太陽光発電投資詐欺の5つの手口と対処法

実際にあった太陽光投資詐欺の手口と対処法

一般の方もイメージしやすく、利回りのよい安定した投資であることから、太陽光発電は依然として人気の投資事業です。

ただ、一部の悪徳業者による太陽光発電の詐欺被害をメディアが取り上げたこともあり、不安を抱く投資家の方もいるようです。

しかし、太陽光発電にまつわる詐欺行為にはどのような手口があるかを知り、適切な対策をとっていくことで、これらの詐欺被害を避けることができます。

投資にリスクはつきものですが、太陽光発電投資は、十分な知識を得てリスクを減らせば、安定した収入源になる投資です。

今回は、太陽光発電投資でよくある詐欺手口の事例とともに、騙されないための方法についてご紹介していきます。

太陽光発電投資の5つの詐欺事例

固定価格買取制度(FIT)の後押しを受け、太陽光発電は全国に広く認知されるようになりました。

収益性が高く安定しているため人気の太陽光発電投資ですが、実は悪い業者に騙されて多大な損害を受けた、というケースが一部で発生しています。

悪徳業者の手の内が十分に認知されていないことが、詐欺被害を増やしている原因の一つでしょう。

ここからは、実際に被害があった事例から、詐欺の手口として実際に起こっている5つのパターンをご紹介していきます。

事例1.誇張や嘘の情報で契約をさせる

太陽光発電自体は本物の案件であるものの、契約するときに業者から受けた説明と実態がまったく異なるというケースです。

「メンテナンスが一切不要」「売電収入で確実に元がとれる」というように、うまい話だけを並びたてて勧誘する業者は、要注意です。

投資である以上、「100%儲かる」はあり得ません。また、少し調べれば、適切な発電量を得るために、太陽光発電にはメンテナンスは欠かせません。

このように、リスクをしっかり説明せず、旨味のある情報だけを提供してくる業者はまずは一度、疑うべきでしょう。

シミュレーションが正確でないケースもある

気をつけたいのは、もっともらしく加工された情報です。

水増しされた発電シミュレーションがその代表例でしょう。太陽光発電の成否を決める重要な要素が年間日射量です。

つまり、太陽光パネルを設置する土地にどれだけ太陽の日射があるかということです。

一年を通して毎日晴天はあり得ませんし、季節によっても日射量は変わります。また、周囲に太陽光を遮る建物がないかなど、さまざまな条件も加味しなければなりません。

当社でも、お客様から他社案のお見積もりのチェック依頼を受けることはありますが、通常あり得ない日射量の数値をもとに作成された発電シミュレーションを、目にしたことが数十回とあります。

投資家は、「こんなに儲かるのか!」と早々に決めてしまい、結果として、想定していた収益が得られず赤字案件となる、あるいはローンの返済計画が破綻するといったパターンも少なくありません。

少しでも疑わしいシミュレーションを目にしたら、詳しい知り合いや専門家に相談、3~4社は相見積もりをしてみるのも良い手です。(あまりやりすぎるのも判断を鈍らせてしまいますので注意。)

収支シミュレーションをチェックする時は、商品代に何が含まれていて何が含まれていないかを必ず確認することです。
例えば、利回りをよく見せようと【土地代】、【負担金などの諸費用】、【フェンス】、【遠隔監視システム】等、本来必要な部材が省かれて計算されているケースはよくあります。
その場合、業者に直接確認してみましょう。

お任せ隊では、見せかけの利回りではなく、施主様には本当に必要な部材を含めた費用で可能な限り正確なシミュレーション作成を徹底しております。

事例2.計画倒産による詐欺

費用を支払った直後に、相手の業者に計画倒産されてしまうケースもあります。

悪意を持っての計画倒産ですから、当然、相手の業者は行方をくらまします。

業者を相手取った訴訟裁判もおこされていますが、業者側に明確に騙す意図があったという証明は非常に難しく、実際、裁判でも相手方の勝訴となり泣き寝入りするしかない状況です。

事例3.高額な工事費を請求する詐欺

太陽光発電には多額の初期費用がかかります。

機器や工事の内容など、普段耳慣れないものが多いため、それぞれの項目の費用が高いのか安いのか判断するのは簡単ではありません。

また、太陽光パネルをはじめとした機器は年々価格が下がり、発電効率の高い後発のパネルが新たに登場するなど、相場を把握しづらい現状もあります。

そこにつけこみ、太陽光発電設備の設置費用として、相場の何倍という不当な金額を要求される詐欺事例が多く発生しています。

事例4.架空の太陽光発電投資案件を売りつける

架空の太陽光発電施設にお金を支払わされるケースです。

詐欺業者は、さもおいしい投資案件であるように、インターネット上で太陽光発電投資の出資者を募ります。

もっともらしいセミナーを開き、参加者はそのまま高額な申込金を支払ってしまうのです。

優良な太陽光発電業者によってもセミナーは開かれますし、セミナーだけで詐欺かどうかを判断するのは容易なことではありません。

将来の先行きに不安を感じ、資産運用を考え始めたばかりの投資初心者にとって、今が絶好の投資タイミングであるという説得力のある話や、成功事例をもとに話される輝かしい将来はあまりにも魅力的なのです。

契約を急かされ、申込金や手付金といった名目で高額を支払わされた後、音信不通になるのが詐欺業者の常とう手段です。

事例5.意図的な手抜き工事を行う詐欺

最後に、太陽光発電設備の設置で手抜き工事をされてしまうケースです。

最大限の発電量を得るためには、太陽光パネルの適切な設置工事が必須です。

設置する土地は平らなのか傾斜なのか、以前は畑だったのか田んぼだったのか、土壌は水分をどれだけ含んでいるのかなど、設置場所の条件によって最適な設置工法は異なります。

また土壌整備を行った上で、設備を設置しなければ、パネルを設置する架台が傾いたり、ちょっとした風雨などで設備が破損したりということも十分にあり得ます。

見積もり上は、土壌整備費用が含まれているにも関わらず、これらの土壌整備を意図的に省いて発電設備を設置するケースも少なくありません。

あるいは、契約当初に説明を受けた施工法とは異なる方法で設備を建設したり、見積もりとは異なる粗悪な機器を使用したりするなど、住宅で言うところの欠陥住宅、いわゆる「欠陥ソーラー」を設置されてしまう事例も多く発生しています。

詐欺に騙されない為の4つのポイント

では実際、このような詐欺に遭わないためには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?
さまざまな詐欺が横行しているようにも見えますが、表立った詐欺行為はパターン化しています。

次の4つのポイントを押さえておけば、これら詐欺行為の多くは避けられるといってもよいでしょう。

太陽光発電業者・施工業者を徹底調査する

詐欺に遭わないためには、これが何よりも大切です。

法人として登記されているかを確認するのはもちろんのこと、詐欺の被害報告がないか、インターネット上で社名やサービス名を検索し、口コミや評判をチェックしましょう。しかし、最近はインターネット上の口コミや評判も業者側である程度操作できる上に、社名を変更しているケースもあります

代表者名も併せて検索することが重要です。可能であれば、会社の所在地を訪問し実際に確かめてみるのもよいでしょう。

太陽光発電に関する最低限の知識を得る

すべてを業者まかせにしてはいけません。
自分自身で、太陽光発電に関する最低限の知識を得ることが大切です。

FITの買い取り価格や買い取り期間といった基本情報や、適正な売電収入の相場などを調べ、知識として備えておきましょう。
情報を得るための手段として、公的なWebサイトを確認することも有効です。

太陽光発電投資の利回りは一般的に10%程度と言われています。そこから極端にかけ離れた高い利回りを謳う業者は疑ってかかるほうがよいでしょう。

自分自身で発電シミュレーションを行う

業者が提出してきた発電シミュレーションを鵜呑みにしないことも重要です。
必ず自分自身でシミュレーションしてみましょう。

各地の日照量を無料で公開しているNEDO日射量データベース閲覧システムなどを利用することで、年間発電量や売電収益のシミュレーションをかなり高い精度で行うことができます。これで、詐欺業者のうそは簡単に見抜けるはずです。

即決をせず、必ず複数社で比較検討をする

詐欺業者の場合、「今日中に即決すれば大幅に値引きする」「早い者勝ち」「キャンペーン中」などの言葉で投資家をあおり、契約を急がせる傾向にあります。

太陽光発電投資は安くない投資です。一社に絞らず複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討するなど心の余裕をもちましょう。

これは太陽光発電に限った話ではありません。急いで契約をせず、家族や周囲に相談しながら落ち着いて投資案件を検討することで、詐欺に遭う確率は格段に下がるでしょう。

詐欺以外にも落とし穴。後悔しないためには

しかし、注意すべきは詐欺ばかりではありません。

詐欺ほど明らかな悪意がないにせよ、太陽光発電に投資をした結果、「こんなはずではなかった」と騙された気持ちになる事案も少なからず存在します。たとえば、以下のようなケースです。

計画倒産ではないが、経営難から業者が倒産してしまう

経営難によって、業者が倒産してしまうケースがあります。

太陽光発電ブームで急激に太陽光関連会社が増えたこともあり、厳しい財務状況に陥る業者も少なくありません。次から次へと案件を販売し自転車操業的に辛うじて体裁を保っている業者もあるため注意が必要です。

事前の土壌調査や整地が十分でなく、太陽光パネルが傾いたり架台が崩れたりする

パネルを設置する土壌で、適切な調査・整地が行われないケースがあります。

太陽光パネルを設置する架台は非常に重要です。

意図的であれば詐欺ですが、詐欺でなくとも、土壌調査や整地が不十分であったため、架台が崩れパネルが破損するといったトラブルも発生しています。

太陽光発電設備の工事が雑でトラブルが多発。売電ロスが発生する

同様に、詐欺ほどの悪意がなかったにせよ、太陽光パネルの設置工事が雑であったために、トラブルが多発するケースがあります。

たとえば、ケーブルの配線ミスや、配管を雑に施工したことによる不具合です。最悪の場合、火災が発生する原因にもなるため、その損害は甚大です。

業者側が適切なメンテナンスを行わず、十分な発電量を得られない

太陽光発電をする上でメンテナンスは非常に重要です。

太陽光パネルの発電効率は経年劣化とともに下がりますが、FITの限られた買い取り期間の中で極力発電ロスを減らし収益を上げなくてはなりません。

生い茂った木々が太陽光を遮らないよう除草処理を施したり、機器の破損がないか、発電不良を起こしているパネルがないかなど定期的に調べたりすることが必要不可欠なのです。

メンテナンスは、通常、太陽光発電業者のサービスに見積もりとして含まれるケースもありますが、中には、業者が適切なメンテナンスを行わず、機器の故障が多発するなど大きな売電ロスにより想定していた収益をはるかに下回るケースも少なくないのです。

このように、業者側に騙す意図がないにしろ、結果的に事業者側が不利益を被るケースも無視できません。

しかしこれらのケースも、先ほどご紹介した「詐欺に騙されないための4つのポイント」を押さえることで、その多くが回避できるでしょう。

加えて、「売電ロスや不具合が生じた際、どこまで対応してもらえるのか」「メンテナンスの内容や頻度」を、業者側と事前に協議し明確にしておくことが大切です。

太陽光発電はリスクを回避しやすい投資

いかがでしたでしょうか?

日本人は欧米に比べ、リスクを受け止めにくい体質があると言われています。
資産運用に対する姿勢や考え方が、日本と欧米ではまったく異なっているのです。

たとえば、預金に回す資産の割合が日本では53.3%であるのに対し、米国ではほんの12.9%にすぎません。
米国人は、資産の50%以上を、株式や投資信託などの投資商品に回しているのです。(参考:資金循環の日米欧比較|2019年8月29日 日本銀行調査統計局)

投資を行う場合、もちろんリスクは伴います。しかし、経済状況が不安定な今、銀行への預金が最善策であるとは言い切れません。

リスクに対して背を向け、まったくリスクを考えないのも問題です。
しかし、必要以上にリスクを恐れて近づかないようにするのも、限られた資産を最適に運用していくというチャンスを失うことになり、ある意味リスクと言えるのです。

太陽光発電投資は、リスクを回避することで安定収入を得やすい投資案件であると言われています。

「詐欺が怖い・・」と必要以上に危惧することはせずに、信頼できる優良業者を見極め、自分自身も知識を深めていくことは、どんな投資をするにも必要不可欠なことです。<

太陽光設置お任せ隊では、土地の確保から開発、部材発注、施工、メンテナンスまで、一気通貫の体制で全て自社責任施行のもと行わせていただいております。

施主様に、心から喜んで頂けるアフターケアと、熟達した太陽光発電設備を設計できる技術とノウハウがあるからこそ、ご依頼頂いた案件には20年間の施工補償をしております。

太陽光発電システムの設計施行から太陽光投資の物件ご提案まで、太陽光発電に関することであれば、お任せ隊へお気軽にお問い合わせください。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お問い合わせ内容   
※営業目的でのお問い合わせはご遠慮下さい。
法人・個人
法人名※法人の場合
お名前
お電話番号
※半角数字でご入力ください。
メールアドレス
ご相談内容
資料請求
無料シミュレーション
太陽光発電に関するご不明点やご質問などお気軽にご相談ください。
PAGE TOP