太陽光発電での過積載について

太陽光設置お任せ隊 TOP >  特集 > 太陽光発電の正しい過積載とは?

高利回りな太陽光発電「過積載」の正しい設計

「過積載」と聞くと荷物を運ぶトラックなどの車載荷量について使う言葉ですが、太陽光発電の過積載というのは「発電所の設計」に対して使う言葉です。


2019年現在では過積載での設計による太陽光発電所が一般的になりましたが、過積載によって売電収益を底上げするつもりが、余計な設備費用がかかりすぎ初期費用回収が遅れ逆に損してしまっているケースも見受けられます。


太陽光発電の過積載には正しい設計があります。業者のいうがまま闇雲にパネル枚数を増やすことは危険です。

ここでは、太陽光発電における「過積載の基本」と「正しい過積載」についてお伝えしていきます!

太陽光発電の過積載ってなに?

太陽光発電において過積載とは、一言で説明するとすれば、通常パワーコンディショナの定格容量以上の太陽光パネルを設置して、あえて大きくピークカットさせて1日のトータル発電量を底上げする設計です。


過積載を考慮していない太陽光発電シュミレーション


ピークカットとは、太陽光パネルで発電した直流電気をパワーコンディショナで一度に交流電気に変換できる量(低圧太陽光の場合49.5kW)を超えた分の発電量をカット(捨てる)ことをピークカットと言います。


せっかく発電した電気を捨ててしまうと聞くと、「もったいない!」と思ってしまいそうですが、太陽光発電で過積載を行なった場合、上図の様にピークカットラインを超えた発電(オレンジのグラフ)が行えることにより、過積載していない場合の発電量(青いグラフ)よりも朝〜夕方までひと回り大きく発電していることがわかります。


そもそも過積載をしない場合、1年を通して発電量がピークカットに到達することが稀です。それは天候や気温によって発電量が大きく上下するからです。


投資による太陽光発電の場合、過積載によって発電量が上がることで、年間の売電収入をアップさせることができます。

そのため、太陽光パネルを多く設置し大きくピークカットをさせてでも発電量を底上げできる過積載での太陽光発電が主流となりました。


下記は過積載をした場合の太陽光発電と、過積載をしていない場合の太陽光発電のシミュレーションです。

※クリックすると拡大します
過積載率:225.4% パネル360枚
過積載を考慮していない太陽光発電シュミレーション 
年間発電量:122,103kWh
過積載率:202.9% パネル324枚
過積載を考慮した太陽光発電シュミレーション 
年間発電量:115,602kWh
※「Solar Pro」は株式会社ラプラス・システムの登録商標です
観測地  Fit単価 パネル パワコン 架台傾斜角
浜松 15.4円(消費税10%込) ネクストエナジー 310W(単結晶) ネクストエナジー 5.5kW(単相)9台 10度

上図の様に、部材や土地などの条件が全く同じであっても、過積載率をあげることにより20年間の売電収入は太陽光パネル324枚と360枚を設置した場合を対比してみると、1,592,241円(概算)の差が生じます。

積めばいい訳ではない! 過積載の落とし穴

過積載での太陽光発電所を見ていると、過積載をしすぎて逆に損してしまっている発電所を見かけることがあります。


過積載というのは、そもそも太陽光パネル枚数を増やすことです。つまり、発電量が上がった分、パネル1kW単価の価格が下がることを意味しています。


ですが、土地が広いからといって不必要に太陽光パネルを積むということは逆に利回りを下げる結果となる場合があります。


なぜなら、過積載による発電効率の向上は限界があります。その限界点を超えて太陽光パネルを積むということは、増やした太陽光パネルの導入費用が無駄になり、接続しているパワーコンショナにも大きく負担を掛け寿命を削る結果となります。


当社では、最適過積載という設計を行なっております。過積載による発電効率の限界点とコストを考えて経済的メリット最大化する設計を最新のシュミレーションソフトにて計算を行い、その土地に合わせて最適な太陽光パネル配置と枚数を導き出して設計する方法です。


どのような土地であっても当社では、その土地の周囲の環境などをリアルに再現して最適な設計で太陽光発電所の施工を施しております。



当社のシュミレーションは業界最先端です。詳しくはこちら。
過積載のシュミレーションと利回りの関係性について

太陽光設置お任せ隊は「過積載の元祖」です!

当社は売電単価30円台の頃より過積載の先駆者として数多くの実績を持っております。

MAX250%の過積載率であっても当社ではメーカーよるパワーコンディショナの補償を受けることができます。


過積載の施工では、部材選定も大切です。発電量が上がる分パワーコンディショナだけでなくケーブル、ブレーカなどにも工夫が必要です。


当社では、あえて容量の大きいブレーカを設置することによ過積載による夏場のブレーカダウン(ブレーカの停止)にも対策をとっております。


他にも最適過積載では設計・施工の際に工夫を加える必要がありますが、ここまで高効率な過積載設計を行えるのは当社とお付き合いの長い各メーカーとの研鑽があったことにより実現可能となりました。


過積載だけではダメ!太陽光発電のシミュレーション「影」の影響の計算方法

最適過積載で収益を最大化するための太陽光投資をお考えのお客様は一度、太陽光設置お任せ隊にご相談ください。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


参照ページ
必須 お問い合わせ内容
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 個人・法人
必須 郵便番号(半角)
必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号(半角)
必須 メールアドレス
連絡ご希望時間帯

※ご連絡可能な時間帯のご指定がありましたら、ご記入ください。

ご相談の詳細

※詳細なご相談内容がございましたら、自由にご記入ください。


一覧に戻る

無料相談・お見積り

担当直通ダイヤル 06-6343-7800お気軽にお問合せください。