電気代削減

年間電気代最大5割削減!

自家消費型太陽光発電で発電した電気を建物を利用することで電力会社から購入電力を削減します。

自家消費型太陽光発電による「電力削減効果」と新電力切り替えによる「使用電力単価の引き下げ」によって、年間最大5割(※)の電気代削減を実現しております。

※設備規模、天候条件などによって電気代の削減額は異なります。

業種別シミュレーション

自家消費発電の電気代削減シミュレーション 自家消費発電の電気代削減シミュレーション

※上記シミュレーションは2019年度の東京電力の料金設定をもとに計算しており、将来的な電気料金、燃料費調整額および再生可能エネルギー発電促進賦課金の変動を含めておりません。

※年間電気代削減額はシミュレーションであり削減額を保証するものではありません。

※回収年数経過後も別途維持費用が必要となる場合がございます。

電気代が上がり続ける理由

再エネ賦課金

再エネ賦課金は、電力会社から電気を買っているすべての国民が電気使用料金に上乗せされて負担しています。

太陽光発電、水力発電、風力発電といった再生可能エネルギーによって発電された電気は、国の制度により電力会社に売ることができ、電力会社が買い取る際の費用として再エネ賦課金が使われています。 要するに、国の再生可能エネルギーの普及目的のために我々国民が負担しているお金と言えます。

“FIT”(再生可能エネルギーの固定買取制度)による再エネ普及とともに賦課金単価は上昇し続け、今後も2030年まで上がり続けると予想されています。

再エネ賦課金の推移グラフ

原発廃炉費用の電気料金上乗せ

*

原発の廃炉費用の一部を、2020年以降に託送料金で回収するという方針が経済産業省より示されています。

託送料金とは、送配電ネットワークの使用料金です。
つまり、今後すべての電力利用者が原発廃炉費用の一部を負担するということになります。

福島第一原発対策費用は、すでに当初の計画から25.3倍の金額になっており、廃炉の長期化等により費用がかさめば、電気料金への転嫁もさらに大きくなっていくことが予想されています。

その他の導入メリット

  • 節税対策 優遇税制を利用して賢く経費削減しませんか?
  • 災害対策 災害などで停電が起こった際に非常用電源として活用して頂けます。
新型コロナウイルス感染予防対策について
新型コロナウイルス感染症に対するお客様とスタッフの安全を最優先に考え、担当者がお伺いの際は事前にPCR検査を行い陰性を確認の上、マスク着用および消毒を徹底しております。
PAGE TOP