雑草は大敵!太陽光発電の防草対策・雑草対策

野立てによる太陽光発電を行っている方、これから事業を始めようとお考えの方を悩ませているのが、防草対策だと思います。せっかく高価な太陽光設備を導入しても、雑草が生えると発電効率は低下してしまいます。そこで必要になるのが、防草対策です。様々な防草方法の中から、何を選ぶのが賢明なのでしょうか。

なぜ防草対策が必要か

発電効率が落ちてしまうと、せっかくの設備が台無しになってしまいます。発電設備にはいつも最大限の力を発揮してほしいものですよね。ですが、夏場にはそんな事業主様たちにとってありがたくないものが生い茂るリスクが高まります。そう、雑草です。

雑草は発電効率を下げる大きな問題のひとつです。

◆虫・鳥が集まりやすいため、パネル汚れが発生する
◆近隣の住民からのクレームリスクが高まる
◆つる性の雑草が設備への絡みつき、障害を引き起こす

など、太陽光発電にとって、雑草は大きな損益を生む存在と言えます。

代表的な防草対策の種類

では、雑草を生やさないためにはどんな対策を打てば良いのでしょうか。代表的な防草対策としては「定期草刈」「除草剤の散布」「防草シートの施工」「砂利の敷き詰め」「コンクリート舗装」などが挙げられます。それぞれ特徴や価格が異なりますので、順に説明致します。

定期草刈

人の手によって刈り取る方法です。人件費がかかるほか、作業中の設備破損が発生する可能性が高まります。

1回のコストは抑えられますが、一時的な効果しか得られませんので、頻繁にチェックと作業を行う必要があります。

除草剤の散布

除草剤により雑草を枯らし、その発生を抑える方法です。1回のコストは抑えられますが、効果は短期的なものですので、定期的に散布する必要があります。

また、近隣に小さな子供や病人がいたり、農地などがあったりする場合は苦情が出る可能性もありますので、環境面での配慮が必要と言えます。

防草シートの施工

地面に防草シート敷き、日光を遮って雑草が生えるのを抑える方法です。価格は製品により幅広く、長持ちするものが多いので、施工後はあまり手間がかからず維持費がかかりにくいと言えます。

ただし、低品質の物の場合は徐々に隙間ができてしまいますし、高品質であっても施工時にシート間の隙間が空いていたり、破損してしまったりしている場合は、そこから雑草が生えてくることがありますので、定期的なチェックは必要です。

砂利の敷き詰め

地面に砂利を敷き詰める方法です。草刈りや除草剤ほどではありませんが、比較的コストが安いケースが多く、中期的な効果が期待できます。

ただし、別の土地から雑草や土が紛れ込むことがあり、新たな雑草が生える可能性もあります。また、砂利が埋まってしまうケースもあります。

防草シートと併用すると、砂利が埋まるのを防ぎ、シート下の雑草も防ぎますので、効果が高まると言われています。

コンクリート舗装

地面をコンクリートやアスファルトで舗装しますので、防草の意味では最も確実で長期的な効果が期待できると言えますが、その分初期費用が高くなります。

効果・メンテナンス性・コスト面との相談を

このように「防草効果が高く、メンテナンスフリーでローコスト」と全てを満たすことは、なかなか難しいものです。

一般的にはバランスの良い防草シートや砂利を敷く方法が普及していますが、この2つを組み合わせて効果を高めるのもひとつです。
コンクリートなどによる舗装に関しては、確かに予算の都合さえつけばメンテナンス面でのメリットが強いですが、注意も必要です。

土地が賃貸の場合、返却時には舗装を撤去する必要が生じることもあり、契約終了後にさらにコストがかさむ可能性があります。
事前に確認をとるようにしましょう。

ご不明点やお困り事のある方は、お気軽にお問い合わせください

雑草は、何も対策をしない場合、特に5~10月にかけてその強い生命力に火が付いたかのように元気に生い茂ります。短期的なコストを重視して草刈りや除草剤散布といった方法をとっていた方の中にも、夏の雑草の威力にまいっている方が少なくありません。

これから野立てで太陽光発電を開始しようとされている方はもちろん、既に事業をスタートされていてお困りの方も、一度お気軽にご相談ください。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お問い合わせ内容   
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮下さい。
法人・個人
法人名※法人の場合
お名前
お電話番号
※半角数字でご入力ください。
メールアドレス
ご相談内容
資料請求
無料シミュレーション
太陽光発電に関するご不明点やご質問などお気軽にご相談ください。
PAGE TOP