ESG投資とは?中小企業が太陽光発電でビジネスチャンスを掴め

太陽光設置お任せ隊 TOP >   >  ESG投資とは?中小企業が太陽光発電でビジネスチャンスを掴め

ESG投資とは?中小企業が太陽光発電でビジネスチャンスを掴め

工場・倉庫・店舗などをお持ちの中小企業の皆様、最近よく耳にする「ESG投資」とは何かご存知でしょうか。

ESG投資の意味・背景などを知ることで、企業の「脱炭素への取り組み」がいかに今後のビジネスチャンスの拡大に重要かが分かってきます。

ここでは、日本の中小企業にこそ知っておいてほしいESG投資のポイントを3つに絞ってご紹介するとともに、その打ち手として特に中小企業にとってメリットの高い「自家消費型太陽光発電」についてもご説明します。

ESG投資とは?

ESGとは「環境(Environment)」「社会(Social)」「企業統治(Governance)」の略です。

これらの分野は目に見えにくい企業の価値とも言えますが、ESG投資ではこの「見えにくい部分」に投資するというのが特徴です。

ESGと似ている意味をもつ言葉としてCSRというものがありますが、CSRは社会的責任・社会的倫理を指すのに対し、ESG投資は環境や人権の問題に関する投資を示したものです。

例えば、環境へ配慮した設備(太陽光発電設備など)導入などグリーン投資を積極的に行う企業へ投資しようという投資家たちを行うことがESG投資にあたります。

ビジネスチャンスを広げるESG投資3つのポイント

それでは、なぜ世界的にESG投資が広まっているのか、なぜESG投資の対象となることでビジネスチャンス拡大につながるのか、それを知るために重要な“3つのポイント”を押さえていきましょう。

ESG投資のポイント① 社会的ペナルティを受けない企業とは?

世界ではいま、脱炭素に向けた動きが活発です。

世界各国で、自然エネルギーの利用を行っていない企業には増税などのペナルティが課せられるようになっています。

世界の有力な機関投資家は、そういった不安要素のある企業への投資は避け、将来性を考慮して脱炭素などに積極的に取り組む企業姿勢を評価して投資先を選ぶように変化しています。いま、世界では自然エネルギーによるESG投資が急速に加速化しているのです。

ESG投資のポイント② 機関投資家に選ばれる企業とは?

前述のように、世界の有力な機関投資家たちは、脱炭素社会への取り組みが遅れている企業に対する投資を見送りはじめています。

これを「ネガティブ・スクリーニング」といいますが、それにかわってESGに取り組む企業へと積極投資する「ポジティブ・スクリーニング」が主流になってきています。
だからこそいま、企業の[環境][社会][企業統治]への取り組みは急務といえるのです。

なかでも、とりわけ世界各国の大手企業において取り組みが活発化しているのが[環境]の分野です。

大企業の多くが事業運営を100%自然エネルギーで行おうという取り組みを行いっています。
この「自然エネルギー100%利用」という取り組みを行う企業の多くは、「RE100」という国際イニシアチブに加盟しています。

RE100に加盟している企業は、Apple、Google、Microsoftなど世界的大手企業が多く、2018年1月28日時点で世界122社にも及んでいます(日本ではアスクルや積水ハウス、リコーが加盟しています)。

→ RE100について詳しくみる

ESG投資のポイント③ 大企業から選ばれる企業とは?

ここまで読んでいただいた方の多くは「大企業にしか関係のない話し」だとお思いかもしれません。しかし、脱炭素への取り組みが重要視されるのは大企業だけではありません。

それは、RE100に加盟しているような大手企業の多くが、取引先・下請け先企業に対しても「自然エネルギー100%利用の企業であること」という条件を強く求めています。

実はここに、中小企業にとっての大きなビジネスチャンスが潜んでいます。

例えば実際、米大手のApple社では部品製造を愛知県にある太陽光発電所の電力を使って行っていますし、今後も取引先に自然エネルギーの利用を求めていくようです。

つまり見方を変えれば、脱炭素に向けた取り組みを行っている中小企業には、世界的な大企業と取引を行えるチャンスが回ってくる可能性が高いということです。

つまり、日本の小さな企業が大きなビジネスチャンスをつかみ、将来にわたり安定した事業を行える舞台はもうできているのです。

だからこそ、企業規模にかかわらず今すぐにでも対策を講じておく方が良いと言えるでしょう。

「自家消費型太陽光発電」で脱炭素と経費削減が可能

では実際、ESGの観点から「日本の中小企業が将来にわたり安定した事業を続ける」ためには、脱炭素を目指しているという姿勢が大切です。

しかし、大型設備などの導入は初期費用が高額になってしまったりと中小企業にとっては大きな痛手になりかねませんし、設備導入が原因で経営が苦しくなっては本末転倒といえるでしょう。

そこで、おすすめしたいのが「自社での太陽光発電設備」の導入です。

それは、固定価格買取制度という国の政策の後押しもあり、太陽光発電の市場が成熟しており、導入にかかる手間もコストも非常に少ないためです。

とりわけ「自家消費型太陽光発電」の場合は、大企業に比べて体力の少ない中小企業でも設備を導入しやすいように、中小企業向けの税制も充実しています。

その結果、

低コストで脱炭素対策ができる
高額な電気代をほとんど払わなくてよくなる
経費削減ができる
□より幅広い企業と手を組めるビジネスチャンスが広がる
□炭素排出量が減るので将来的に受けるペナルティも軽減できるできる

といったメリットに期待することができるようになります。

そもそも自家消費型太陽光発電とは? 加速するESG投資になぜ有効?

ESG投資が進む今、最良の打ち手の一つといわれる「自家消費型太陽光発電」ですが、そもそも「自家消費型太陽光発電」とはなんなのでしょうか。普通の太陽光発電とは何が違うのでしょうか。

自家消費型太陽光発電とは、読んで字のごとく太陽光発電によって作った電気を自分で消費する発電方法」のことです。

たとえば「工場や倉庫、大型店舗などの屋上や空いたスペースに、太陽光発電設備を設置します。日中はこれによって得られた電力を自分の施設内で利用することができますし、蓄電池を併用すれば使い切れなかった分や休業日に発電した電力を貯めておくことができますので、雨の日や夜間など、太陽光発電が出来ない時間帯にもプールしておいたエネルギーを利用することができるようになります。

うまく運用すれば自然エネルギー100%利用の企業であることをうたうことができるようになりますので、ESG投資が進む脱炭素時代に非常において、有効な手段といえます。

[A]自家消費型太陽光発電で得られるメリットを詳しく掘り下げ

自家消費型太陽光発電を導入することで得られるメリットの中でも、次に挙げる2点は当然に得られるメリットと言えるでしょう。

①経費の大幅削減ができる大幅削減できる理由

自家消費型太陽光発電は経費削減に大きく貢献してくれます。同システムは売電を行うのではなく、作った電力を自分の施設内でまかなうものですから、これまで経費を圧迫してきた電気代が不要になる、もしくは大幅に削れるようになるためです。

燃料の高騰などを背景に、電気代は今後も上昇傾向にあります。>高い電気代を払い続けるよりも、電気は「作って」「使う」方がお得な時代になっているのです。

更に、蓄電池を同時に導入すれば、「デマンド値」をコントロールして毎月の基本使用料を下げることができます。

デマンド値とは1ヶ月で一番多く電力を使用した瞬間の値のことで、基本使用料はこの値を基準に設定されますので、本当に一瞬でも大量に電力を使用する場面があれば基本使用料がはね上がってしまいます。

蓄電池を導入しておけば、たくさんの電力が必要な時に、太陽光発電による電力だけでは足りない分を蓄電池から補うことができますので、デマンド値を抑え、基本使用料をも抑えることもできるようになるのです。

②災害時の停電対策になる

東日本大震災をきっかけに、災害時に電力供給が停止してしまうことに対する社会的不安は高まっています。

災害で発電設備システムそのものが故障してしまったケースは別ですが、そうでない限り自施設にシステムをつなげている自家消費型太陽光発電は災害対策として非常に有効です。

自家消費型太陽光発電は、そもそも自分の施設に電力を供給するためのシステムですので、特別なことをしなくても<いつも通り発電をし、いつも通り発電した電力を自施設内に供給することができるためです。

さらに蓄電池を併用している場合は、太陽光発電によって得られた電力を蓄えておき、夜間や雨天時の非常電源として機能させることが可能です。これは、災害時であっても変わらず行うことができますので、停電期間が長引いているときにも安心です。

自家消費型太陽光発電を導入することで得られる副産物的なメリット

企業規模を問わずビジネスチャンス拡大~街の中小企業が世界企業と提携!?~

上記メリットだけでも自家消費型太陽光発電には充分な導入価値があることが分かりますが、同設備を導入することで、結果としてビジネスチャンスまで広がるかもしれません。

お伝えしてきたように、RE100やESG投資などの時代背景により、中小企業が大企業から選ばれビジネスチャンスを拡大させるためには、環境を配慮したシステムの導入が急務です。

この打ち手として、様々な環境配慮の対策が想像できますが、いくらESGの観点から[環境]に配慮することが大切だとは言っても、中小企業にとって新たに設備投資を行うというのは、なかなか簡単な事ではありません。

あまり良い言い方ではないですが、「手に入れられるかもわからないチャンスのために、設備投資は出来ない」というのが本音ではないでしょうか。

しかし、自家消費型太陽光発電は「経費削減(電気代カット)」「災害対策」として、導入した企業にとって当然に得られるメリットが大きいため、「ビジネスチャンスを広げるために、いちかばちか導入してみる」といった博打的な要素はありません。

得られるメリットが大きいからこそ基礎体力を温存・上昇させながら、副産物的なメリットにも期待することができるようになります。

日本では税制優遇や補助金を受けられる中小企業こそ自家消費型を導入しやすい!

「そうはいっても、導入費用がかかるから、結局経費圧迫になるのでは?」と思わるかもしれません。
しかしエネルギーの自給自足に対しては政府も力を入れているところであり、様々な税制優遇を受けることができます。

■再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例措置
…課税期間17年間の内、初めの3年間の償却資産税対象標準額を2/3に引き下げる

→ 『再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例措置』について詳しく見る

■『中小企業等経営強化法』に基づく支援措置の内、以下2つの税制措置
・「中小企業経営強化税制」
法人税の100%即時償却、もしくは税額控除が可能

・「固定資産税の特例」
固定資産税を3年間1/2に軽減

→ 『中小企業等経営強化法』について詳しくみる

■固定資産税の特例措置(平成30年税制改正によって新導入)
固定資産税を3年間0~1/2に軽減

自家消費型太陽光発電には専門知識が必要

自家消費型太陽光発電の設置には、専門的な知識と技術が欠かせません。
そのため、まだまだ取り扱える業者が少ないのが現実です。

当社は、これまでにも自家消費型太陽光発電設備や大型商業施設の屋上への太陽光発電設備の設置を手がけてきた実績が多数あります。

御社にとってメリットがあり! ESGの観点でも価値のある選択を

今回は世界的に進んでいる「ESG投資」について解説をすると共に、日本の中小企業のエネルギー事情を変えるかもしれない存在であり、各社で導入が進んでいる「自家消費型太陽光発電」について解説しました。

脱炭素時代に「選ばれ続ける企業」であるためにも、もはや自然エネルギーに対する対策は無視できない時代です。

なかでも、自家消費型太陽光発電は体力のない企業様にも導入メリットがあるだけではなく「副産物的に大きなチャンスが巡ってくる可能性」が高いため、更なるメリットに期待ができる打ち手として、今後の発展が期待されています。

「なんらかのエネルギー対策を取る必然性は認識していた」
「会社の将来のため、有効な打ち手を模索していた」
「早々に経費削減を行いたい」

など、エネルギーや経費削減に関するご相談はお気軽に当社までお寄せください。

ビジネスチャンスを広げる「自家消費型太陽光発電」に関するご相談はこちら

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


参照ページ
必須 お問い合わせ内容
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 個人・法人
必須 郵便番号(半角)
必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号(半角)
必須 メールアドレス
連絡ご希望時間帯

※ご連絡可能な時間帯のご指定がありましたら、ご記入ください。

ご相談の詳細

※詳細なご相談内容がございましたら、自由にご記入ください。


一覧に戻る

無料相談・お見積り

担当直通ダイヤル 06-6343-7800お気軽にお問合せください。