災害対策

停電時の事業所停止を防ぐ

*

地震や台風など予測できない緊急事態が起こった際、企業が取るべき初動は、お客様・従業員等の安全確保が最優先に間違いありません。

自然災害の二次被害として多いのが停電です。事業所の停電によって電気が使えない時間が長期化する程、その間、事業所でのほぼ全て経済活動が停滞してしまいます。

このような緊急事態が起こった際に、事業への経済的損失を最小限にとどめるためには、中核となる事業の継続または、早期復旧のための社内システムとして注目されているのが【BCP対策】を目的とした自家消費型太陽光発電の導入です。

太陽光設置お任せ隊では、太陽光発電システムと蓄電池を同時に導入しても初期費用0円でご提案できるプランをご用意しております!

※動かせるシステムには限りがございます

災害時に停電することで企業が被る問題

災害によっておこる停電は、企業にさまざまな損失を与えます。停電によって起こりうる問題点を確認しましょう。

*

停電による生産設備停止に伴う影響

*

工場や店舗など事業所への電気供給がストップした際、多くの機器・システムが稼働停止する事で、事業所全体の生産ラインがストップします。例えば、製造工場であれば製品の生産・加工に必要なベルトコンベアやプレス機器などの設備も電源を必要とするため、停電時では使用する事ができなくなります。

生産量は計画的に決められているため、後の生産管理にも影響が出るだけでなく、商品クオリティーの低下や、出荷の遅延にもなれば消費者からの企業の信用低下にも繋がります。

*

停電による商品・サービスへの影響

*

特殊な空調設備を必要とする企業にも、停電によって深刻な経済的損失を被るケースがあります。特に冷凍を要する食品関連であれば、停電により冷房設備が停止する事で商品や食材は腐ってしまいます。

反対に低温だけでなく、一定以上の温度、湿度を保たなければいけない薬品や科学材料などの生産にも影響を受ける事になります。

また、生産に関わる設備以外にも空調設備や照明も使用する事ができなくなりますので、店舗によるサービス業等では、お客様へのサービス提供にも支障をきたします。

*

停電による営業活動への支障

*

オフィスなど停電時にデスクトップパソコンや電話が使用できなければ営業活動に支障が出ます。また、企業によっては、サーバーを構えている事業所であれば、突然のサーバーダウンによって顧客の大切なデータが破壊される場合もあります。

自家消費型太陽光発電で停電による問題を解決

停電対策には蓄電池との併用がお勧め
*

自家消費型太陽光発電を導入する事で、災害に伴う停電が起きた際、日中であれば、非常用電源として発電した電気を使用する事が出来ます。

また、蓄電池システムと併用する事で、日中だけではなく夜間にも電気を使用する事ができます。事業所の停電時のバックアップシステムとして最低限必要な機能を動かすことができるため、、事業継続・早期復旧を図る効果が期待できます。

※対応できる機器には制限がございます

「太陽光設置お任せ隊」では
蓄電池導入のご相談も可能です!

*

停電による事業停止の損害は、経済的損失だけではありません。顧客・取引先企業・従業員など企業に関わる全ての信用低下にも繋がります。
何故なら、自然災害は避けられないものではありますが、備えをすることは当然となりつつあるからです。
「緊急時の防止策を講じていないのは企業体制に問題がある」という評価を受けてしまうこともあるかもしれません。

太陽光設置お任せ隊では、多種多様な企業様の事業形態に合わせた、自家消費型太陽光発電と蓄電池による最善の停電・BCP対策をご提案させていただきます。

さらに当社では、自家消費型太陽光発電と蓄電池を同時に初期費用0円でご提案できるプランをご用意しております!
自家消費型太陽光発電によるBCP対策をお考えの法人様はお気軽にご相談ください。

その他の導入メリット

  • 電気代削減 年々上がり続ける電気代の対策には太陽光発電の導入が効果的!
  • 節税対策 優遇税制を利用して賢く経費削減しませんか?
PAGE TOP