導入メリット
電気代の削減

*
太陽光発電の導入で年間電気代50%削減※

太陽光発電により自社で発電した電気を使用することで、電力会社から購入する電気を削減し、現在よりも大幅に電気代を削減することができます。
また、同時に将来の電気代上昇リスクも低減することが可能です。

  • 電気代の削減率はシステム容量や設置場所、年間の天候によって異なります。

太陽光発電が 企業の電気代削減に効果的な理由

  • REASON.01
    *
    電気の購入を減らすことができる

    自社で発電した電気を使うことで、今まで電力会社に支払っていた電気代を削減することができます。

    また、電気を使用しない休業日などに発電された電気は電力会社へ売却し売電収益を得ることも可能です。

    • 経済産業省及び電力会社への申請が必要です。申請に必要な業務は当社がサポートいたしますのでご安心下さい。
  • REASON.02
    *
    電気代上昇リスクの回避になる

    電力会社から購入している電気には、「再エネ賦課金「消費税」が含まれています。
    これらは近年上昇傾向にあり、電気代が高くなっている要因でもあります。

    自社で発電した電気を使用することは、電気代上昇のリスクの低減にもつがなります。

  • REASON.03
    *
    断熱効果による空調負荷軽減

    屋根に設置した太陽光パネルの断熱効果によって施設内の温度上昇を抑え、空調設備の負荷を軽減し消費電力削減につながります。

    夏場で室内温度が最大5℃下がった事例もございます。

導入方法別の電気代削減シミュレーション

自家消費型太陽光発電の導入方法は大きく分けて、発電した電気を全て使用する「全量自家消費」と余った電気を売って売電収益を得る「余剰売電自家消費」があります。
太陽光設置お任せ隊では、お客様の電力使用状況に合わせ最適な導入方法をご提案いたします。

全量自家消費

年間の電気消費が多い場合、発電した電気を全て使用する「全量自家消費」が適しています。

全量自家消費の電気代削減シミュレーション
余剰売電自家消費

電気資料量が少ない場合、余った電気を売って売電収益を得られる「余剰売電自家消費」がオススメです

余剰売電自家消費の電気代削減シミュレーション

具体的にどれくらい削減できるのか?
回収年数は何年くらいか?

無料で算出いたします!

太陽光設置お任せ隊では、お客様ごとに太陽光発電の導入で「どれだけのメリットがでるのか」「導入に掛かる費用はいくらか」「回収年数は何年か」等を事前に無料で算出しご確認いただけます。

費用対効果がお客様のご希望に添えない場合は無理な提案はいたしませんので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

法人名
お名前
ふりがな
お電話番号
  • 半角数字でご入力ください。
メールアドレス
ご住所
郵便番号をご入力いただくと自動で住所が入力されます。
  • 半角数字でご入力ください。
お問い合わせ内容
以下から気になる項目をお選びください
  • 複数選択可能です。
備考
新型コロナウイルス感染予防対策について
新型コロナウイルス感染症に対するお客様とスタッフの安全を最優先に考え、担当者がお伺いの際は事前にPCR検査を行い陰性を確認の上、マスク着用および消毒を徹底しております。
PAGE TOP