太陽光発電の設備・施工・価格のご提案なら太陽光設置お任せ隊へ

太陽光設置お任せ隊 TOP >  特集 > 学資保険としての太陽光発電

学資保険としての太陽光発電

学資保険としての太陽光発電

お子様の将来のために太陽光発電投資を!

お子様の将来のために太陽光発電投資を!

お子様が生まれた20~30代のご夫婦が、将来お子様の学資保険として太陽光発電事業を副収入に選ばれることが増えてまいりました。

お仕事の収入だけですと、迷いなくお子様の行きたい学校に行かせることを戸惑ってしまうかもしれません。
また、二人目、三人目のお子様が生まれたときにも、資金的に余裕がうまれ、お子様に十分に教育をさせてあげることが可能になります。


学資保険と太陽光発電投資のメリット・デメリット

それでは、保険会社などで扱われている学資保険に比べた太陽光発電投資のメリットは何なのでしょうか?学資保険と太陽光発電投資のメリットとデメリットを見てまいりましょう。


学資保険と太陽光発電投資のメリット・デメリット表


  学資保険 太陽光発電投資
メリット  
  • 普通預金よりも金利が良い場合がほとんど
  • 税金の控除が受けられる
  • 強制的な貯蓄が可能
  • 死亡などの保障も付けられる
  • 子供の入学などのタイミングで入学祝い金・満期給付金として受け取れる
 
  • 元本割れリスクは極めて低い
  • 減価償却が終わり、利益が出だすと、教育費全額をまかなうのに十分な金額が収入となる
  • 固定価格買取制度により20年間安定した収入が保障される
  • 教育費全額まかなった後の余剰収入も十分にあり、学資以外の老後の生活対策にもなる
  • 中学生・高校生時の大きな出費にも対応できる
デメリット  
  • 学費の補助としての役割しかない(学費を全額まかなうことは不可能)
  • 中学生・高校生の時の塾や習い事など急な出費に対応できない
  • 途中解約での元本割れのリスク
  • 掛け金支払い期間の可処分所得の低下
  • 天災など災害のリスク
  • 機器の故障・劣化のリスク
  • 期間終了後に制度が変更してしまう可能性
  • 導入の初期費用が高く、減価償却まで時間を要する
  • 出力制御による発電量の低下リスク(地域による)
 

 

表で見比べてみますと、やはり保険商品の学資保険のデメリットとして特筆されるのは、標準的な学資保険は学費全額をまかなうように設計されていないことです。
基本的には主収入を基準に設計されており、社会全体のリスク(働けなるリスク)などに強いとは言い難い部分はあります。

太陽光発電投資は、初期投資額が大きく、費用償却までの期間は教育資金にあてられない、という期間はどうしても出てきますが、それは後に補えますし、ローリスクでミドルリターンの投資商品として、学資の保険としてマッチしています。

最も大きいメリットとして、教育費全額が大方まかなえる、ということと、教育費を全て払い終えた後にも収支余剰があり、他の用途や老後の蓄えとしても活用できる、というメリットが最も大きいでしょう。

 

教育費と太陽光発電投資収益のシミュレーション

それでは、教育費と太陽光発電投資収益との関係をシミュレーションしてみましょう。

下のPDFをご覧ください。

(クリックでPDFがダウンロードできます。※画面上は見にくいですがクリックすると拡大されます。)

 

この資料は、オリックス生命様のWEBページで試算した幼稚園から大学までのおおよその教育費をまとめたものです。

※注1 融資の利用や補償加入、システム内容により収益のシミュレーションは異なります。
※注2 金額は全て税抜き表記になります。

子供の教育費は幼稚園から大学までおおよそ1300万円

高校・大学共に私立学校に進学した場合ですと、幼稚園から大学まで一人のお子様を通わせるのに(学校の学費にも左右されますが)1300万ほどのお金がかかるというデータがあります。
二人目・三人目となりますと二倍・三倍と費用がかかってくることになります。
こういった出費に対処するためには、リスクの高い金融商品では不向きであることは言うまでもありません。


学資保険とはどんな商品?

そのために各保険会社では「学資保険」という商品を用意しています。この商品は貯蓄的な意味合いが強く、返戻率も高く低リスクなメジャーな商品です。
しかし、掛け金の105~110%の返戻率のものが多く、メジャーな使い方として、高校または大学進学の入試・入学金も含めた大きな出費の補助、という意味合いが強い、という側面があり、必ずしも学費を全体的にまかなう機能は持っていません。


実際どのぐらいの教育費がまかなえるの?


20年間の安定収入を政府が保証

収入upバナー

太陽光発電で作った電力は、電力会社に買い取ってもらい利益を得られます。
電力の買取価格と、20年間の買取という期間は国の制度で決まっており、これにより長期的な安定した収入が実現しています。

上記の表の太陽光投資の収益シミュレーション(※注1)を見ていただきますと、お子様が0歳児時の初期投資額1869万円(※注2)ほどで、年間発電収益263万円ほど(※注2)8年ほどで初期費用の償却ができる計算になり、お子様が小学校3年生から大学3年生(現役合格を想定)までは年間263万円ほどの資金準備ができることになります。
この金額は教育資金の大方全てをまかなえるくらい余裕のある金額です。
上記の静岡県浜松市のシミュレーションですと教育費総額を払った後の収支余剰は2091万円ほどになり、二人目のお子様の教育費も十分まかなえますし、二人目のお子様がいらっしゃらない場合にも、老後の蓄えとして御夫婦が安心して暮らせる十分な資産を形成することができます。


※注1 融資の利用や補償加入、システム内容により収益のシミュレーションは異なります。
※注2 金額は全て税抜き表記になります。

 

学資の準備には太陽光発電投資は最適です。当社の強み

太陽光発電所の設置場所に応じて精緻なシミュレーションが可能です

このように、育児・教育にかかる費用というのは、進学等を考えるといつ頃、いくらぐらい必要なのかというのが試算できますので、長期に渡って安定した収入が得られる太陽光発電はとても安心の投資方法です。

当社では、創業以来3000件ほどのお客様の太陽光発電所建設実績、立地条件や日照量データなどから発電のトラックレコードが蓄積されていますので、お客様の設置場所に応じて精緻なシミュレーションが可能です。お客様が安心してお子様の教育資金の資金を形成する最大限のバックアップをさせていただきます。複数業者との相見積もりも歓迎いたします。(提案内容には自信を持っています)お気軽にご相談くださいませ。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

一覧に戻る

無料相談・お見積り

担当直通ダイヤル 06-6343-7800お気軽にお問合せください。