無料相談・お見積り:0120-75-1126
太陽光設置お任せ隊 TOP >   >  2019年最新の土地活用は太陽光発電!投資費用や投資期間・リスクやメリットを教えます!

2019年最新の土地活用は太陽光発電!投資費用や投資期間・リスクやメリットを教えます!

太陽光発電のリスクとメリット

土地活用のひとつとして注目されている太陽光発電。

特にマンション経営などの収益物件を持たない、田んぼや畑などの田舎の土地活用として太陽光発電を取り入れる方が多く、「農業をやめて土地の維持に困っている」「土地が中途半端で売れない」などの悩みを抱える人にとって、これから太陽光発電に投資をするかどうか検討している人もいらっしゃると思います。

太陽光発電投資を成功すれば安定的な収益を得ることができるというメリットがありますが、投資の仕組みやリスクについてもきちんと理解しておく必要があります。 そこで今回は、太陽光発電のメリットデメリットについてまとめてみました。

どうして土地活用には太陽光発電がいいの?

土地活用の代表的なものといえば「マンション経営」や「駐車場経営」が挙げられます。

毎月の賃料で継続的な収益を得ることができるというメリットがありますが、利回りが良いだけではないリスクも存在することをご存知でしょうか。 マンション経営などの不動産投資には、まず膨大な初期投資が必要となり、人気のない地域であれば集客が難しく「空室のリスク」も避けられません。

マンションは常に満室とは限らないため、空室があれば収益を得ることはできず、その分不動産投資として失敗する可能性も考えなければなりません。

一方、土地活用に太陽光発電がおすすめの理由は、空室リスクが避けられる点と、国の制度によって電力会社が20年間の買取義務があるという点です。

不動産投資の場合、20年後に価値があるのかどうか予測が難しいですが、その点、太陽光発電の場合は国の「固定価格買取制度(FIT)」によって20年間安定した収益が得られるのです。

太陽光発電は、様々な土地活用のなかでも失敗のリスクが低く、20年という長期間の投資プランが立てられるという魅力があるため、投資を考える人が増えています。

土地活用における太陽光発電のメリット 田舎の広い土地で太陽光発電する

太陽光発電投資は、不動産投資と比べて利益率が低いように感じますが、その分空室リスクを避けることができ、安定した収益を得ることができるという魅力があります。

特に、入居者からの収益を得られる不動産投資とは違い、都市部以外の田舎の土地や、周辺環境によって入居者が圧倒的に少ない地域でも、太陽光発電では経営が可能というメリットがあります。

そのため、「農業をやめて土地が余っている」「売れない土地が余っている」という人は太陽光発電投資が非常におすすめと言えます。太陽光発電のメリットを挙げると、以下となります。

・固定価格買取制度(FIT)によって安定した収益が得られる
・20年間長期間の投資プランニングができる
・田んぼや畑でも農地転用によって太陽光発電投資ができる
・田舎の土地活用ができる
・専門的知識は不要
・維持の手間がかかりにくい

このように、景気や市場に流されない安定した収益が得られるだけでなく、不動産投資ができないような田舎の土地でも経営ができるというメリットがあります。

また、土地活用の悩みの種ともいえる「維持コスト」についても、マンション経営などの不動産投資に比べて圧倒的に低く、手間もかかりにくいのが魅力。業務委託しても年間50万円~100万円で任せることができます。

こんな場合の土地活用には太陽光発電は向かない!太陽光発電のデメリット

太陽光発電投資のメリットを挙げてきましたが、投資をする前に気を付けておかなければならないデメリットも存在します。

・災害に弱い
・住宅向けよりも初期投資が高い
・周辺環境によって発電力が変動する可能性がある
・地盤改良が必要な土地がある
・21年目の売電価格が未定

まず理解しておくべき点として、太陽光発電で収益を得るためには、太陽の日当たりが重要という点です。太陽は年間の日射量が地域によっても異なるうえ、周辺に建物があると日当たりが悪くなってしまい、発電量に大きく影響します。

そのため、設置する場所が適切かどうか、障害物となる建物がないか調査する必要があります。

また、住宅用とは違い、産業用の太陽光発電で必要な土地は少なくとも250坪~300坪となります。その分太陽光パネルの設置枚数が多くなるため、メーカーによって異なりますが、初期投資費用が1,000万円~2,000万円ほどかかるケースもあります。

さらに、太陽光発電は20年間の長期的な固定買取をして貰えるという魅力がありますが、21年目以降の売電価格や権利については不明な点が多くあります。
土地活用で太陽光発電を始める場合は、このようなデメリットや将来的なリスクも理解したうえで、対策する必要があるでしょう。

田舎での土地活用には太陽光発電がおすすめです!

太陽光発電はいい選択です。

太陽光発電投資にはメリットもあればデメリットも存在します。

そのため、投資する際はできるだけ太陽光発電に適した土地を選ぶことが重要と言えます。

土地活用にはその投資に向いている土地と向いていない土地があるため、土地選びを間違えてしまうと投資失敗を招くリスクも高くなります。
太陽光発電では、日射量や日当たりの良さなどが重要視されるため、以下のような土地が適していると言えます。

・障害物が無い土地
・日当たりがよい土地
・地盤が安定している土地
・雪が降らない土地

これらに当てはまる土地といえば、都心部よりも「田舎」となるでしょう。
太陽光発電投資をうまく行っていくためにも、土地の日照り時間をきちんと調べることや、予算や利回りの情報収集することが大切です。

まとめ

太陽光発電投資は、不動産投資よりもリスクが少ない土地活用と言えます。

特に郊外にある広大な土地や、使っていない田んぼといった「不動産投資には向かない土地」に適していることから、使用していない広い土地を保有している方にはおすすめです。

一覧に戻る