太陽光発電投資メリットデメリット 2019年

太陽光設置お任せ隊 TOP >   >  太陽光発電投資のメリットデメリット 2019年まとめ
太陽光発電投資のメリットデメリット

太陽光発電投資のメリットデメリット 2019年まとめ

太陽光発電のFIT (固定価格買取制度)が始まってから7年が経過した2019年では、太陽光発電の普及が拡大して多くの人に認識されるようになりました。

再生可能エネルギーと言われる、太陽光発電は、一般的に環境に良いなどのイメージですが、太陽光発電には投資という側面もあります。

また昨今の年金受給問題も相まって、とくに「投資という面から太陽光発電を知った。」という方も少なくないかと思います。

「安全性のある投資」「太陽さえあれば」と謳われている太陽光発電ですが、メリットもあればデメリットももちろんあります。

今回は、2019年の低圧太陽光発電投資を行う前に知っておきたいメリットデメリットを明確にご認識していただくための記事です。

太陽光発電で収益を得る仕組みとは?

太陽光発電の概要

まずは、太陽光発電がどういう仕組みなのかを簡単におさらいしていきましょう。太陽光発電とは、所有する土地に太陽光パネルやパワーコンディショナなどの太陽光発電システムを設置し、自然(日光)エネルギーを変換して電力を作り出します。

そこ作られた電気を契約する電力会社に買い取ってもらうことで、売電収益を得るという仕組みです。太陽光発電の場合この売電収益がそのまま収益となります。

土地を所有していない場合であっても、土地付き太陽光発電(分譲型太陽光発電とも呼ばれる)というものがあり、分譲マンションと同じく土地と上物(発電設備)をセットにした販売もありますので、土地を所有していない方でも太陽光発電投資が可能です。

太陽光発電は主に、土地に設置する野立て設置と屋根に設置する屋根設置があります。 他にも水上設置などありますが、一般的には土地か屋根を利用します。 土地をお持ちでない方にも土地付き太陽光発電という土地と設備(機器)をセットで販売されている太陽光発電所の購入をすることで太陽光発電による投資が可能です。 土地をすでにお持ちの方には、EPCと呼ばれる部材の発注・設置工事などまとめて業務委託できるEPC業者にお願いして太陽光発電投資を行うことが可能です。 太陽光設置お任せ隊でも、EPCのご依頼を承っておりますので太陽光発電の設置についてのご質問もお気軽にお問い合わせください。

太陽光発電のデメリットとは?

デメリットまとめ

デメリット1 出力制御を実施しているエリアがある。

電力会社では都市全体レベルでの大停電を引き起こさないために常に電力の需給バランスを一定に保つ必要があります。

そのため電力管内エリアでの電力需要に対して、供給過多を避けるため電力会社は太陽光発電所などから送られてくる電気を抑制する場合があります。これを出力制御といいます。

この出力制御が実施される時間内は電力会社への「売電」がストップし、得られる売電収益に直結する問題です。

ですが、現在では出力制御に対する補償を用意している会社もありますので、補償に加入しておくことでリスクを抑えることができます。

当社においても免責時間ゼロのお得な出力制御補償をご用意しております。(※当社で取り扱う施工案件にのみ適応可能) 出力制御について詳しくはこちら

出力制御は出力抑制とも呼ばれます。どちらも同じ意味として使われることが多いです。また、出力抑制実施エリアでの太陽光発電の設置には、出力制御対応のパワーコンディショナーを設置する必要があります。

デメリット2 設備以外にも導入のためのコストがかかる

太陽光発電の設置費用には設備以外にかかる費用があります。

送電網と発電所をつなぐために必要になる電力負担金(15万円〜30万円)農地に設置する場合では農地転用が必要となりますので、農地転用費用(3万円〜30万円)かかります。

その他、砕石や伐採が必要な場合には造成費用や草が生い茂る場所では防草対策(30〜50万円)も必要となります。こういった費用はあらかじめ把握しておく必要があります。

土地条件によっては想定以上の出費となり利回りが大きく減少してしまうリスクがあります。

またこの様な目立たない費用を省いて利回りやkW販売価格を表記している業者も散見されますので、確認は必須です。

設備費用以外にも土地条件によって初期費用が上下します。 また、防草対策は初期費用は多少掛かるものの草が伸びてソーラーパネルの遮蔽物となることで発電効率を落とす場合が多々あります。年に数回草刈りを行うなどでお金をかけずとも十分対策できますが、夏場では草の成長速度も速いため何度も発電所に足を運ばなければいけないという事態にもなり、さらにそのたびに刈った草の処理に費用も必要となります。 草が生い茂る土地では、多少費用がかかったとしても後々考えてみると防草シートなどで対策をしておくことをお勧めします。 払うべき費用と抑える費用のバランスを考えることで初期費用のデメリットをコントロールすることが可能です。

デメリット3 FIT制度終了後の方針がまだ決まっていない。

FIT制度は20年間と定まっておりますが、では20年後の太陽光発電所はどうなるのか?という明確な回答はまだありません。

なぜならFIT制度2012年に施行されて以来、FIT制度が終了した太陽光発電所は現在のところ事例がないからです。

しかし、電力の自由化によって一般企業でも電力取引が解禁され市場が成長しておりますので、買取期間を終了した後でも電力会社が買取価格を下げて引き続き電力を買取ってもらえる可能性が高いです。

また、中古の太陽光発電所として販売するケースも珍しくありません。設備を撤去する場合は資本費の5%と想定されています。

2019年から太陽光発電を始める場合、20年後はすでにFITが終了している発電所が増えているため、終了後のスキームは明確化されているでしょう。ですので、20年後はどうすればよいのか?と不安になることはありません。

デメリット4 業者選定が非常に難しい。

太陽光発電の1番難しい問題点として、業者の選定が難しいことです。

そもそも太陽光発電はFITによって市場を広げてきた分野です。そのため、専門知識や実績の無い参入業者も多く中には、利益だけ狙って計画倒産を行う悪徳業者まで登場する羽目になりました。

太陽光発電の投資で失敗する原因は、実は地震や火災などの自然災害ではなく、業者トラブルによるものが多いです。

では、失敗しない業者選びはどこを注目すれば良いのでしょうか?

まずは、業者に直接電話して疑問点などを担当者に直接相談や質問をしてみることをおすすめします。

「担当者(営業)の話す情報は本当か?」「連絡のレスポンスは早いのか?」など、相性にもよりますが、そもそも相性の悪いと判断した会社に依頼するとトラブルになることは往々にしてありますので、今後のことも考え再検討した方が良いかもしれません。

また、施工保証の保証期間も検討材料です。FITによる太陽光発電投資の場合、少なくとも20年以上は太陽光発電所は稼働し続けてくれなければいけません。

そのため、多少コストが割高になったとしても20年の施工保証はつけておくべきでしょう、後々のリスクを背負う心配はなくなるはずです。

業者を見抜くポイントとして数々ありますが、必ず複数の業者から話を伺ってから1番信用できる業者を選ぶことを推奨いたします。

h2>太陽光発電のメリットとは?

メリット1 行政保証の投資である。

FIT法の施行

太陽光発電の1番の特徴としてFIT (固定買取価格制度)が利用できる点です。 これは、生産エネルギーの買取価格を法律できめる助成制度のことです。太陽光発電の場合20年間に渡り太陽光発電設備で発電された電気は一定の価格で買取ることを国が保証しています。(10kW未満の住宅用太陽光発電の買取期間:10年)

そのため、太陽光発電を始めてから20年の間は、電力の買取価格が変動することがありません。

太陽光発電メリット2 経済状況で左右されない

太陽光発電の収入

FXや株式投資では投資額からレバレッジを掛けて取引することになりますので、失敗すれば投資額よりもマイナス(借金)になることもあります。

しかし、太陽光発電ではFITによる売電価格は買取価格が固定されているわけですから、日射量さえ確保できれば経済状況に左右されることなく売電収益をあげることができます。

太陽光発電メリット3 ランニングコストが少ない

太陽光発電はランニングコストが少額で済む

太陽光発電の場合、ランニングコストがあまり掛からないことも特徴です。

大型設備なので意外に思われるかもしれませんが、太陽光発電のランニングコストは大きく分けると土地に対する固定資産税と維持管理のためのメンテナンス費用です。

メンテナンスフリーと謳われるほど耐久性の強い太陽光発電設備ですが、機械である以上定期的なメンテナンスは必要です。

太陽光発電投資では郊外の土地に建設するケースが多いです。

例えば、山林や農地、雑種地など郊外の土地であったりと、日照条件が良ければ土地周辺が栄えている必要が全くないのでマンションやアパートなどの宅地と比べても固定資産税が安い土地であるケースがほとんどです。 もう一つは設備の修繕にかかるメンテナンス費用です。

太陽光発電設備の修繕となるとお金がかかるイメージがありますが、そもそも太陽光発電におけるメンテナンスは故障してしまう事態にならないためのリスク対策です。メンテナンスは月額1万円前後で専門業者に外部委託することも可能です。

また、約10年ほどでパワコン(パワーコンディショナ)の交換も必要となります。

太陽光設置お任せ隊のO&Mのサービス内容はこちら
太陽光発電ではメンテナンスのことをO&M (オペーレーションメンテナンス)とも呼ばれています。 O&Mの相場は月間1万円前後で請け負ってくれる会社が多いです。 太陽光発電所の施工・販売とO&Mをセットにしてサービスをしている会社もあります。太陽光設置お任せ隊におきましても、月額5000円〜O&Mを行わせていただいております。

メリット4 利回りが高い

高利回りな売電収入

これは、太陽光発電の最大のメリットと言えます。

自身の土地に太陽光発電設備を設置した場合(EPC)の表面利回りは10%前後と言われております。分譲の太陽光発電物件の場合、表面利回りは8%〜10%が平均的です。

マンションによる不動産投資の平均表面利回り5%前後と比較してみても、利回りの高さはやはり大きなメリットです。

※表面利回りは販売価格・土地条件・パネル変換効率など、あらゆる要因で異なります。

また2019年現在では、固定価格買取制度(FIT)による買取価格の低下も心配される方もおられますが、太陽光発電の導入にかかる設備費用が当時と比べ半分以下になっているため表面利回り自体は10%と変わっておりません。

今回は単純な表面利回り計算になりますが、気をつけていただきたいのは表面利回り表記だけで判断してしまうのは危険です。 表面利回り表記の水増しをされてしまい「想定より収益が少ない」と被害に遭われる方も少なくありません。 利回りでチェックするポイントは、電力負担金は含まれているのか?必要な商品は全て揃っているのか? シミュレーションの根拠はどこにあるのか?などが含まれた利回りなのかを業者に必ず確認することをお勧めします。 利回りの確認についてはこちら

メリット5 専用の融資も受けることができる

太陽光発電による投資でハードルになることは初期投資額です。

太陽光発電の設備は、規模にもよりますが一般的に1000万円以上が相場です。

これはFXや株式投資など、少額投資ができる点においては太陽光発電のデメリットとなりますが、専用融資である「ソーラーローン」が用意されおり、融資審査さえ通ることができれば、自己資金0円(フルローン)で太陽光発電投資が行うことも可能です。

もちろん、銀行や公庫から融資を受けることも可能です。

また、クレジット会社によっては条件次第で発電所の土地を担保にできたり、売電収益を担保にすることができるため、融資を受ける敷居は低いと言えます。

ソーラーローンの場合、金利は2~2.5%が一般的です。当社では2.1%~ソーラーローンをご案内しております。

太陽光発電の融資を詳しく知りたい方はこちら
融資の返済は月々の売電収入で賄えることがほとんどです。 ですが、借入額・金利・売電収入のバランスも確認しておくことが大切です。 金利が低すぎる業者も注意が必要です、低金利を謳いながらも金利分は商品代に上乗せされている事例もめずらしくありません。

2019年の太陽光発電のポイント

リスクを抑える

昨今よく耳にするのがFITの買取価格が2012年度の40円/kWhから現在の2019年度の14円/kWhまで下がっていますが、実際には表面利回り自体は10%前後です。

むしろ、トータルの投資額が下がったことにより投資家だけでなく、会社員にとっても参入しやすくなったと言えます。

それは設備にかかるコストが年々安くなっているためです。投資額自体は当時と比較すると少額になりますが、利回りとして依然として高い状況です。

設備費用もほぼ底値に近づいており、参入間口が広がっており20代30代の若手会社員でも融資を利用して購入される方も多数いらしゃいます。

太陽光発電がどういったメリットがあるのか

そして、太陽光発電による投資はどういったデメリットがあるのか、改めて整理できましたでしょうか?

太陽光発電投資は、利回りが安定しており不確定要素によるリスクは少ない反面、相談できる業者の数や情報量は限られてきています。

運用するまでのルールが複雑なため、実際のリスク以上にリスクがある投資だと勘違いされている方も少なくありません。

少しでも太陽光発電投資にご興味を持っていただけましたら、一度当社へお問い合わせください。

太陽光設置お任せ隊では、お客様の条件・資産状況・目標収益に合わせて最適なプランをご提案させて頂きます。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


参照ページ
必須 お問い合わせ内容
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 個人・法人
必須 郵便番号(半角)
必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号(半角)
必須 メールアドレス
連絡ご希望時間帯

※ご連絡可能な時間帯のご指定がありましたら、ご記入ください。

ご相談の詳細

※詳細なご相談内容がございましたら、自由にご記入ください。


一覧に戻る

無料相談・お見積り

担当直通ダイヤル 06-6343-7800お気軽にお問合せください。