太陽光設置お任せ隊

TOP >  土地が無くても太陽光発電所オーナーになれる

土地が無くても太陽光発電所オーナーになれる

土地がなくても太陽光発電所オーナーになれる

分譲太陽光発電所について

画像1太陽光発電を行うには、土地を持っていなければいけないと思われがちです。
太陽光発電にはパネルを並べる空間がいりますので、大きな規模で行うほどに広い土地が必要なのは事実です。

しかし、「分譲太陽光発電所」なら、土地を持っていなくても太陽光事業が始められます。更には一から自分の土地に設置をするより楽で、現行の電力買取価格より高い契約の発電所を得ることもできるのです。

電話番号
フォームお申し込みはこちらから>>>


分譲太陽光発電所のメリット

・土地が無くても始められる
・設備工事、設置手続きの手間が省ける
・現在の制度より高い電力買取価格で稼働できる


全ての設備がセッティング完了済み

画像1「分譲太陽光発電所」とは分譲マンションや分譲住宅と同じく、既に建てられた発電所設備を売買することです。

土地探しや設備設置までの手間がなくお手軽なところが魅力であり、また大きなメリットとして、過去の電力買取価格が高い契約のまま発電所を稼働できるので、より多くの利益を得ることができます。

ただ、土地も売買に含まれるのか、土地は賃貸契約になるのかは物件によりますのでご注意ください。土地も売買に含まれる場合は良いのですが、土地が賃貸契約になると契約期間終了後、発電所設備を撤収する必要があります。(※契約により不要の場合もあります)その費用は負担しなければなりませんのでご注意ください。


分譲物件はこちらのページよりお申込みください

中古・分譲太陽光
分譲太陽光発電所をお求めの場合は、お手数ですがお問合せいただきまして、ご案内をさせていただきます。

一覧に戻る