年金破綻・老後破産に備える太陽光発電投資

太陽光設置お任せ隊 TOP >   >  老後までに2000万円の貯金が必要!年金破綻に備える太陽光発電投資
年金破綻と太陽光発電投資

老後までに2000万円の貯金が必要!年金破綻に備える太陽光発電投資

高齢化社会がもたらす老後破産とは?

超高齢化社会となりつつある日本。「生活困窮高齢者」「老後破産」「年金破綻」というコトバが飛び交う現在、年金生活者には「年金受給額の減少」「消費税アップ」「上昇する介護保険」「医療費の負担増」など厳しい社会環境となりつつあり、65歳以上の16人に1人が老後破産の状態と言われています。

今後早いスピードで高齢化の問題は、さらに深刻化していくと言われております。また、また、2019年6月に2019年6月に公表された金融庁「金融審議会」でまとめられた報告書では、「少子高齢化」が深刻化する中、国民の年金給付額の水準が見直され、これからは年金だけでは老後資金を蓄えることが困難であり、年金だけに頼らず国民の自助を求めるという内容でした。

要するに今後、もられる年金が減額され、安心できる老後生活には「老後までに約2000万円の貯金を蓄える必要がある」と言われています。

最近、「老後破産」というコトバをニュースなどでよく目にすると思いませんか。自分は長年サラリーマンとして働いてきたからそれはないだろう、自分は事業をやってきてまじめに働いてきたからないだろうと思っている方が多いでしょう。でも、そういう人でも「老後破産」の危機に陥るケースが増えているのも事実なんです。

どんな人でも、生活スタイルや将来の見通しによっては老後の生活が苦しくなってしまう可能性があるのです。

その原因はなんでしょうか。

定年後には「夫婦で海外旅行をしたい」などと思ったりしますよね。しかし、退職金や預貯金があるからといって贅沢な暮らしを続けていけば、80歳までの生活費がなくなって「老後破産」の危機になります。

一般的には定年以降は現役時代より収入が減ります。定年後は、お金の使い道の優先順位をきちんと決め、老後を見据えて貯金をすることが必要といえます。でも、不安に怯えタンス預金をしておくだけが幸福な人生とは限りません。

生活のために消費できるお金があり、明日以降の不安が少ない状態がベストと言えるのではないでしょうか?
そのためには、無理のない範囲で投資を行うことを考えてみてもいいかもしれません。

当社でもご提案させていただいている太陽光発電投資では、ローリスクかつ、利回りも平均10%前後あり、専門知識も必要ありません。

固定買取価格制度という国が施行する政策によって20年間にわたり継続した収益を得る投資方法です。

今回は、日本の抱える少子高齢化問題による年金破綻と、最適な解決方法である太陽光発電投資を織り交ぜた記事となっております。将来の貯蓄や投資に興味がある方はぜひリスク回避の考えのひとつとして本記事をお読みください。

男女平均寿命

老後までの必要出費は約〇〇万円

年金給付額が低下し、高齢者人口の増加によって国の年金支給額が増大しています。「老後までに少なくとも2000万円の貯金が必要」と言われる中、では老後(65歳)までに一体どのくらいの出費がかかるのでしょうか?

30代後半での平均年収443万円に対して月々のお給料は約36万円そこから、所得税・住民税・社会保険・厚生年金など諸々引かれると実際の手取りは約28万円です。

そこからさらに生活費や車をお持ちの場合、月々のローン返済も支払うと月々貯金ができるのは5万円前後が限度ではないでしょうか?

仮に35歳から65歳まで毎月5万円の貯金を行った場合、1800万円となり、毎月必ず貯金できていれば、老後の心配は軽減されますが事故や病気、お葬式、転職など想定外のことが起こり大きな出費がかさむことだってあります。

さらに、晩婚化が進む中30代40代で結婚した場合、住宅ローンや養育費・親族の介護費用など必要な出費は雪だるま式にかさんできます。ある程度の収入を得ている夫婦が共働きで生計を立てていかなければ、結婚してゆとりのある老後生活を手に入れるのが難しいのが現状です。

太陽光発電2019年キャッシュフロー

老後には本当に2000万円も貯金が必要?

1970年代・80年代に定年退職した人の老後は約10年でした。1000万円の退職金があれば、毎月8万円使える計算になり、預貯金と合わせると老後に不安は感じなくてよかったのです。

それが現在は、平均的に65歳の男性で15年、女性は21年以上の老後を過ごすことになります。このことで毎月使えるお金は3万円前後になってしまいます。

このような長寿化時代には、老後のためにいったいどのくらいのお金が必要なのでしょうか?夫婦2人がゆとりある老後生活を送るための費用は月額約35万円といわれております。(生命保険文化センター「生活保障に関する調査」」

しかし、実際に受け取っている年金の月額18万円(女性は9万円)となっています。(平成29年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況)

つまり、ゆとりのある老後を送るには、毎月約17万円(女性の場合26万円)も足りないとう計算となります。

そこまでゆとりある生活を望まなくても、「月に数回、友人と映画を見る」「月に1回仲間とゴルフコースを周りたい」「健康維持のためのスポーツをしたい」「年に1回、夫婦で国内旅行に行きたい」というような、ささやかな楽しみのある暮らしはしたいですよね。

それでも年金生活夫婦の生活に必要な平均支出は月々約24万円(生命保険文化センター「生活保障に関する調査」」、老後の25年では合計7200万円もの支出になります。

それに対して、25年間でもらえる年金は夫婦で約8100万円。(今後も減額傾向にある)

しかし、この8100万円という計算は、あくまでも厚生年金を納めてきた夫婦の「今までの」老後であった場合です。

つまり、平均的な厚生年金を納めてきた現代の老後夫婦であっても使える余裕資金は多くても約900万円となります。これに「年金支給額減少」「消費税のアップ」「医療費」「介護費」等の今後のコスト増大を考えれば、ますます余裕資金が少なくなることは容易に想像できます。

世帯主が60歳以上で2人以上の無職である世帯(世帯員が2人以上)の家計をみると、実収入から非消費支出(税・社会保険料等)を差し引いた可処分所得約18万円に対して、消費支出は約24万円で、1ヵ月間に約6万円が不足しています。

また、60歳以上の単身無職世帯の家計をみると、可処分所得約10万円に対して、消費支出は約14万円で、約4万円が不足しています。

(生命保険文化センター)

ましてや、20年後30年後では、ますます年金給付額が減額され、年金をしっかり納めていても余裕資金なんてほとんど残らないということも考えられます。

仮に70歳まで働いたとしても、従来のままの賃金を受け取れるわけではありません。形式は定年後の再雇用といったものになり、賃金は大幅に少なくなるのが現状です。年金生活を送る高齢者にとって、社会環境は非常に厳しくなっています。

「消費税のアップ」は切り詰めた生活をしている高齢者には大きな痛手です。また、65歳以上が支払う「介護保険料」はけっして少ない金額ではなく、かなりの負担です。しかも、ヘルパーさんに行ってもらう介護サービスは、自己負担が当初は1割であったのが、2割、3割負担と上昇しています。さらに、高齢者には必要性が高い「医療費」も上昇しています。

通院時の医療費もそうですが、入院した場合には食事の料金が大幅に上がっています。その他、「国民健康保険料」や75歳以上が加入する「後期高齢者医療保険料」な<ど、高齢者にとっては長生きするほど生活が厳しくなるような状況です。

老後は毎月20万円以上家計から出て行く

老後破産リスク回避のための投資について

平均的な老後の資産状況

高齢者世帯の平均貯蓄残高は2000万円以上で、多くの高齢者が多額の金融資産を有しているというデータもあります。しかし、こういった富裕層の高齢者がいる一方で、「貯蓄がない」「存命中に貯金がなくなるおそれがある」高齢者世帯が増加しているのも事実です。

「家計の金融行動に関する世論調査」によると、金融資産を持たない世帯の割合(非保有率)は、2000年以降上昇し、60歳代、70歳代は20%台となっています。つまり、高齢者世帯の4世帯に1世帯が「金融資産なし」ということです。

総務省統計局の「全国消費実態調査」では、貯蓄残高が150万円未満の高齢者世帯は、2004年の4.7%から、2014年には7%に上昇しています。また、貯金があっても家計の赤字補てんに充当され、存命中に底をつくおそれがあります。

超低金利では預金利息は当てにできない

現在、日本は超低金利時代です。1990年代後半~2000年代前半の「失われた十年」といわれる不況克服策として超低金利政策が導入されました。日本銀行は1995年4月に公定歩合を年利1.75%から1.0%に、同年9月に0.5%に引き下げ、1999年3月には「ゼロ金利政策」として無担保コールレート(オーバーナイト物)をゼロ%に近い水準に引き下げました。

これらの金融政策は当然、私たちの暮らしにも影響します。年金生活者にとって大きいのは預貯金利息の低下です。高金利時代は預貯金利息による収入もかなりの支えとなりましたが、現在は全く期待できません。

現在の銀行の預金利息は6か月定期0.01%~0.02%が平均。つまり、100万円を預けても6か月後に受け取る利息は約5000円、月に830円です。家計の足しにはほとんどなりませんね。これは、「自力で将来に備えることが必要」ということになります。退職金に加えて「、iDeCo(個人型確定拠出年金))「積立NISA(少額投資非課税制度)」を活用したり、30代40代の間に副業ないしは、投資を行って、家計の不足分を確保し、将来の資産を備えることが求めらている時代なのです。

投資での不安と問題点

年金収入だけでは毎月家計が赤字になるため、なにかの投資をして補てんしたいと考える時、現実的にはなにをすれば良いのかわからず悩みますよね。

株式投資やFXなどはかなりの知識や経験がないと難しく、景気に左右され大幅に資産を減らすリスクがあります。

bitコインなどよくわからない。また、上手い儲け話は投資詐欺や振り込め詐欺のようで関わりたくないといった気持ちもありますよね。老後の家計を補てんするための投資では、極力リスクを避け、安全に、安定的に収入を得られる投資を行うことが第一です。そこで、今回は「太陽光発電投資」をご提案します。

老後に向けてリスク回避! 投資としての太陽光発電投資

そもそも、すでに家庭をお持ちの場合、投資に資金を回すなんてこと自体がリスクでしかない、と考えてしまいますよね。

では、マンション投資のように空室リスクなど無く、FXや株のように経済状況に左右されず知識も経験もいらない、保有し続けるだけで50歳・60歳の頃には手残りが約1000万円以上溜まる投資があると言えばどうでしょう?

それでは、いよいよここで老後のための、太陽光発電投資の話をしたいと思います。

散々と老後について不安を煽ってしまいましたが、30代40代の今のうちに太陽光発電投資をしておくことで大いに老後資金の助けになります。その理由をご説明いたします。

投資としての太陽光発電とは?

そもそも太陽光発電投資とは、太陽光パネルなどの太陽光発電システムを土地や屋根に設置して、発電した電気を電力会社に買い取ってもらい、売電による収益を得ることです。

発電した電気の売却価格は、国が定めた固定価格買取制度(FIT)によって20年間一定の価格で電力会社が電気を買取を行うと約束しているため、リスクが少なく安定して利益を得ることができます。

固定価格買取制度(FIT)施行された2012年以降、太陽光発電は大きく普及し、それに伴って2019年現在の設備投資の費用は当初の半分以下の価格となっています。

「太陽光投資は興味あるけど所有の土地がない」という人には、「土地付き太陽光発電投資」などもあります。「土地付き太陽光発電投資」は、土地と太陽光発電システムをセットで購入する投資方法で、分譲マンションと似た考えです。土地を所有していない人でもすぐに始めることができます。

また、「太陽光発電投資」のメリットとして、投資は初期費用が大半を占めるということです。

たとえば、不動産投資でアパートを建てた場合、入居者募集の広告費などが必要です。建物は年々古くなるので家賃は低下し、リフォームにも大きな費用が必要になったりしますし、空室リスクもあるでしょう。

予測できない要素が多いため、最初に想定していた収益よりも低くなってしまうケースも多いのです。

一方、太陽光発電投資では、最初に設置してしまえば「太陽」が存在する限り、あとはほとんど費用がかからず安定的に収入が得られます。もちろん、若干のメンテナンス費用は発生しますが、太陽光パネルは耐久性が高く、管理にもほとんど手間がかかりません。

発電効率維持のために定期点検や清掃は必要ですが、メンテナンスについては業者に依頼することもできます。こういった点から、太陽光発電はリスクの少ない投資として人気があるのです。

もともと太陽光投資についてご存知ある方であれば、「太陽光発電ビジネスなんて、もう下火じゃないの? 本当に今からしても投資効果があるの?」というお声を耳にします。どんな投資でもメリット、デメリットは付きものですが、太陽光発電は、アパート・マンション経営や駐車場経営など、他の土地活法と比べてみても、コストパフォーマンスに優れ、利回りの良い資産運用が投資家の方々から高い評価を受けています。

長い歴史で見れば電気の自由市場は始まったばかり。太陽光発電システムの技術も年々向上し、発電量が増やせる余地があることから、まだまだ魅力的な投資ビジネスとして注目を浴びています。

太陽光発電仕組み

太陽光発電投資は実際どのくらい儲かるの?

将来の資産を確保するための投資として「太陽光発電」が適している理由としては、先ほど述べた「FIT(固定価格買取制度)」による安定的な売電収入が得られることです。太陽光発電システムで発電した電気を電力会社に売電するわけですが、国がその価格を定め値下がり値上がりなどせず20年間ずっと、その価格で売電できるため、初期投資の回収やその後の収支バランスが計算しやすいという大きなメリットがあります。

さらに、現在では発電量を予測するシミュレーションソフトの発達により、さらに収支計算の確実性は上がっております。

FITによる買取価格は毎年見直され、2019年は10KW以上~500KW未満で14円(税抜)となっています。年々買取価格は低下していますが、その分、太陽光発電の普及によって設備の価格が低下していますので、利回りでみると実はほとんど変動がありません。

社会的な要因に左右されることなく、安定して長期間収入が得られるのは、老後の家計の赤字補てんとしては最適なのではないでしょうか。

初期投資と売電収入による収益のシミュレーション

実際に全額融資による太陽光投資を行なった場合、当社のデータによる初期投資費用と発電量、売電収入による20年間の収益シミュレーションは以下のようになります。

当社施行の太陽光発電システム一例(日照・地域・設備条件によって変動する場合がございます。)
地域:三重県 想定総発電量:113,000kWh 導入規模:105.3kW パネル:Qセルズ325kW324枚 fit価格:15.12円 金利2.15% 太陽光発電2019年キャッシュフロー2019年度太陽光発電投資 20年間収支シミュレーション画像をクリックするとPDFが開きます。

表のように、太陽光発電システム設置の初期費用は融資を利用しても約10年で回収となります。その後は、売電で得た収入がそのまま利益となります。固定買取期間満了の20年後には手残は約1350万円となります。

固定価格買取期間は20年ですが、売電自体は新電力などに引き続き買い取っていただけます。(ただし買取価格は変動)

「設備代で1000万以上!? 自分には無理だ!」と考えてしまいそうですが、実は太陽光発電投資では専用の融資(ソーラーローン)を利用することができます。全額融資を利用した場合、自己資金頭金0円から設備購入が可能であり、しかも融資の返済は月々の売電収益で十分賄える計算です。

つまり、実質の自己資金は0円で太陽光発電投資は行うことができるという意味です。

実際に当社での太陽光発電投資のお問い合わせの90%は融資を利用した太陽光発電投資を行いたいという方です。

また、審査基準はさまざまですが一般の会社員の場合、当社では年収350万円~もあれば融資を受けられたというケースは多くあります。

太陽光発電投資は法人のお客様も多いですが、実は個人で購入される方が圧倒的に多いのです。特に今は30代40代の会社員の方からの購入希望が殺到しております、その理由の1つは老後の蓄えです。

20年後、50代60代と定年退職が近づく中、その頃の年金給付は現代より減額されているのは明白。ですから、30代40代の間に資産形成を行なっておきたいと考えるビジネスパーソンは大勢いらっしゃいます。

マンション投資よりも安定した収益性と、知識・経験を必要としないハードルの低さ、太陽さえあれば国から発電した電気を買い取ってくれるというリスクの少なさから、太陽光投資の人気の高さの秘密です。

善は急げ! 投資としての太陽光発電は2019年がラストチャンス

ここまでメリットの大きい太陽光発電投資ですが、実は投資としての太陽光発電は今年が限界だと言われております。その理由は固定買取価格制度(FIT)の買取価格の減額です。

もともと年々減っている固定買取価格です、2019年では14円のところがさらに下がってしまうと、いかにシステム費用が下がってきたとはいえ、土地代や工事費用を考えると収支(利回り)は大きく減少します。

2019年では平均利回り10%前後ですが、来年の固定買取価格にもよりますが確実に10%を切り良くても6%〜8%が限界だと言われています。利回りをあげるには、基本的に企業努力と安い土地が必要ですが、そもそもそこまで安く土地の仕入れを行える業者もほとんどおりませんので、太陽光発電投資自体を行うことが難しくなってきます。

もちろん、自身の土地や屋根に設置する場合では収益はまだまだ見込めますがそれでも2019年を過ぎてしまうと、投資としてはほとんど旨味が無いと言えます。ですから、太陽光発電投資を行うには2019年が最後のチャンスであると言われているのです。

また、太陽光発電を行うのには経産省や電力会社などへの申請手続きを行いFIT認定を取得する必要があります。2019年のFIT申請締め切りは2019年12月20日までなので、今年中に太陽光発電投資を行いたいと考える方は遅くとも9月〜10月までには決断しておいた方が良いでしょう。

太陽光設置お任せ隊は利回りを重視し、結果の残る太陽光投資を提案いたします

太陽光発電投資で一番大切なのは「業者選び」といわれております、太陽光発電に興味がある方ならすでに目にしているかもしれませんが、「太陽光発電」とネット検索してみるとあらゆるサイトが太陽光投資物件(太陽光発電所)の分譲販売をおこなっております。

販売価格や利回り表記など分譲マンションのように掲載されており、物件選びももちろん大切ですが太陽光発電所の耐久性・性能は施工業者の腕が全てです。そのため、価格や利回りのみならず業者の実績やノウハウ、経験を重視するという方がほとんどです。

また、太陽光発電所の建設には申請業務などがあり、業者とやりとりする機会が多いため相性の悪い担当者に当たってしまった場合「連絡が遅い」「知識が浅い」などの理由で業者を変更したいという声はすくなくありません、契約前であるならそれも可能ですがすでに契約してしまっていたら業者の選びなおしは困難です。

なので、業者選びは最重要です。

ですが、ネットだけで調べていても表向き判断するのが非常に難しいため実際に数社電話してみて決めてみることを推奨いたします。

当サイト、「太陽光設置お任せ隊」は株式会社ハウスプロデュース(創業24年)が運用しております。太陽光発電のみでなく、不動産業、建築業、屋根の修理から店舗リフォーム、公共事業まであらゆる業務を承っております。

当社では、年間平均約300件以上の太陽光発電所を建設・販売を行なっております。多数実績に囚われず常に、利回りを高めるための企業努力を惜しみません。

例えばパネル過積載といういわれる太陽光発電所の発電量を底上げする技術開発・施主様と太陽光用地のマッチングサービス(業界初)などを行い太陽光発電投資で「どこの他社にも真似の出来ない」高い実利回りを出せるための仕組みづくりを行なっております。

クオリティーの高い設備施工はもちろん、コストを抑えて品質の高い部材発注、土地の仕入れ・開発・紹介まで一気通貫で行なっております。 また、当社では事業主様のリスク回避として各種補償も取り揃えております。

以上、高齢者の年金生活の現状や老後破産のリスク、老後投資としての太陽光発電についてご説明しました。高齢者の人にとって、投資は詐欺などの不安な面もあると思いますが、所有の土地や放置山林などがある場合には、老後の安定した収益確保のために、リスクの少ない太陽光発電投資を検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光設置お任せ隊では、綿密なヒアリングのもと最適な太陽光発電投資をお考えのお客様は一度当社へお問い合わせください。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


参照ページ
必須 お問い合わせ内容
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 個人・法人
必須 郵便番号(半角)
必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号(半角)
必須 メールアドレス
連絡ご希望時間帯

※ご連絡可能な時間帯のご指定がありましたら、ご記入ください。

ご相談の詳細

※詳細なご相談内容がございましたら、自由にご記入ください。


一覧に戻る

無料相談・お見積り

担当直通ダイヤル 06-6343-7800お気軽にお問合せください。