太陽光設置お任せ隊

TOP >  【太陽光発電用語集】バーチャルパワープラントとは?VPPの発展と太陽光発電

【太陽光発電用語集】バーチャルパワープラントとは?VPPの発展と太陽光発電

バーチャルパワープラントって?発電事業者が知っておくべきポイントは?

最近よく目にする「バーチャルパワープラント(VPP)」とは何のことなのでしょうか。

太陽光発電など再生可能エネルギーの普及にともない、いま急速に注目されているのがバーチャルパワープラントです。

今回は、このバーチャルパワープラントについて、入門編として取り上げてみたいと思います。

【この記事でお伝えしていること】
□バーチャルパワープラントとは
□バーチャルパワープラントのメリット
┗メリット事例
□バーチャルパワープラント構築実証事業費補助金とは
□太陽光発電事業者や投資家、国内企業が押さえておくべきVPPのポイント

バーチャルパワープラント(VPP)とは?

バーチャルパワープラントとは、点在している小規模な発電所・蓄電池・燃料電池などの設備を、あたかも一つの発電所のようにまとめて制御することです。

Virtual Power Plantと表記し、略してVPPと呼ばれています。
「バーチャル=仮想」「パワープラント=発電所」の名の通り、「仮想発電所」とも呼ばれます。

バーチャルパワープラントのメリット

VPPの大きなメリットは、再生可能エネルギー発電設備などの「創エネ」、蓄電池などの「蓄エネ」、デマンドレスポンス等需要家側の「省エネ」といった取り組みを最新技術によって連動させることで、電力需要とのバランスを最適に保つことができるという点です。

それぞれは小規模であっても、まとめて制御することで大規模発電所相当の電力となりますので、需要と供給のバランスを効率よく最適化させることができます。

VPPによるコントロール例

バーチャルパワープラントによってエネルギーシステムをマネジメントすることで、次のようなケースにおいて効率よく電力の需給量をコントロールすることが可能となります。

電力の需要がひっ迫するケース

消費電力を抑制したり(デマンドレスポンス)、蓄電池からの電気を利用したりして、需要縮小を行います。
これにより、ピーク時に火力発電などの稼働を行う必要がなくなるメリットもあります。

電力の供給量が多すぎるケース

電力が余ってしまう場合、蓄電池への充電需要を増やすことが可能です。
これにより、九州・四国を始めとした出力抑制(出力制御)による供給調整の必要性が軽減されるというメリットもあり、太陽光発電設備などの再生可能エネルギー設備の更なる普及にも貢献すると言われています。

日本でも加速するVPP
VPP構築実証事業費補助金とは?

電力自由化が進む欧州を中心に、VPP構築事業会社が立ち上がるなど発展を続けていますが、日本国内でも同様に、電力の自由化や太陽光発電・蓄電池など設備普及が進んでおり、エネルギーのシステム改革が進んできており、VPPはいま大変注目されています。

またIOTの進化により、VPP実現に向けた環境整備は着実に整っていると言えるでしょう。

そんな中、2016年4月には「エネルギー革新戦略」が決定し、新たなエネルギーシステムの構築に向けVPP技術の実証を進め、事業化を支援することが決まりました。

これにより、同年には経済産業省によって「バーチャルパワープラント構築事業費補助金(VPP構築実証事業費補助金)」として、国内でVPP構築に向けた実証事業に対して補助金を交付する事業も開始し、29.5億円の予算が計上されています。

VPPの技術進化をどう見る?
太陽光発電を始めようとお考えの方へ

バーチャルパワープラントの技術発展は、太陽光発電事業者や投資家、あるいは日本の企業にとってどのような意味を持つでしょうか。

ポイントは、再生可能エネルギーの効率的な利用が可能となった事で、ますます太陽光発電所の利用価値が高まっているという点です。

電気の需要と供給の考え方は、「需要と供給を一致させる」=「同時同量」が原則です。

しかしこれまでは、大規模発電所からの供給量を調整することでしか、それらを一致させることができませんでしたが、VPPによって小規模発電所をまとめてマネジメントすることができるようになれば、今後ますます小規模発電所である太陽光発電所の社会的需要が高まると予想されているのです。

太陽光発電事業者や投資家、
国内企業が押さえておきたいポイント

再生可能エネルギーは、今回お伝えしたVPPの発展に伴う需要拡大を始め、様々な理由から急速にその創出価値・利用価値を高めています。

特に、システムの低価格化が進む太陽光発電に対しては、社会的に普及の期待が高まっています

また、VPPで制御することが可能となる蓄電池もようやくコストダウンが進み始めました。

このような流れのなかで、離れた地域に分散している太陽光発電所や蓄電池システムの価値が高まりつつあります

つまり、太陽光発電は今後ますます資産価値が高まると考えられており、投資先をご検討中の方にとって大変魅力的な設備だと言えるのです。

したがって、バーチャルパワープラントの進化は今後、既に発電所を稼働している太陽光発電事業者様に限らず、投資先をお考えの方、自然エネルギー導入化を進める企業様にも大きく影響してくると考えられます。

再生可能エネルギーに関する最新情報は当社にお任せください

当社は公共工事、超大型店舗への太陽光発電設備設置工事、工場への太陽光発電設備の設置など、これまでに3500件を超える施工実績を誇っております。

また、太陽光発電をはじめ再生可能エネルギーに関する情報を常にチェックしており、動きの速いエネルギー業界の最新情報を取りこぼさないように収集しております。

今後も引き続き当サイトにてトレンド情報の発信を行っていくほか、お問い合わせいただいたお客様にも随時情報提供をしておますので、エネルギー関連でお知りになりたいこと、ご相談なさりたい事などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

経験・知識の豊富な専門スタッフが、最新情報を加味した発電事業計画をご提案させて頂きます。

太陽光発電など、エネルギーに関する
ご相談はこちらから


相談内容必須

※相談内容の項目をお選びください

お名前 必須
お名前フリガナ 必須
居住所 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
連絡可能時間帯
相談内容の詳細

土地をお持ちで太陽光発電をご検討の方は、チェックを入れて項目にお答えください

■太陽光発電所の設置予定ご住所
■土地の図面はご用意できますか?
はいいいえ

土地はをお持ちではない方は、チェックを入れて項目にお答えください

ご希望のエリア

ご希望の詳細地域がございましたらご記入ください

第1希望の土地ご住所
第2希望の土地ご住所
融資をご検討の方現金でご検討の方

連系時期(発電を開始したい時期)
年 月頃までに 連系済みも可

土地または、売電権利が付いた土地を売却したい方は、チェックを入れて項目にお答えください

■売却予定の土地ご住所
■土地の地目
■売電単価(売電権利がついている土地のみ)

他社でとったお見積りをお送りいただくと、それよりお得なプランをご提案いたします

■他社見積もりがございましたら 添付してください。 ※写真可 2MBまで

うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合

直接メールで送る→アドレス:info@en-reform.com

FAXで送る→FAX:06-6537-5340

一覧に戻る