太陽光設置お任せ隊

TOP >  お任せ隊が『利回り最大16.5%』を実現できている理由

お任せ隊が『利回り最大16.5%』を実現できている理由

利回り16.5%を実現できているのには具体的なワケがあります

太陽光発電事業を始めるにあたって、重視されるポイントの一つに利回り率があります。
一般に、不動産などの場合利回り10%を超えれば御の字と言われています。

そんな中、弊社の太陽光発電所設置施工であれば最大で利回り16.5%を実現することが可能になっています。

いったい、どうやってこんな高利回りを可能にしたのでしょうか。

そこには、きちんとした裏付けがあります。
もちろんシミュレーションも過積載用のシミュレーション値を使用しています。

よく見かける「口だけの高利回り」とは違うということをぜひ知って頂きたいと思い、今回は弊社の太陽光発電所設置施工のヒミツを少しだけ、お見せしたいと思います。

ヒミツ1、ただの『過積載』じゃない|『最適過積載』であなただけの特別プランを

従来の発電所では、パワーコンディショナの出力上限をベースにパネルの積載量を決めていましたが、最近は『過積載』と呼ばれる手法が主流となってきました。
もちろん、お任せ隊の太陽光発電所設置施工も過積載に対応しています。

【過積載とは?】
パワーコンディショナの容量よりもパネル容量を多く設置することです。
(例)50kW未満の低圧の発電所に100kW近くのパネルを設置

これにより、日照量の少ない時間帯の発電量を増すことが可能になり、パワーコンディショナが全力で働く時間を長くすることができます。
ピークカットされる分が増えますが、結果的にそれにも勝るメリットがあります。

<定格出力の発電量グラフ(日)>

定格出力の発電量グラフ

<過積載発電所のグラフ(日)>

過積載発電所のグラフ(日)


ポイントは、弊社の場合ただの過積載ではないということです。

お任せ隊の過積載は『最適過積載』と呼ばれるシステムです。
普通の過積載との違いは、専用シミュレーターを使用して各地域の最適積載量を算出し、"最も投資効果の高い積載量を提案している"という点です。

具体的には、年間の日照量が多い土地であれば過積載率を低くしたり、反対に曇りや雨の日が多いエリアや日陰に入りやすい土地の場合は過積載率を高くするなど、発電所ごとに異なる立地条件に応じてパネルの容量をコントロールすることが可能となる手法です。

お任せ隊を運営するハウスプロデュースは、最適過積載の分野におけるリーディングカンパニーです。
ですから、当社ならではの多くの経験と知見から、あなただけの特別プランをご提供することが可能なのです。

ヒミツ2、モジュールがスゴイ|セルレベルでロスを防ぎ、5本バスパーで発電効率UP、夏にも強い

お任せ隊の太陽光発電所設置施工では高品質モジュールを採用しています。
特に、単結晶300Wのモジュールの場合、従来の4本バスパーから5本バスパーへとパワーアップしていることにも注目して頂きたいと思います。

5本バスパー

5本のバスパーを採用したことで、セル内の電子を送る距離を短縮。
電気抵抗を減らして、発電効率をアップさせています。

特殊セル

また、電子ロスを防ぐ工夫はセルレベルにまで及びます。
従来のセルは太陽光によって生成された電子がセルの裏面で吸収されてしまう作りでしたが、お任せ隊が採用しているモジュールは絶縁膜によって電子の吸収を抑制する特殊セルです。
これによって、よりたくさんの電流を得ることができ、発電量が増加します。

夏の温度上昇にも負けない

更に、太陽光パネルが苦手としている「温度上昇」にも強いのが特徴です。
モジュールが高温になると発電効率が低下するのが一般的でしたが、お任せ隊なら夏にもしっかり発電してくれるパネルをお使いいただけます。

ヒミツ3、圧倒的な情報蓄積力|低コスト高効率を叶える最新の部材を採用

お任せ隊は、他ではなかなか実現できないような取り組みを行ったり、多方面へアンテナを張り巡らせたりして、様々な情報収集を行っています。

たとえば「こんな部材が出た」「こんな情報がある」といった最新の情報を、どんなに小さなことであっても社内ネットワークで蓄積&管理。
お客様にとって少しでも有益な情報だと判断されれば、即採用するフローができています。

だからこそ、低コストでありながら高品質な設備を提供することが可能となっているのです。

21円申請間もなく締め切り!利回りを確保するためにも急ぎましょう

いかがだったでしょうか。
お任せ隊では、ただ安いだけの太陽光発電所設置施工ではなく、最も効率の良い設置施工のご提案を行っているからこそ、高い利回りを実現できているのです。

「本当に16.5%の利回りなんて可能なの?」と思っていた方も、ご納得いただけたら幸いです。

しかし、この利回も売電単価が下がればおのずと下がってしまいます。
太陽光発電をお考えの方は、今年度(平成29年度)のFIT単価21円の権利を取得できるうちに動くことをおすすめします。

注意!21円の権利を取得できる期限迫る

先日、資源エネルギー庁より本年度中(平成29年度中)の認定申請に関する提出期限について、注意喚起が発表されました。

これによると、『バイオマス以外の新規・変更認定申請(太陽光発電など)』及び、『バイオマスを含む全区分の変更届出(太陽光発電など)』は平成30年1月12日(金) までに担当部署へ申請書類などが到着しなければならないとなっています。

また、『接続の同意を証する書類』に関しては平成30年2月16日(金)が必着となっています。
この書類は、電力会社と接続契約が締結されてはじめて発行されるものです。
電力会社に接続契約の申し込みを行ってから締結されるまで、管轄の電力会社や設置場所、設置内容などに応じてかかる期間が異なります。

たとえば、東京電力は通常期で1~2週間程度かかるとされていますが、年度末にかかるこの時期はそれよりも長くかかることが多いとの事。中部電力などは最終期限を12/15と定めているようですし、電力会社によっては3ヶ月以上かかることもあるようです。

これらの書類に関しては、期日をすぎると平成29年度中の認定を取得することが難しくなるとの事ですので、すぐに動いた方が良さそうです。

また、経産省への取材の結果驚いたのが、仮に期限までに申請ができたとしても今年度中の認定に間に合うかどうかは分からないということです。

どういうことか確認したところ、次のような事情があるようです。

●そもそも申請順に処理を行っている
●申請が多すぎる場合などは処理が追いつかない
●場合によっては処理が3月末(今年度末)をまたいでしまうこともある
●たとえ1/12迄に申請をしてもらっていても、年度をまたいで処理が完了したものは来年度(平成30年度)の調達価格が適用される

つまり21円の売電価格を適用させようと思えば、期日を守ることは大前提であり、「一刻も早く申請して他の人よりも早く処理してもらう」ということこそが最も重要ということです。

お任せ隊ならではの高利回りを実感いただくために

お任せ隊が提供している太陽光は、非常に高利回りであることが特徴です。
売電単価が下がり続けている今もなお、16.5%という利回りを担保できているのは大きな魅力ではないでしょうか。

しかし、利回りを少しでも高くキープしようと思えばやはり売電単価は重要です。
決定した売電単価は20年間固定されるものですから、わずかな単価の下落も長い目で見ると大きな痛手となるでしょう。

どうせ同じ初期投資額で始めるのなら、売電収入の面で損をしないためにも、ぜひ早めに動いてください。
お任せ隊が申請から施工まで、全力でサポートさせていただきます。

太陽光発電お問い合わせフォーム

相談内容 新プラン「トクコミシリーズ」について太陽光発電設備費用見積もり分譲太陽光発電所太陽光発電の部材のみの販売ソーラーシェアリング農地転用資金のご相談中古発電所買取土地高価買取風力発電その他お問い合わせ
お名前 (必須)
お名前フリガナ (必須)
居住所 (必須)
電話番号 (必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス (必須)
設置・売却予定住所 (設置・売却場所がお決まりの方はお書きください)
設置・売却予定場所の図面
(設置・売却場所がお決まりの方はお選びください)
図面が用意できる図面が用意できない
その他補足内容があれば、お書き下さい
他社見積もりがございましたら
添付してください。
※写真可 2MBまで
他社でとったお見積りをお送りいただくと、それよりお得なプランをご提案いたします。



うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合
直接メールで送る→ アドレス:info@en-reform.com
FAXで送る→ FAX:06-6537-5340


一覧に戻る