太陽光発電を導入する最大のメリットは、設置費用が下がっている点です。 150以上の国が加盟する再生可能エネルギーの普及を目的とした機関(IRENA)が、アブダビで開催された第9回総会(2019年5月)での調査報告書では、太陽光発電の電力コストは2009年以来75%減少し、2020年までに、すべての市販されている再生可能エネルギー技術は、化石燃料の競合他社と同等かそれよりも安価になると予測しています。 再生可能電力価格の下落により、再生可能発電による電力の役割が大きく期待されています。

日本では、少し前まではイメージの向上などに予算を割くことができるような、体力のある大手企業を中心に普及していましたが、固定価格買取制度(FIT)により 太陽光発電は爆発的に普及し、その市場競争から太陽光発電設備の市場価格は低コスト化してきました。同時に、FITによる売電収入は、国民へ電気料金の一部として負担され電気代は年々上昇傾向にあります。

十分な補償と税制が用意されいる中小企業は、
今だからこそ自家消費太陽光発電への切り替えは絶好のチャンスと言えます。

太陽光設置お任せ隊
最大の強み

屋根工事と太陽光発電のエキスパート

今まで主流であった売電型(FIT)太陽光発電の野建て工事とは違い、自家消費では建物の屋根に設置するケースが多く、太陽光発電の知識だけではなく屋根工事に関する知識も必要となります。
太陽光設置お任せ隊では、設立当初より建物の外壁・屋根の修繕リフォームの実績を積み、屋根工事に於いては 累計12,000件の施工実績があります。また、太陽光発電に関しましても累計4,000件の工事を行わせて頂いておりますので自家消費をご検討の際には、正しい設計と安心できる工事をお約束いたします。 必ず太陽光パネル設置前に屋根の点検を行い、必要なところは修理をしてから施工しています。
御社の事業内容、事業所の稼働時間、屋上の形状、立地場所などを考慮した自家消費シミュレーションを無料で行わせて頂いております。 シミュレーションの結果によって「売電型より自家消費型の方がおススメ」「売電型でも利益が出せる」「固定価格買取期間終了後の20年後に自家消費に切り替える」など、様々なご提案が可能です。
企業での自家消費に関するご相談や屋根に関するご質問などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

無料診断実施中!電気代シミュレーション+屋根診断 お電話でもお気軽にお問合せください。
無料診断実施中!お問合せはこちら