太陽光発電で畜産農家のコスト問題解決!豚舎の電気代削減で年間400万円の利益創出

畜産農場・牧場で太陽光発電

畜産農家が抱える2大コスト

家畜の飼育に掛かるコスト

一般的な畜産農家では、飼料費・素畜費・獣医師料・労働費がコストの大部分を占めていますが、どのコストも家畜の健康に大きく関わるため容易にコストは削減はできません。

特に飼料は原料の相場価格が大きく値上がりすればコスト増大を受け入れる他なく、経営が傾く可能性もあります。

畜産設備に掛かる電力コスト

家畜の多くは暑さに弱く夏の猛暑は繁殖や生産量などに大きな影響を与えます。そのため、空調設備や換気扇が常時稼働している施設も多いでしょう。

また飼育する家畜によっては、浄化装置・ふん尿処理装置・搾乳装置・自動給餌機など電力を大量消費する設備を使用している畜舎もあり、このようなケースでは電気代のコストも馬鹿になりません。

畜産農家のコスト削減には電気代削減が有効

畜産農家のコスト削減のポイントは飼育に影響を与えない手段であり、削減効果が大きいものが好ましいと言えます。
そこで注目したいのが畜産施設への太陽光発電システムの導入です。

上記で説明した通り、空調設備や自動給餌機をはじめ浄化装置などさまざまな産業用機器を用いて飼育を行う畜産農家では、年間の電気代の負担が大きいです。

そのような畜産施設の屋根に太陽光パネルを取り付けることで、発電した電気を施設の消費電力として賄い、電気代を大幅に削減できます。

畜産農家での太陽光発電活用例

実際に、太陽光発電によってどの程度のコスト削減効果が見込まれるのか当社の事例を紹介します。

群馬県の養豚場では乾燥設備・浄化装置・換気用のファンなどで非常に多くの電力を消費しており、1ヶ月の電気代だけで約100万円程の負担額でした。

今回の事例では、敷地内の各4つの豚舎に太陽光発電システム(設備容量189kW)を導入したことで、下記の通り年間約400万円の電気代削減効果があり大幅なコスト削減に成功しています。

※ 電力削減量を想定発電量の95%想定としております。

畜産農家の経営課題解決!
太陽光発電の5つのメリット

手間をかけず安定したコスト削減に取り組める

太陽光発電は、発電した電気を使用することでコスト削減になるため畜産農家にとって余計な手間を掛けることもなく家畜へ悪影響を与えず経費削減に取り組めます。

太陽光を媒介として電力を得る仕組みであるため、天候によって発電効率に差がでるものの年間を通じて考えてみた場合、年度ごとの発電量に大差が生じるケースは稀であるため安定した電気代削減効果が見込まれます。

将来に備えて電力コスト上昇を軽減

電気代の負担増大の要因としてあげられるのが、毎年一定の負担額が増していく「再エネ賦課金」と原油・石炭など市場価格に応じて変動する「燃料費調整額」です。

これらは購入先である電力会社から電気代の一部に含まれて請求されるため、需要家が支払う電気代は常に上昇リスクを抱えています。
自社で導入した太陽光発電で電力を賄うことで、電力会社からの購入電力を削減することで間接的に再エネ賦課金と燃料調整費による電力コストの価格変動を抑えることができます。

遮熱効果による飼育環境の改善

畜舎の屋根裏の温度は、真夏の晴天時にはピークで65℃近くなるといわれており、家畜の熱射病などが問題視されています。

実は畜舎での太陽光発電では、飼育環境にとって大きなメリットがあります。

太陽光パネルを畜舎の屋根に設置することで、ピーク時の屋根裏温度を40℃近くまで抑えられたケースもございます。
さらに、太陽光パネル下の比較的涼しい空気を扇風機などで循環させれば、畜舎内の温度を3℃から5℃下げる効果があるといわれており、飼育動物が過ごしやすい環境を整えることができるでしょう。

一括償却など税制優遇の活用ができる

太陽光発電システムの導入では「生産性向上特別措置法」という税制優遇を利用できる場合があります。
これは、新設の施設を建築する際に300万円以上の太陽光発電設備を導入することで、施設に掛かる固定資産税を3年間2分の1の減免または3年間の免税になる制度です。

本制度は現在のところ、2023年3月末まで適用が認められているため施設の増設を検討している畜産農家にとっては非常に有効な節税手段となります。

CO2排出削減効果による企業価値向上

畜産業では、飼育動物の消化管に由来するメタンや、ふん尿処理の際に発生するメタン・一酸化炭素が、地球温暖化の原因の1つとして課題に挙げられる機会が増えています。

太陽光発電は火力発電と異なり、地球温暖化の原因とされるCO2をほとんど排出せず電気を作り出すことができるため、温暖化対策の推進としての取り組みとして評価されます。
直接的なコスト削減に繋がるわけではないですが、脱炭素社会への機運の高まりからも企業の対外的なPRとして活用できます。

畜舎への太陽光発電導入なら太陽光設置お任せ隊

コスト削減となると意外と目に付きにくいのが電気代だが、特に機械化が進んだ畜産施設の電気代の負担は大きいです。
太陽光設置お任せ隊では、養牛場・養豚場・養鶏場などさまざまな畜舎への太陽光発電導入の実績がございます。
太陽光発電の導入によって「どの程度の電気代を削減できるか」無料で試算いただけますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

どこよりも精密な無料シミュレーション
*

太陽光発電システムを導入することによって得られる、「年間の電気代削減額」や「回収年収」などの導入効果を無料でシミュレーションいたします。

【無料】シミュレーション
新型コロナウイルス感染予防対策について
新型コロナウイルス感染症に対するお客様とスタッフの安全を最優先に考え、担当者がお伺いの際は事前にPCR検査を行い陰性を確認の上、マスク着用および消毒を徹底しております。
PAGE TOP