太陽光設置お任せ隊

TOP >  太陽光発電の融資・資金調達入門「②信販会社編」~超低金利ソーラーローンには要注意!?~

太陽光発電の融資・資金調達入門「②信販会社編」~超低金利ソーラーローンには要注意!?~

信販会社のソーラーローンって?
金利やメリット、借りやすさは?

太陽光発電投資は、「ソーラーローン」と呼ばれる金融機関の融資を受ければ、まとまった資金がない方でも始めることができます。

最近はコンパクトな発電所も増えており、自己資金0円で太陽光発電事業を開始されるビジネスパーソンも増えてきました。

前回の記事では「①銀行・公庫編」としてそれぞれの特徴、メリット・デメリット、気をつけるべき点をご紹介してまいりました。

今回は「②信販会社編」として、信販会社の特徴、メリット・デメリット、気をつけるべき点について取り上げます。

※信販会社に関しては、金利2.15%~という当社提携ローンのお取り扱いもありますので、併せて記事の後半にて詳細をご紹介させて頂きます。

まずは「銀行」「公庫」のおさらい

始めに、銀行・公庫の特徴を簡単におさらいしておくと、どちらも金利が2%前後と低い一方で、審査期間が1ヵ月程度と長い傾向にあります(申請内容によって期間は異なります)。

また、発電事業主様が自分自身で融資先を探し、融資までの手続きを行う必要があます
基本的に販売・施工業者は必要な書類を揃える程度しかお手伝いができませんので、その点に煩わしさを感じる方もいるかもしれません。

→ 銀行・公庫の融資について詳しくみる

信販会社の特徴
(メリット・デメリット)

では、信販会社の場合はどうなのでしょうか。

信販会社とは、後払い(クレジット)取引を主業務としている会社のことです。
信販とは「信用販売」の略で、商品の分割払い、一括後払いなどを取り扱います。

太陽光発電における信販会社利用のメリットは、やはりなんといっても申請手続きの煩雑さが銀行・公庫に比べてはるかに少ないという点です。

信販会社のソーラーローンは通常、販売業者の提携しているローンを利用します。
ですから、手続きのほとんどを業者に任せることができるので、発電事業主様の手間が非常に少なくなるのです。

また、信販会社は比較的審査が通りやすいと言われており、銀行や公庫の審査に通らなかった方でも融資してもらえることが多いため、多くの方が利用している融資先です。
審査の期間も短いことが多く、お急ぎの方にもおすすめです。

一方金利は2.5%程度の信販会社が多いです。
銀行や公庫の最低金利に比べるとやや高いと感じる方もいるかもしれませんが、それでも低金利であることに変わりはなく、利用しやすいローンと言えるでしょう。

クレジットカードの発行を行っていることもあり、クレジットカード会社と混同されがちですが、クレジットカード会社はカードを利用した買い物やキャッシングを主に行っており、その他のローンは取り扱いません。 対して信販会社はクレジットカード以外の信用販売も行っています。

その低金利に待った!
販売価格に上乗せされている可能性が!?

また、販売会社各社が、提携している信販会社との間で非常に低い金利を設定しているケースもあります。
中には、1.8%という超低金利を提示してきている業者もあると聞きます。

しかし、この超低金利には充分にご注意ください。

実は、金利を低くした差分を業者がかぶっているケースがあるからです。

「なんだ、業者がかぶってくれているなら大丈夫でしょ」
と思いがちですが、そこにも罠があります。

実は、業者が被った分は商品代金に上乗せされているケースがあるからです。

そうつまり、結局は消費者である発電事業主様にしわ寄せがきており、いくら金利が低いと言っても全くお得ではないのです。

全ての業者がそうだとは言いませんが、多くはそのようなカラクリが裏に潜んでいますので、充分に気をつけるようにしましょう。

当社の金利は「純粋な低金利」なので安心です!

2018年7月6日現在、当社の提携ローンは金利2.15%~のご用意があります。
信販会社では一般に2.5%程度の金利が目立つなか、かなりの低金利を実現しております。

言うまでもないですが、当社の金利は純粋な低金利です。
当社が差分をかぶっていることもございませんし、当然お客様に何かしらの負担を負わせるようなこともございません

ご安心のうえご利用いただけたらと思います。

なかなか審査が通らない方は業者の切り替えで融資が下りることも

金融会社は設置業者も審査している!

以下は「①銀行・公庫編」でもお伝えしましたが、信販会社における審査でも同じことが言えますので、ぜひ覚えておいてください。

なかなか審査が通らないという方は、業者の切り替え(乗り換え)も視野に入れてみましょう
案外、それだけで融資が下りることがあります。

金融機関は太陽光発電への融資において、発電事業主だけではなく設置業者も審査しているためです。

これは、完工後に料金を支払うことが多い一般的な工事に対し、太陽光発電は原則、部材を都度前払いで支払うものであり、金融機関側は安心できる業者でなければ融資したがらないからなのです。

他社で審査が通らなかった方、当社なら通るかもしれません!諦めずご相談を

他社で審査に通らなかったという方も、諦めることなく当社にご相談ください。

企業には審査に使われる点数のようなものがあります。
前述の通り、点数の低い業者だと審査を通してもらえないことがありますが、当社は非常に高い点数評価をいただいている企業です

実際、当社に業者のお切り替えを頂き審査が通ったというケースも珍しくはありませんので、諦めることなくご相談ください。

当社の提携ローンは固定金利2.15%~!

当社でも信販会社との提携ローンを行っております。

◆取扱い会社:アプラス・ジャックス・イオン
◆金利:固定金利2.15%~(信販会社としては最下限級)
◆返済期間:15年間
◆災害保険10年分付き
◆保証人不要

【当社のソーラーローンのメリット】
□アプラス・ジャックス・イオンの3つの信販会社から選べる!
□金利2.15%~!業界最下限クラスの金利
□金利が低い分のお客様負担(価格の上乗せ)は一切なし!
□企業としての信頼度が高く、審査が通りやすい!

 (他社の審査で落ちても高与信の当社なら融資が下りることもあります!)
□提携ローンなので煩わしい手続きを軽減できる!

融資を受けて太陽光発電事業を
始めてみませんか

融資を受けることができれば、頭金0円でも太陽光投資を始めることができます。

しっかり発電できる設計をすれば、2018年度売電価格18円でもまだまだ売電収益をローンの返済に充てることができます
もちろん、たくさん発電出来ればローン完済前でも利益を上げることができることもあります。

当然、ローン完済後は丸々売電収入分が収益になります。
老後の蓄え教育ローンの代替など、太陽光発電を始めておくことで将来の資金計画の幅が広がります。

太陽光発電で少しでも多く利益を出したいとお考えの方は、「高品質・低価格・高効率の過積載発電所の設計」と「低金利提携ローン」の両立が叶う当社にお任せください。

→ 「①銀行・公庫編」はこちら

太陽光発電の融資についてのご相談は
お気軽にこちらから


相談内容必須

※相談内容の項目をお選びください

お名前 必須
お名前フリガナ 必須
居住所 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
連絡可能時間帯
相談内容の詳細

土地をお持ちで太陽光発電をご検討の方は、チェックを入れて項目にお答えください

■太陽光発電所の設置予定ご住所
■土地の図面はご用意できますか?
はいいいえ

土地はをお持ちではない方は、チェックを入れて項目にお答えください

ご希望のエリア

ご希望の詳細地域がございましたらご記入ください

第1希望の土地ご住所
第2希望の土地ご住所
融資をご検討の方現金でご検討の方

連系時期(発電を開始したい時期)
年 月頃までに 連系済みも可

土地または、売電権利が付いた土地を売却したい方は、チェックを入れて項目にお答えください

■売却予定の土地ご住所
■土地の地目
■売電単価(売電権利がついている土地のみ)

他社でとったお見積りをお送りいただくと、それよりお得なプランをご提案いたします

■他社見積もりがございましたら 添付してください。 ※写真可 2MBまで

うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合

直接メールで送る→アドレス:info@en-reform.com

FAXで送る→FAX:06-6537-5340

一覧に戻る