自家消費と投資型の太陽光発電メリット・デメリット

太陽光設置お任せ隊 TOP >   >  自家消費と投資型の太陽光発電メリット・デメリット

自家消費と投資型の太陽光発電メリット・デメリット

太陽光発電の導入は「投資型」と「自家消費」はどっちがお得?

工場や倉庫、店舗の屋上が開いているオーナー様にとって太陽光発電設備の導入を検討されてる方も少なくありません。

しかし、太陽光発電には「投資型(全量売電型)」と「自家消費」があります。いったい、どちらがお得なのでしょうか。

作った電力は「売る」より「使う」時代に

これまでは、固定価格買取制度(通称FIT)による「全量売電」がメインだった太陽光発電ですが、現在では情勢が変わってきています。

工場や倉庫などの大型施設に発電設備を設置できるような場合は、売電単価が下がってきたこともあり、売電するよりも自施設で消費した方が経済メリットが出るようになってきたためです。

更に今後、FIT制度が終了するといよいよ本格的に電気は売るのではなく、使う時代に入ります。

ここでは「投資型」と「自家消費」、それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介するとともに、どちらを選択するのが良いのか判断の基準になるポイントなどをお伝えしています。

本コラムでは便宜上FIT制度を利用したものを「投資型」、企業が事業内の電力をまかなう用途ものを「自家消費」と呼び分けることといたします。

投資型と自家消費の違いは?

まずは簡単に両者の違いをご説明します。

どちらも「太陽光発電システムによって発電する」ということに違いはありません。大きな違いは「発電した電力の送電先」です。

投資型の場合は、電力会社の系統に電力を流しますが、自家消費の場合は自らの施設や事業所内に流します。

投資型太陽光発電は、発電によって得られた電気を電力会社に送ることで、電力会社から電気を買い取ってもらえるというメリットがあります。

一方、自家消費太陽光発電の場合は、発電によって得られた電気を自分の施設や事業所内に送ることで、自分の施設・事業所内で電力消費しますので、その分の電気料金が削減できるというメリットがあります。

言い換えると、投資型は「発電した電気を売ることでメリットを得る」のに対し、自家消費は「発電した電気を使うことでメリットを得る」仕組みだという違いがあります。

同じ太陽光発電でも、使い方によって得られる経済的効果やメリット・デメリットはことなるのです。

次項より、もう少し詳しく、それぞれの特徴やメリット・デメリットについてみていきましょう。

『投資型太陽光発電』 メリット・デメリット

FIT制度の概要

投資型の太陽光発電とは、固定価格買取制度を利用して売電益を得ることができる太陽光発電を指します。

FITには大きく分けると「余剰買取」と「全量買取」2つの売電方法がありますが、自家消費太陽光発電と比較する場合は、全量買取の太陽光発電を前提とされることが基本です。

●余剰買取
10kW未満の設備に適用されます。 住宅用や家庭用と言われる方式で、発電した電力はまず自宅内で消費し、電力が余った場合にのみ売電することができます。 買取期間は10年間で、適用されたときの売電単価はずっと変わりません。

●全量買取
10kW以上の設備に適用されます。
全量買取の中でも更に「50kW未満の低圧」と「50kW以上の高圧」に分類されます。

発電した電力を全て売電する方法です。買取期間は20年間で、適用されたときの売電単価は20年間ずっと変わりません。

FIT制度のメリット

FIT制度を利用した投資型太陽光発電には次のようなメリットがあります。

・国の制度であるため安定している
・一度決まった売電単価は変わらない(全量買取の場合20年間)

※太陽光発電そのものに関するメリットは多方面で紹介されているのでここでは割愛します。

FIT制度のデメリット

売電単価が年々下がっているという点です。

たとえば全量買取制度が始まった2012年度は1kWあたり40円でしたが、2019年度は14円にまで下がっています。

『自家消費太陽光発電』とは? 特徴・メリット・デメリット

自家消費太陽光発電とは、電力会社から電気を買うのではなく、自分の施設(工場・倉庫・店舗など)に太陽光発電設備を導入し、それによって得られた電力を利用する仕組みをいいます。

設置場所には屋根・屋上・敷地内の空きスペースを利用することがほとんどです。

自分の施設で作った電気を事業所内で利用することから、自家消費太陽光発電はしばしば、エネルギーの「自給自足」「地産地消」と言い換えられます。

自家消費太陽光発電のメリット

自家消費太陽光発電には次のようなメリットがあります。

・電気料金(経費)を大きく削減できる
・初期費用の回収年数が短い
・送電ロスが極めて少ない
・企業価値を高めることができる
・受けられる税制優遇が多い(法人税100%償却や固定資産税軽減など)
・災害時の電力供給源となる

大きなメリットはやはり電気代を大幅にカットできることです。電気代は上昇傾向にありますので、普通に電力会社から電気を購入するよりはるかにお得です。

電気代は年々高騰を続けている分初期費用の回収にかかる期間も短いと言えます(おおむね4~6年程度が目安)。

また、送電する際にはどうしてもロスが出てしまいますが、自家消費の場合は自分の施設・事業所で電力を利用するため送電ロスが非常に少なく、無駄がありません。

さらに、自然エネルギーを100%利用した企業は、RE100という国際イニシアチブをかかげる大企業にとって最良の取引相手となるため、中小企業等が自家消費太陽光発電を導入することで大口取引を得られるチャンスが広がります。

また、中小企業であれば受けられる税制優遇が多く、導入しやすくなっていますので、中小企業にとってメリットは大きいといえます。

自家消費太陽光発電のデメリット

夜中の稼働がメインの事業所には向いていません。

太陽光発電は日の出ている時間帯にしか発電しないため、日中に多くの稼働する工場や店舗などが恩恵を受けやすくなっています。

また、売電を目的としているわけではありませんから、たくさんパネルを設置すればよいというわけではなく、必要な設備を必要な容量設置する必要があり、綿密なシミュレーションを要します¥。

そのため、自家消費太陽光発電に関する知識に長けている業者に依頼する必要があります。

御社に向いているのは自家消費? 投資型?
お得な選択をするための基準

現在は自家消費のメリットもかなり大きくなってきています。

大まかな判断基準を以下にご紹介しますので、自家消費でメリットが出せる企業であればぜひ検討してみてください。

●売電型の太陽光発電に向いている企業
・夜間の稼働がメインで、広大な土地や広い屋上がある企業(工場・倉庫・店舗など)

●自家消費の太陽光発電に向いている企業
・日中の稼働がメインで、敷地内の空き地や屋上がある企業(工場・倉庫・店舗など)
・RE100への加盟を目指す企業
・中小企業

当社は自家消費の実績もあり安心です!

FIT制度を利用した売電型と比較しても分かるように、自家消費太陽光発電は近年そのメリットが非常に目立つようになってきました。

しかし、お伝えしてきたように設置の際には自家消費太陽光発電に関する知識が豊富な業者に依頼する必要があり、業者探しの難しさがあります
そのため、せっかく普及の兆しを見せてきているにもかかわらずいまだ「爆発的普及」にまで至っていません。

当社は売電目的の太陽光発電に関してもかねてから個別プランニングを大切にした設計をすすめておりましたので、自家消費太陽光においても低コスト・高品質な設計が可能です。

これまでにも自家消費太陽光発電や超大型店舗用の太陽光発電を手がけるなど実績が豊富ですので、安心してお任せいただけます。

自家消費でお得になる?御社用のシミュレーションをお出しします

「太陽光設置お任せ隊」では、御社の事業内容、事業所の稼働時間、屋上の形状、立地場所などを考慮したシミュレーションをお出ししております。

シミュレーションの結果によって「売電型より自家消費の方がおススメ」「売電型でも利益が出せる」「固定価格買取期間終了後の20年後に自家消費に切り替える」など、様々なご提案が可能です。

いずれにしても、遊んでいる工場屋根に発電設備を導入するだけで大きなメリットが得られるということに違いはございません

太陽光発電のことなら、設置実績3500件を超える当社にぜひご相談ください。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


参照ページ
必須 個人・法人 個人法人
必須 お問い合わせ内容
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 郵便番号(半角)
必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号(半角)
必須 メールアドレス
連絡ご希望時間帯

※ご連絡可能な時間帯のご指定がありましたら、ご記入ください。

ご相談の詳細

※詳細なご相談内容がございましたら、自由にご記入ください。

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.


一覧に戻る

無料相談・お見積り

担当直通ダイヤル 06-6343-7800お気軽にお問合せください。