太陽光設置お任せ隊

TOP >  なぜ「低圧」の発電所がおススメなの?【よく分かる太陽光発電教室|入門編第1回】

なぜ「低圧」の発電所がおススメなの?【よく分かる太陽光発電教室|入門編第1回】

【初めて太陽光発電事業を行う方向け】
仕組みや規模感を知るための入門教室始めます

これから太陽光発電事業を始めようとお考えの方、その仕組みについての理解は十分ですか?
また、その規模についてはお考えでしょうか。

「あんまり大きい発電所は不安」
と漠然とお考えの方や、

「低圧が良いって聞いたけど、なんでなのか分からない」
「そもそも低圧とか高圧の違いが不明」
という方も多いと思います。

しかし、意外と初めて太陽光発電を行おうという方への情報は少ないものです。
そこで当コラムでは、『太陽光発電教室』と題し、誰にでも分かる入門編としてシリーズで太陽光発電の「?」について解説してまいります。

今回は、「なぜ低圧の太陽光発電がおすすめなのか」について、これから太陽光発電を始めようとお考えの方にも分かりやすいよう、お伝えします。

家庭用・産業用・低圧・高圧って?
太陽光発電を行う前に知っておくべきFIT制度

そもそも、低圧の太陽光発電とは何なのでしょうか。
まずはそれを知るために必要な基本的な知識についてお伝えします。

容量別、太陽光発電の分類

太陽光発電には、大きく分けて4つの種類があります。
発電量の小さなものから順に【家庭用】【低圧】【高圧】【特高】と呼ばれています。

a.家庭用 (10kW未満)
b.低圧 (10kW以上50kW未満)
c.高圧 (50kW以上2000kW未満)
d.特高(2000kW以上)

大きく2つに分ける時は、aを【家庭用】、b・c・dを【産業用】と分けます。

※この他にも、aとbを【低圧】、cとdを【高圧】と分類することもありますが、少しややこしくなるので、ここでは割愛します。今回ご紹介する「低圧」とはbの低圧を指します。

固定価格買取制度

固定価格買取制度とは、通称FIT制度と呼ばれる制度です。

FIT制度は国による制度で、発電した電力を電力会社に「決められた価格」で「決められた期間」、「確実に買い取ってもらう」ことができます。
太陽光発電が急速に普及したのは、非常に安定した収入を得られるこの制度のおかげです。

FIT制度には【余剰買取】と【全量買取】の二種類があります。
双方の違いは、買取方法・買取価格・買取期間です。

【余剰買取】
・家庭用(a)の太陽光発電に適用
・つくった電力は、まず自分で消費する
電力が余った場合にのみ売電することができる
・2018年度の1kWあたりの買取価格は26円(抑制エリア外)・28円(抑制エリア)
買取期間は10年間

【全量買取】
・産業用(b~d)の太陽光発電に適用
・つくった電力は全て売電可能
・2018年度の1kWあたりの買取価格は18円(予定)
 ※ただし、特高は入札によって価格が決定されます
買取期間は20年間

このように、全量買取の方が全ての電力を買ってもらえるため、「発電事業」として行う場合は全量買取となる産業用の太陽光発電を行うことになります。

尚、買取価格は毎年下がっております。
太陽光発電をするなら、なるべく早く始めた方が良い」と言われていわれるのは、このためです。

なぜ、低圧の発電所が良いの?
コスト・期間・手軽さで軍配

太陽光発電の分類や制度についてご理解いただいたところで、なぜ産業用の中でもとりわけ【低圧】にメリットがあると言われているのかをご説明します。

費用面のメリット(初期費用やランニングコスト)

50KW以上の発電所は、高圧連系に区分され、法律により保安体制や安全維持義務があり、キュービクルという変圧器の設置などが求められます。

しかし、50kW未満である低圧の発電所であれば家庭用と同じ低圧連系に区分されます。
そのため、全量買取が適用される産業用でありながらも、保安や維持管理の届け出などが不要で、設置工事の必要資格も第二種電気工事士以上で良いなど、幅広くなります。

また、電気主任技術者の専任義務も不要であり、年間契約料などのコストも抑えられます。

広大な用地でなくても良い

低圧の発電所は50kW未満のシステム設置となりますので、パネル枚数や周辺機器を抑えられ、高圧のように広大な土地を確保する必要はありません

10kW以上であれば全量買取に出来ますので、農地(要農地転用orソーラーシェアリング)や遊休地はもちろん、工場店舗倉庫などの屋根を利用することもできますし、とても広い屋根であれば、家庭の屋根上でも設置することが可能です。

そのため、高圧用のようにまとまった面積の土地を探すより容易で、用地探しからスタートする場合であっても、比較的土地を見つけやすくなりますし、複数の候補からより最適な土地を選択することができるケースもあります。

事業開始までの期間が短く手軽感がある

高圧に比べて容量が少ない分、設計・積算・工事にかかる期間が短くなります
また、低圧の場合、電力会社との接続協議や消防署への保安規定の届け出などが要りませんので、高圧よりも受給契約までの過程を短くすることが可能です。

低圧の発電所にメリットをプラス!
経産省も認知する「過積載」とは

しかし、当然といえば当然なのですが、低圧の場合はその分発電量が少なくなってしまいます
そこで、低圧の恩恵にあずかりながらも高圧並みにしっかり発電するために行うのが「過積載」と呼ばれる手法です。

過積載とは、パワーコンディショナの容量よりもパネルの容量を多くすることです。

2015年に「調達価格等算定委員会」より公表された「平成27年度調達価格及び調達期間に関する意見」の中で過積載に関する記述があるなど、経済産業省もその存在を認知しています。

過積載では、たとえば50kW未満の低圧の発電所に100kW近くのパネルを設置します。

もちろん、低圧として認定されている以上パワーコンディショナの容量は低圧容量に抑えていますので、それを超える発電を行った分は全て捨てることになります。
これをピークカットと呼びます。

定格出力のイメージ  過積載のイメージ

一見するとピークカット分が発生するので損をしているように感じますが、過積載の考え方は「日の出から日没まで、定格の発電量をキープさせる」というものです。

定格の発電所であれば、最も日射量の多い昼間をピークに、朝夕はそれほどたくさん発電してくれませんが、過積載の場合は日の出と共に定格発電を行うことが可能になります。

つまり、常にパワーコンディショナを全力稼働させるのが過積載であり、これによりピークカット分を考慮しても、定格の発電所より多くの発電量と売電収入を得ることができるようになるのです。

→ 過積載について詳しく見る

当社は過積載のパイオニアです

『太陽光設置お任せ隊』は、この過積載において業界を引っ張るリーディングカンパニーです。

特に当社では「最適過積載」という、過積載の中でもより効率の良い方法を独自のノウハウにより開発しており、通常の過積載よりもより驚異的な発電量をたたき出すことが可能です。

低圧のメリットを最大限活かし、
安心・安全な発電所つくりをしましょう

お伝えしてきたように、低圧の太陽光発電は全量買取のメリットだけではなく、時間やコストをかけなくても良いというメリットも得ることができます。

また、「過積載」の考え方により、更にそのメリット性が強くなっています。

しかし、過積載の考え方が浸透する一方で、ノウハウのない業者によってやみくもにパネルを載せるようなずさんな設計が散見されるようになっているのも事実です。

せっかくの低圧のメリットを無駄にしないためにも、数々の過積載の実績を誇る当社にぜひお任せください。

低圧の発電所をお考えの方は
こちらからご相談ください

お名前 (必須)
お名前フリガナ (必須)
居住所 (必須)
電話番号 (必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス (必須)
設置予定住所 (設置場所がお決まりの方はお書きください)
設置予定場所の図面または公図
(設置場所がお決まりの方はお選びください)
図面が用意できる図面が用意できない
その他補足内容があれば、お書き下さい
他社見積もり・他社でお作りになった図面がございましたら
添付してください。
※写真可 2MBまで
他社でとったお見積り・図面をお送りいただくと、それよりお得なプランをご提案いたします。



うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合
直接メールで送る→ アドレス:info@en-reform.com
FAXで送る→ FAX:06-6537-5340


一覧に戻る