節税対策

長く利益を生み出せる節税対策

*

法人の売り上げが上がれば上がる程、支払わなければいけない法人税も高くなります。節税対策として設備投資を考える際に重要なのは、今後の売り上げに貢献する適切な設備であるかです。

自家消費型太陽光発電にかかる導入費用は経費として計上でき、導入後は電気料金を下げる事ができるため今後30年間、経費削減として法人の財務体質の強化に貢献します。
太陽光発電の設備投資は、国も推進ししており、中小企業経営強化税制による【即時償却】【税額控除】の対象となります。

適用可能な税制優遇

中小企業経営強化税制

太陽光発電システムの導入では「中小企業経営強化税制」が利用できます。

一定の設備を新規に取得し、一定の事業で使用した場合に、即時償却または取得価額の10%(資本金3,000万円超~1億円以下の法人で7%)の税制控除のいずれかを適用することができる制度です。

基準(資本金・出資金) いずれかの場合に適用可能
償却 法人税の控除
3,000万円以下   100%即時償却   取得価額の10%税額控除
3,000万円超~1億円以下   100%即時償却   取得価額の7%税額控除

スマートフォン・タブレットの場合、横にスクロールしてご覧いただけます。

期間:2021年3月31日まで

100%即時償却した場合の節税効果の例(税引き前利益が2,000万円の企業の場合)

即時償却をする前後の節税効果例

中小企業投資促進税制

中小企業が対象設備(太陽光発電設備の場合は160万円以上、蓄電池含む)を新規取得した場合、取得価額の30%の特別償却または7%の税額控除を選択できる制度です。
こちらは、「中小企業等経営強化法」の認定がなくても活用できる税制です。

期間:2021年3月31日まで

生産性向上特別措置法

固定資産税が3年にわたって0円、または2分の1にまで減免される法案です。

商品の生産性、販売、または役務の提供の用に供する設備であって、生産性向上に資する指標が旧モデル比で年平均1%以上向上する設備への投資で、導入により労働生産性が3%以上向上するもの。

期間:2021年3月31日まで

対象者:中小企業法上の中小企業で、資本金1億円以下の法人、従業員数1000人以下の個人事業主

税制優遇の申請から取得まで
全てお任せください!

*

太陽光設置お任せ隊では、導入企業様の【経済メリット最大化】を目指した導入方法でご提案させて頂いております。

自家消費型太陽光発電の導入は、経済産業省・中小企業省・全国自治体が推進しており、各種補助金が活用できる場合がございます。

太陽光発電の補助金情報に精通したスタッフが、お客様に代わり補助金のご案内から申請代行・取得まで徹底サポート致します。

その他の導入メリット

  • 電気代削減 年々上がり続ける電気代の対策には太陽光発電の導入が効果的!
  • 災害対策 災害などで停電が起こった際に非常用電源として活用して頂けます。
PAGE TOP