話題の年金破綻の問題は太陽光発電投資で賄えるのか?

太陽光設置お任せ隊 TOP >   >  話題の年金破綻の問題は太陽光発電投資で賄えるのか?
サラリーマンの年金対策のための太陽光投資

話題の年金破綻の問題は太陽光発電投資で賄えるのか?

年金対策ための太陽光発電投資

年金は破綻するのかしないのか。年金だけで本当に暮らしていけるのか、それとも足りないのでしょうか。

「2000万円が足りない」という政府の発言が、大きな波紋を呼んでいます。

特に20~30代の若い方たちにとっては、将来の不安をあおるようなニュースが飛び、物価だって上がっていくでしょうし、40年先の話がどうなるかなんて実際のところ誰にもわかりません。

そんな状況の中で若い世代がすべきことは、「年金額不足問題は必ず起こる」という前提で対応策を考えておくことです。

決してマイナス思考ではありません。日本人にありがちな「あるはずがない」「あってはいけない」「あるべきではない」などの先入観は、実際にことが起きたときに対処できなくなり、後手後手の「対処法」でしか対応できなくなる危険性があります。

しかし、自身の将来を考えしっかりと対応策を検討しておけば、よからぬことが起こる兆候が見えたら、すぐに対処できる。実際に良からぬことが起きても、慌てずに対処できるようになります。

この記事では実際にどうしたらいいのかということを、「太陽光発電の売電収入をじぶん年金にするための投資原資を生む最初のステップ」という視点で、数多くの大規模開発を経験してきた宅建士が少し違った目線でお伝えしていきたいと思います。

自分が年金受給年齢に達したときに、本当に年金だけで食べていけるのだろうか、という不安や、年金そのものが存続するのだろうか、といった心配をお持ちの若い世代の方たちの心配解消につながるヒントや情報を満載していますので、最後までお読みいただけば、きっと不安は解消されると思います。

現状の年金問題

少子高齢化に伴う年金受給額の減額が指摘され始めてからずいぶん経ちますが、ここへきて政府は、国民に年金以外の収入源が得られるような直接的な政策、定年年齢を上げる試みなどの間接的な政策、など、年金負担を少しでも抑えようと躍起になっています。

少子高齢化による年金減額 老後には約2000万円が足りない「もう国や会社に人生の面倒を見てもらう時代は終わった」と認めてしまった方が得策です。

年齢や生活エリアによって差はあるでしょうが、平均2000万円足りなくなるという指摘は目安としてキリの良い数字です。

「自分で自分の人生を考えてみるいい機会」だと割り切ってじっくり考えてみることから始めましょう。2000万円という額を基準にして、自分に必要な金額について考えてみるきっかけにします。

そして、2000万円という金額が「将来確実に必要な最低限の金額であると認識して」対策を講じていくのです。

年金対策での投資

ちょっと極端な言い方ですが、政府は「老後の生活費は自分で稼いで欲しい」、という意味で投資を勧めているのでしょうが、急にそんなこと言われてもすぐにはできません。

知識も経験もなく投資の世界に飛び込めば間違いなく元手は減ります。ビギナーズラック的に一瞬儲かることもあるかもしれませんが、「自分の年金受給額だけでは間違いなく老後は暮らしていけない」という前提で対策を考えていくのですから、安定的かつ現実的でなければ意味がありません。

日本の企業は年齢がいくとなかなか採用してくれません。それが現実です。なので、年金を自身の労働でカバーしようとするのは、一般的には無理があります。そうすると、何かに投資して「お金に働いてもらってカバーしてもらう」ことしかない、という考えにいたります。

年金対策で投資を促す政府の動き

401kに始まりiDeCoなど金融投資に関連する対策は、国民自身で老後のケアができるように意識改革を試みているともとれます。今後の方向性は「直接的な対策より、制度的な対策を増やしていく」という姿勢が明確になってきました。

働き方改革は労働者保護が大義ですが、年金対策という側面も見えてしまいます。実際企業側も「終身雇用ギブアップ宣言」をし、副業を認める企業もでてきましたが、これも年金対策の一環だと見ることができます。

投資は補助や助成ではないのですから、多かれ少なかれリスクを背負わなければならないことは間違いのないことです。政府はこのリスクを政策で軽減はしてくれるでしょうけれども、直接的に保護はしてくれません。

自分でどれだけリスクを把握して老後のためにどのような投資を行えば良いか、この見極めも大事です。その上で、そのリスクを負って投資していく覚悟も必要となります。

太陽光発電投資とは?

2009年に余剰電力の買取制度で一般的になり始めた太陽光発電が本格的に投資対象としてみられるようになったのは、2012年に施行された通称「FIT法」で、再生可能エネルギーの普及と発電システムコストの低減を主な目的にしています。

発電した電気は電力会社が20年間に決まった単価で買い取ってくれることを法律で保証しているので、国債よりも低リスクで利回りよく運用できるのが特徴です。

簡単にいうと「産業用は発電した全量を20年間固定価格で買い取る」というルールで、産業用の低圧規格(発電出力が50kW未満の発電設備)だと1000~2000万円の投資で年間9%~12%程度の利回りが平均的です。

太陽光発電案件はあらかじめメンテナンス費や保険料、借入金利など20年必要な経費をすべてを含めて試算するため、資金計画が立てやすいというメリットがあります。

固定買取期間中は、法律で買取価格が保証されるので、国債より安全で高利回りだということで、海外のファンドや年金基金も投資対象にしています。

発電した電気を固定価格で買い取ってくれることが法律で20年間保証されているのが最大の強みです。

特に大きなアドバンテージとして、融資を受けることができるということが上げられます。

海外の太陽光発電システムメーカーや、投資家、ファンドなどがこぞって参戦していることや、安定的な運用が最重要課題の年金基金も参戦するなど、投資先として超優良なことの証となっています。

注目すべきは、ほかの投資と違って機関投資家が参入したからと言って、売電価格も売電量も変動することがない、ということです。そういう意味でも小さな資本家が安心して参入できる投資対象であると言えるのです。

不動産投資と太陽光発電投資の違い

空室リスク、募集コスト、室内修繕コスト、設備コスト、建物改修コスト、家賃滞納リスク、家賃回収コスト、管理費、付加価値コストなど多くのリスクやランニングコストを心配しなければならないマンション投資などの不動産投資と違い、太陽光発電投資にはそのようなリスクはほとんどありません。

定期的なメンテナンスコストや修繕コストは想定して、あらかじめ収支のシミュレーションすることができ、想定外の事故や故障については、メーカー保証や施工保証、損害保険などで、ほとんどのリスクを吸収できる選択肢が用意されていますので、安心して運用できます。

対人間というマンション経営とは異なり、空室リスクや経済にも左右されるリスクも無いというのは大きなメリットです。また金融投資のように自己資金からマイナスになることもありませんし、動産保険や災害保険に加入するなどの対策を講じておけば資産価値がゼロになることも考えられません。

太陽光発電投資は実際にどう年金に絡むのか

投資には大きく分けて金融投資と物的投資があります。これらの投資が将来の年金にどう絡んでいくのか?まずは物的投資の中でも、安定性が高いと言われている太陽光発電投資をどう年金に活かしていったらいいかを考えていきましょう。

実は、年金問題と太陽光発電投資を直接結びつけるには無理な部分があるのです。いきなり矛盾していることを言っているかもしれませんが、最後まで読んでいただくとよく理解していただけると思います。

現時点では年金受給は65歳からで、太陽光発電の売電期間は最長20年です。仮に、30代から太陽光発電を始めたとしてもFIT期間満了(20年)後はまだ50代です。売電収入をまるまる貯金しておけば十分な老後資金となりますが、「直接的に太陽光発電投資を年金代わりにする」という考え方ではなく。

まだ先の話だからこそ今から手を打っておくここで少し考え方を変えて、「売電収入は年金の不足分を充当するための投資原資を生む手段」という考え方にパラダイムシフト(固定概念や価値観の転換)することをおすすめしたいのです。

まずは比較的簡単な太陽光発電投資から始めて、幅を広げていき、「年金受給の年頃になったら、それまでの投資と知見で食べていけるような土台を創っていきましょう」という流れです。

今からできる年金対策の第一歩を太陽光発電投資で始めましょう、ということです。

なぜ太陽光投資は「今」するべきなのか?

FITによる太陽光発電投資は2011年から始まり、2019年が大きな過渡期を迎えております。

20年間の売電収益を得られるなら40代や50代になってから初めても遅く無いと考えてしまう方も多いのですが、実は太陽光発電投資の最大のメリットである「20年間に渡り固定価格で電気を売却できる」つまり、FIT制度の2020年以降には制度の抜本的な見直しが経済産業省にて検討される予定です。

これによって太陽光発電での電気の買取価格やルールに大きな変更加えられる可能性が高いのです。

※既に、売電権利を得ている案件に関しては従来通りFIT制度が適応される予定です。

しかし、2020年まで時間がない一方で、導入にかかるコストが2011〜2019年にかけて、約75%の減少しているなど、良いニュースもあります。

導入コストが「ほぼ底値」と言われている中で、固定価格での売電を行うことができれば初期費用を8~10年で回収することができ、残りの10~12年は売電収益をまるまる収入にすることができます。

そもそも絶対数が多くはないこともあって、既に売電権利を得ている案件についてはプレミアがついていている状態なので、太陽光発電所の購入は「早い者勝ち状態」になっています。

年金対策1 まずは売電収入で体力をつけていく

金融投資のために投資原資を貸してくれる金融機関はありませんが、太陽光発電投資ならあるです。

そして、FIT期間の20年間資金を貯めていくのです。ただし、せっかくの売電収益を消費に使ってはいけません。

売電収益は次の投資のための投資原資です。この原資を増やしていくのです。収益の一部を生命保険に再投資して補償を受けながら、蓄財していきどこかのタイミングでほかの金融投資などに切り替えていくのもいいでしょう。

年金対策2 年金受給までに土台を創る

年金受給までにじぶん年金を確立するために、売電期間の20年を利用して、投資に対する知見と資金を増やすことを考えます。

先ほども触れましたが、太陽光発電案件は、表面利回りを10%前後が多いです。仮に利回り10%とすると、10年で投資額と同額、20年で投資額の倍額、になる想定ができますので、太陽光発電システムの初期投資は計算上、売電収入によって10年ほどで回収できる、ということになります。

そのような太陽光発電投資だけが持つ優位性を利用して、着実に投資に対する知識と経験値を収得して、将来の年金受給に備えるのです。

老後の安定は自分でつくる方法論

何かひとつの投資で短期的に老後の生活費を確保する、というのはリスクもあり現実的ではありません。老後に焦点を合わすのなら、着実に長期間、安定的な収入が得られることを考えなければなりません。

そのためには、まず安全度の高い低圧の太陽光発電に投資し、売電収入で得た利益の一部を生命保険で補償を受けながら運用し、残金で少額投資をしながら投資の勉強をしていくというスタイルをしばらく続けます。そして、ご自身の投資スキルの向上を待つのです。

最初の一歩は太陽光発電投資から始める

銀行から借り入れを起こすにしても、全額自己資金で購入するにしても、投資の回収は売電収入で賄えてしまいます。

太陽光発電投資で収益を得るという考え方ももちろん間違っていませんが、年金カバーにつなげるために長期的な視線で見るなら、投資の第一歩である太陽光発電システムをタダで手に入れらるという考え方に立ってみると違った景色が見えてくるかもしれません。

老後の安心を築くなら、何より安定性が求められますので、ギャンブル性の高い投資は避けるべきです。まずは安定性のある太陽光発電投資から始めて「わらしべ長者」的に資産を増やしていき、徐々に投資の幅を広げていくための足がかりにすべきです。

太陽光設置お任せ隊は、太陽光発電案件を絶対の自身をもってご提案いたします。

太陽光発電の他にも年金をカバーできる投資商品はたくさんあります。太陽光発電と同じ物的投資である不動産投資や貴金属などのほかに、株式投資やFX、仮想通貨などの金融投資もあります。

しかし、それらの投資商品にはリスクがどの程度あるのか、年金カバー性はどの程度なのか、太陽光発電投資のように専門家任せで大丈夫なのか、どの程度の予備知識を身につけておくべきか、ギャンブル性が高いのではないかなど様々な疑問点はあると思います。

不確定要素が多い投資の中で、太陽光発電はリスクが少なく(ある意味政府の補償付きの投資)投資額からマイナスになることはありません。高度な専門知識も不要で、ランニングコストはO&Mに集約され、自治体によっては助成金の給付もあります。

想定されるリスクが少なく、確度の高いシミュレーションがたてられるため、購入前から収支が読めるので安全な資産運用に適しているといえます。

ただし、お手軽な分、事業の成功に最も重要なポイントは「業者選び」に尽きると言っても過言ではないでしょう。もし業者選びに迷っていましたら、太陽光発電の老舗である当社にご相談いただければ間違いのないアドバイスができます。

また他社にはマネのできない、高利回りで安心できる仕組みづくりを徹底しております。この記事を読んでいただき太陽光発電投資に少しでもご興味が湧きましたら一度当社にお問い合わせください。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


参照ページ
必須 個人・法人 個人法人
必須 お問い合わせ内容
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 郵便番号(半角)
必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号(半角)
必須 メールアドレス
連絡ご希望時間帯

※ご連絡可能な時間帯のご指定がありましたら、ご記入ください。

ご相談の詳細

※詳細なご相談内容がございましたら、自由にご記入ください。


一覧に戻る

無料相談・お見積り

担当直通ダイヤル 06-6343-7800お気軽にお問合せください。