コラム

太陽光発電投資の成功の鍵はメリット・デメリットへの理解と対策

太陽光発電投資のメリットデメリット

太陽光発電のFIT (固定価格買取制度)が始まった2012年以降、普及が拡大して多くの人に認識されるようになりました。

再生可能エネルギーと言われる太陽光発電は、一般的に環境に良いイメージがあると思いますが、太陽光発電には投資という側面もあります。副業として「投資の面から太陽光発電を知った」という方もいます。そんな太陽光発電投資には、メリットもあればデメリットもあります。

今回は、投資目的で太陽光発電を購入する前に知っておきたいメリットやデメリットを包み隠さずご紹介していきます。

【当社の施工を動画でご紹介いただきました。投稿者様の許可済みの上、掲載させていただきます。】

太陽光発電投資で収益を得る仕組みは?

太陽光発電は、土地や屋根に太陽光パネルやパワーコンディショナなどの太陽光発電システムを設置し、太陽光エネルギーを変換して電力を作り出します。

そこで作られた電気を、契約する電力会社に買い取ってもらうことで売電収益を得るという仕組みです。太陽光発電投資の場合、この売電収益が儲けとなります。

太陽光発電投資の仕組み

土地を所有していない場合でも太陽光発電投資を行う事が可能です、土地付き(分譲型)太陽光発電というものがあり、土地と発電設備をセットにした販売があります。

●分譲太陽光発電投資の20年後の手残りイメージ
初期投資額(土地費用込) 13,250,000円
年間発電量(a) シミュレーションで算出 87,173kW
年間売電金額(b) (a)×15.12円(売電単価) 1,318,056円
20年間売電額(c) (b)×20年(売電期間) 26,361,115円
累計収支 (c)-初期投資額 13,111,115円

累計収支から「ランニングコスト(維持費用)」を差し引いても、数百万円のプラス収支が見込めます。上記は一例ですが、太陽光発電は適切に運用すれば、このように大きな収益に繋がる投資だと言えます。

昨今の年金受給問題を見越して、20代~40代から投資を始めて、将来の年金の代わりとして考える方もいらっしゃいます。

他の投資に比べて安定性がある太陽光発電投資ですが、メリットがある一方でデメリットがあるのも事実です。

しかし、それぞれのデメリットに対する対策法があり、そちらも併せてご紹介しますので、太陽光発電を導入する上での参考にしてください。

⇒太陽光設置お任せ隊の分譲太陽光発電の特徴

太陽光発電投資のメリットは?

まずは、太陽光発電投資のメリットについてご紹介していきます。

メリット1.FITによるローリスク投資

太陽光発電の1番のメリットは、FIT (固定買取価格制度)が利用できる点です。太陽光発電の場合、発電された電気は20年間一定の価格で国が買い取ることが保証されています。(10kW未満の住宅用太陽光発電の買取期間:10年)

そのため、運用を始めてから20年の間は、電力の買取価格が変動することがありません。

例えば、不動産投資では入居者がいなければ家賃収入が入ってこないという空室リスクがありますが、太陽光発電投資ではそういった心配はありません。

メリット2.表面利回り8~10%

自身の土地に太陽光発電設備を設置した場合の表面利回りは10%前後と言われております。土地付き太陽光発電物件の場合、表面利回りは8%〜10%が平均的です。

マンションによる不動産投資の平均表面利回り5%前後と比較してみても、利回りの高さはやはり大きなメリットです。(※表面利回りは販売価格・土地条件・パネル変換効率など、あらゆる要因で異なります。)

また、固定価格買取制度(FIT)による電気の買取価格低下を心配される方もおられますが、太陽光発電の導入にかかる設備費用が制度開始当時と比べ安価になっているため、表面利回り自体は以前も今も10%と変わっておりません。

今回は単純な表面利回り計算になりますが、気をつけていただきたいのは、表面利回り表記だけで判断してしまうのは危険だという事です。
表面利回り表記の水増しをされてしまい「想定より収益が少ない」という被害に遭われる方も少なくありません。
電力負担金は含まれているのか?必要な商品は全て揃っているのか?シミュレーションの正確さは?といった根拠が含まれた利回りなのかを業者に必ず確認することをおすすめします。

メリット3.運用経費のシミュレーションがしやすい

空室リスクのあるマンション経営等の不動産投資と比べて、太陽光発電投資の場合、運用経費(ランニングコスト)が事前にある程度明確にすることができるため、収支の予測が立てやすく、維持費も安価です。

太陽光発電投資でのランニングコストは大きく分けると、土地に対する固定資産税と、維持管理のためのメンテナンス費用です。

修繕となると、お金がかかるイメージがありますが、設備のメンテナンスは、故障してしまわないためのリスク対策です。メンテナンスは月額3万円前後で専門業者に外部委託することも可能です。

また、発電所の建設を行う土地は、山林や農地、雑種地など郊外の土地で、日照条件が良ければ土地周辺が栄えている必要がありません。マンションやアパートなどの宅地と比べても固定資産税が安い土地であることが多いです。

業界ではメンテナンスのことをO&M (オペーレーションメンテナンス)と呼びます。 O&Mの相場は月間3~5万円で請け負ってくれる会社が多いです。

発電所の施工・販売とO&Mをセットにしてサービスをしている会社もあります。太陽光設置お任せ隊におきましては、月額5000円〜でO&Mを行わせていただいております。

メリット4.低金利なソーラーローンの利用も可能

太陽光発電投資でハードルになることは初期投資額ですが、専用の融資を受ける事が出来ます。発電所の設備は、規模にもよりますが一般的に1000万円以上が相場です。

しかし、購入する際には専用融資である「ソーラーローン」が用意されおり、条件が合えば自己資金0円(フルローン)で発電設備を購入することも可能です。もちろん、銀行や公庫から融資を受けることも可能です。

信販会社によっては、条件次第で発電所の土地を担保にできたり、売電収益を担保にしたりできるため、融資を受ける敷居は低いと言えます。ソーラーローンの場合、金利は2~2.5%が一般的です。当社ではさらに金利を抑えたソーラーローンもご案内しております。

融資の返済は月々の売電収入で賄えることがほとんどです。ですが、借入額・金利・売電収入のバランスを業者としっかり確認しておくことが大切です。

⇒ローンの基本と応用編!融資審査で重要視されるポイントとは?

メリット5.節税制度が個人事業・中小企業で使える

節税制度も利用できる場合があります。

産業用(10kW以上)の節税制度〈2020年1月現在〉

・生産性向上特別措置法 【※2020年度末まで】

「生産性向上特別措置法」は、新規で取得した設備投資について、中小企業が自治体に認定されれば、固定資産税が0円(最大で3年間)になるという制度です。自治体によって措置内容が違うので、発電所のある自治体に問い合わせておくと良さそうです。

制度の対象となるには、青色申告をしている事が条件になります。こういった制度を利用する為に、税金の知識は重要になりますが、手間や勉強する時間を考えると、税理士に代理を頼むのも良いでしょう。

太陽光発電投資のデメリットは?

デメリット1.出力抑制対象エリアがある

電力会社は、電力の供給過多による都市全体レベルでの大停電を引き起こさないために、電力管内エリアの太陽光発電所から送られてくる電気を抑制する場合があります。これを「出力抑制」といいます。

この出力抑制が実施される時間内は、電力会社への「売電」がストップし、得られる売電収益に直結する問題となってしまいます。

出力抑制への対策

現在では、出力抑制に対する保証を用意している会社もありますので、保証に加入しておくことでリスクを抑えることができます。

当社においても免責時間ゼロのお得な出力抑制保証をご用意しております。(※当社で取り扱う施工案件にのみ適応可能)

出力抑制は出力制御とも呼ばれます。どちらも同じ意味として使われることが多いです。
また、出力抑制実施エリアでの太陽光発電の設置には、出力制御対応のパワーコンディショナを設置する必要があります。

関連記事::出力制御について詳しくはこちら

デメリット2.土地条件によって想定外の費用も

太陽光発電の設置費用には、設備以外にかかる費用があります。

送電網と発電所をつなぐために必要になる電力負担金(50万円〜150万円)のほか、農地に設置する場合では、農地転用が必要となりますので、農地転用費用(10万円〜30万円)かかります。

その他、砕石や伐採が必要な場合には造成費用や、草が伸びやすい場所では防草対策(30〜50万円)も必要となります。こういった費用はあらかじめ把握しておく必要があります。

土地条件によっては想定以上の出費となり、利回りが減少してしまうリスクがあります。

想定外の費用を抑えるための対策法

設備以外の初期費用は、土地条件によって変わりますので、複数の土地を比較して費用を抑えられる場所を選ぶことをおすすめします。

また、払うべき費用と抑える費用のバランスを考えることが大事になってきます。例えば、草が伸びやすい土地では、防草シートで対策する事をおすすめします。

年に数回草刈りを行う事で、お金をかけずに対策することもできますが、何度も発電所に足を運ぶ労力と、刈った草の処分費用を考えると、多少費用がかかったとしても、シートの方が結果的に費用を抑えられるケースがあります。

関連記事:太陽光発電の費用と見積もりの考え方

デメリット3.FIT終了後にどうするか

FIT(固定価格買取制度)とは、「再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が固定価格で買い取る」という、国が進める制度です。

10kW以上の太陽光発電の場合、20年間一定の価格で買い取ることが保証されています。(10kW未満の住宅用太陽光発電の買取期間:10年)

では、20年後の太陽光発電所はどうなるのか?という疑問に対して、現在のところ明確な回答はまだありません。なぜなら、FIT制度が2012年に施行されて以来、20年間の買取期間が終了した太陽光発電所の事例がないからです。

セカンダリー(中古)市場も視野に

FIT終了後、投資家の主な選択肢は大きく2つになると予測されます。

一つは卒FIT後の売電先を開拓する事、もう一つは中古の太陽光発電所として販売する事です。

FITが終了する20年後でも、売電先を開拓して引き続き売電収入を得るというのが一つの選択肢です

「電力の自由化」によって一般企業の電力取引が解禁され、複数の企業が参入しています。これらの企業を「新電力」といいます。FITの買取期間が終了した後でも、電力会社や新電力と契約する事で売電が続けられる可能性が高いです。

懸念点としては、FIT終了後に改めて電力会社や新電力と売電契約をする場合は、売電単価が低くなるであろう事です。2020年度時点では、FIT終了後の売電価格は8~10円/kWhが一般的です。

中古市場に流す場合は、発電所全体を売却するため、発電実績や機器の管理状況が買い取り額に影響します。

将来売りに出すという判断をする可能性をふまえると、条件の良い土地探しや設置後のメンテナンスを行う事が大事です。

関連記事:FIT終了後の太陽光発電市場を考察

デメリット4.天候や災害が収益に関わる

太陽光発電投資のデメリットの一つとして、天候の影響を受ける可能性があります。具体的には以下の二点があります。

・日々の発電量がコントロールできない
・災害による破損や賠償の可能性

太陽光発電を設置する土地の日照時間は予測できても、天候までは人の手で予測できません。太陽光発電がベストパフォーマンスを発揮するのは、気候の条件がそろった状況に限定されます。

また、太陽光発電が天災の被害を受ける可能性があります。水に濡れるだけならともかく、浸水すれば破損してしまいます。

台風で飛ばされた設備が近隣に被害を与えてしまえば、賠償責任に問われかねません。補償が無ければ、シミュレーションが大きく狂ってしまいます。

パネルの過積載で悪天候の日も発電量を底上げ

日々の発電量を上げるために、早朝や夕方、曇りの日でも十分な発電量を確保できるよう設計する方法があります。その方法が「過積載」です。

過積載は、パワーコンディショナの出力を大幅に上回るように、太陽光パネルを増設する設計です。この方法で、日照が弱い時間帯でも発電量を稼げるようになります。

また、天気の悪い日が続けば、売電収益が不安になるかもしれませんが、年間トータルで見れば収益に大きな影響はありませんのでご安心下さい。

関連記事:過積載とは?

災害被害に対しては、補償で全額補償

「自然災害補償制度」では、火災・爆発・落雷・風災・水災・外部からの衝突・雪災・盗難による事故に対して補償を行ってくれます。補償限度額は、システムの購入額です。

仮に災害によって全ての設備が破損しても、最大で全額補償が受けられるのです。(例外あり)

破損した太陽光設備で周囲に被害を与えた場合の保険は、賠償責任保険というものがあります。

デメリット5.業者とのトラブルリスク

太陽光発電投資で一番難しいのは、業者の選定かもしれません。

太陽光発電はFITによって急速に市場を広げてきた分野であるため、ノウハウや施工力はもちろん、実績の無い業者や、アフターフォローの弱い業者の場合、後からトラブルになるケースがあります。実際に当社でもそういったご相談も多いです。

太陽光発電の投資で失敗する原因は、実は地震や火災などの自然災害以外にも、業者トラブルによるものが多いです。

「利回りが大きい」「初期費用が安くなる」「工期が短い」といった謳い文句だけで業者を決めるのは危険です。

1つの業者だけで決定しない

1つの業者の話を聞いただけでは、比較ができません。後悔しないためにも、必ず複数の業者の対応や施工方法、実績、評判などをよく自分でチェックし、安心して任せられる企業を選ぶことをおすすめします。

また、施工保証の期間も検討材料です。

多くのメーカーでは、設備に保証を用意しています。FITによる太陽光発電投資の場合、少なくとも20年以上は発電所が稼働し続けてくれなければいけません。

そのため、多少コストが割高になったとしても、20年の施工保証はつけておくべきでしょう。後々のリスクを背負う心配はなくなるはずです。

太陽光発電投資は2020年以降も魅力

低圧太陽光発電のFITの買取価格が、2012年度の40円/kWhから2019年度では14円/kWhまで下がり、2020年度では13円 /kWhになる事が予想されます。しかし、表面利回り自体は以前も今も10%前後の物件が多くあります。

その理由は、太陽光発電の設備費用も年々安価になっている事です。10kW-50kWの太陽光発電での、設備1kWあたりの単価は2012年度で43万円/kWでしたが、2016年度では32万円/kW、2018年度では約20万円/kWまで低下しました。

初期費用が下がったことで参入人口が広がっており、20代30代のサラリーマンの方でも融資を利用して購入されるケースが増えています。

太陽光発電のメリットや、デメリットと対策法について、改めて整理できたでしょうか?

太陽光発電投資は利回りが安定しており、不確定要素によるリスクは少ない反面、相談できる業者は年々減ってきております。

運用するまでのルールが複雑なため、足踏みをされている方も少なくありません。ですが、、知識をつけていれば安定して長期的に収益を得る事が期待できる投資です。

太陽光設置お任せ隊では、お客様の条件・資産状況・目標収益に合わせて最適なプランでご提案させて頂きます。

少しでもご興味を持っていただけましたら、一度当社へお問い合わせください。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お問い合わせ内容   
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮下さい。
法人・個人
法人名※法人の場合
お名前
お電話番号
※半角数字でご入力ください。
メールアドレス
ご相談内容
PAGE TOP