コラム

太陽光発電に近隣トラブルは大丈夫?よくある4つのトラブル

太陽光発電 近隣 トラブル

太陽光発電事業をしていると、近隣住民との間でトラブルが起こることも少なくありません。

こうしたトラブルは適切な対応と、事前の対策準備を怠ってしまうと裁判沙汰にもなりかねませんから、太陽光発電事業者は近隣トラブルが起こらないよう細心の注意しなければなりません。

そこでこの記事では、太陽光発電事業をしていてよく起こる近隣トラブルの原因と、その対処法について解説していきます。

太陽光発電で起こりがちな近隣トラブルは?

太陽光発電事業をしていて起こりがちな近隣トラブルは、複数あります。なかでも、よく起こりがちなものや、特に注意すべきなのが以下の4つです。

1 反射光による近隣トラブル
2 雑草による近隣トラブル
3 騒音による近隣トラブル
4 土壌流出による近隣トラブル

では次から、各トラブルの内容について紹介したうえで、それぞれの解決策について説明していきます。

太陽光発電で起こりがちな近隣トラブル①反射光

これから太陽光発電投資を始めるという人が特に気をつけたいのが、反射光のトラブルです。反射光とは、太陽光パネルに反射した光を指します。

太陽光発電では、この反射光が近隣住宅に長時間あたることで、トラブルになる可能性があります。

なぜなら、反射光が住宅に当たることによって、その住宅の室内温度が高くなったり、眩しくて窓を開けられなくなったりするからです。

過去には、太陽光発電設備の反射光が原因で、裁判が起きたケースも何度かあります。例えば2015年には、兵庫県姫路市で、太陽光発電所の反射光によって熱中症になったと、近隣住民の男性が訴訟を起こしました。

男性は太陽光パネルの一部撤去と損害賠償を求めましたが、2年後に訴えを取り下げています。とはいえ、太陽光発電所側は訴えがあった後、反射光が近隣住宅に当たらないように背の高い樹木を植えて対処しているため、金銭的なダメージはゼロではありませんでした。

反射光によるトラブルを避けるための対処法

これから太陽光発電設備を設置するのなら、太陽光パネルの位置に気をつけることで、反射光のトラブルをある程度回避できます。

そのためには、発電量だけではなく反射光を予測できるシミュレーションで事前に被害がでそうか把握しておくことが大切です。

最新のシミュレーションであれば、太陽光パネルによる反射光の動きを予測することが可能です。

シミュレーションを元に、反射光が民家の窓に長時間当たる等、迷惑をかけてしまうことが分かれば事前に設計を変更して回避することも可能です。

反射光による被害相談は年々増加傾向にあります。そのため、近くに民家や建物がある場所に発電所を建設する予定であれば事前に反射光の動きを予測しておくことです。太陽光設置お任せ隊では、反射光を予測できるシミュレーションもご用意しております。また反射光による近隣被害を考慮した設計もご提案しております。

太陽光発電で起こりがちな近隣トラブル②雑草

太陽光発電事業をするうえで多いのが、雑草による近隣トラブルです。太陽光発電施設内には雑草が繁茂しており、放っておくとどんどん伸びていきます。

太陽光発電設備の近くに住む人たちにとって、この雑草は以下の問題を引き起こします。

・ 景観の悪化
・ 雑草が敷地外にはみ出す
・ 獣や虫の発生
・ 火災のリスク

雑草は放っておくと、太陽光パネルより背が高くなります。こうなると景観を損ねたり、施設を囲うフェンスからはみ出したりします。

また、雑草の繁茂する場所にはネズミや蛇などの害獣や、虫なども集まってきてしまうのです。さらに、雑草はよく燃えるので、放火による火災のリスクが高くなることも見逃せません。

このような理由から、雑草を放置しておくと、近隣トラブルに発展する可能性が高いと言えるのです。

雑草によるトラブルを避けるための対処法

太陽光発電事業者にとって、敷地内の雑草対策は欠かせません。近隣トラブルに発展しやすいのもそうですが、雑草を放置しておくことには、それ以外にもデメリットがあるのです。

パネルより雑草の背が高くなれば、パネルに影ができてしまいます。パネルに影ができれば、その部分は発電できなくなるため、発電量が落ちてしまうのです。

さらに、影ができた部分は電気抵抗となって発熱し、パネルの故障や発火にもつながります。そのため、太陽光発電事業をするのなら、雑草対策は必ずするようにしましょう。

雑草対策には、主に以下のものがあります。

・ 草刈り機による草刈り
・ 防草シートを敷く
・ 除草剤を撒く
・ カバープランツで地面を覆う

草刈りは自分でしても良いのですが、業者に依頼すれば手間を省けます。「防草シート」は地面に敷くことで、雑草の成長を防げますし、「除草剤」は、雑草を枯らせる薬剤です。

「カバープランツ」は、地面を覆う背の低い植物です。雑草が生える前にカバープランツで地面を覆うことで、雑草の繁殖や成長を防げます。

このように、雑草対策は複数あるので、手間や費用などを考えて、自分に合ったものを選びましょう。

太陽光発電所の草刈りを自分でするには?草刈り機の選び方や注意点を解説

太陽光発電で起こりがちな近隣トラブル③騒音

太陽光発電事業をしていると、近隣住民から「音がうるさい」と苦情が入ることもあります。この音とは、パワーコンディショナの動作音です。

パワーコンディショナの動作音は40デシベル程度で、エアコンの室外機の音と同じ程度と言われています。

あまり大きな音ではありませんが、周りが静かな環境であった場合、気になるという人もいるので注意しなければなりません。

騒音によるトラブルを避けるための対処法

これから太陽光発電設備を設置するのなら、あらかじめ近隣住民にあいさつして、「エアコンの室外機と同じくらいの音がします」と了承をとっておきましょう。

それくらいであれば問題ないと、了承してくれる人も多いはずです。

すでに太陽光発電設備を稼働させていて、騒音の苦情が来ているのなら、パワーコンディショナを防音壁や防音パネルなどで囲うと良いでしょう。

「太陽光 防音壁」や「太陽光 防音パネル」などのキーワードで検索すれば、販売業者が見つかるので、相談してみましょう。

防音壁などを設置するのが難しい場合は、パワコンの設置位置を民家からできるだけ離れた位置に設置する、単純な工夫を行うことでも効果が高いです。

太陽光発電で起こりがちな近隣トラブル④土壌流出

太陽光発電で起こりがちな最後の近隣トラブルが、土壌流出です。

これは強い雨が降った際、太陽光発電施設内の土が削れて流れ、敷地外に流出するトラブルです。

通常なら雨水は草木が吸収してくれますが、先ほども説明したとおり、太陽光発電には雑草対策が欠かせません。

結果、むき出しになった土を雨が侵食し、敷地外に流れ出るというトラブルに発展しているのです。

土壌流出によるトラブルを避けるための対処法

土壌流出を防ぐのに役立つのが、「土嚢(どのう)」です。

強い雨が降った後は、雨が土を削って溝を作り、そこに雨水が流れて川のようになることもあります。土嚢を敷き詰めることで、溝に流れた土や雨水が敷地外に出ないようにせき止められます。

土嚢は丈夫な袋と土や砂さえあれば簡単に作れるので、ぜひ試してみましょう。

近隣トラブルが多発したときの対処法

ここまで、太陽光発電事業をしていて起こりがちな近隣トラブルと対処法について説明してきました。

しかし、もしここまで説明してきたようなトラブルが実際に起こって、苦情が多数寄せられた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?

この場合は、太陽光発電設備の業者に依頼して、近隣住民を対象にした説明会を開いてもらいましょう。

説明会では、発生したトラブルに対する、事業者の今後の対処について説明します。

例えば、雑草については草刈りや防草シートで対処する、騒音についてはパワーコンディショナを住宅から離れた位置に置くなどです。こうして近隣住民から理解を得た後であれば、トラブルが原因で事業の計画が頓挫してしまうという最悪のケースになることは、非常に少なくなります。

太陽光発電設置お任せ隊では、近隣住民の皆様から発電所の開発にあたりご不満が出た際には、説明会を設けさせていただいております。近隣住民の皆様からもご理解を得て20年間安心して稼働できる太陽光発電設備の設置を遂行しております。

太陽光発電事業をしていると、反射光や雑草、騒音や土壌流出などによって、様々な近隣トラブルが起こり得ます。

しかし、ここまで紹介してきたように、どのトラブルにも対処法があります。

太陽光発電設備を設置する前に近隣トラブルが不安だという方もお気軽にご相談ください。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お問い合わせ内容   
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮下さい。
法人・個人
法人名※法人の場合
お名前
お電話番号
※半角数字でご入力ください。
メールアドレス
ご相談内容
PAGE TOP