太陽光設置お任せ隊

TOP >  全国でパワーコンディショナー力率95%が必須!?系統連系規程への追加が決定

全国でパワーコンディショナー力率95%が必須!?系統連系規程への追加が決定

全国対象!
パワーコンディショナーの力率が95%に?

電力会社各社から「パワーコンディショナーの力率を95%に設定してください」という趣旨の案内が出ているのをご覧になった事はあるでしょうか。

これは2018年3月8日に開催された日本電気技術企画委員会において、「系統連系規程」に追加で定められた規定によるもので、原則この日以降に連系申請が行われた案件はこの規定に沿ったパワーコンディショナーの力率設定を求めることになっています。

系統連系規程とは?
パワコン力率に関してどんな定めがあるの?

今回定められた追加規定は「系統連系規程」にもともと制定されていた内容に追補版として記載されたものです。

<低圧連系における電圧上昇対策(力率一定制御)の追加>
低圧系統に逆潮流有りで連系する発電設備等の増加により,配電系統の電圧上昇が懸念されております。
この電圧上昇の具体的対策として,低圧パワーコンディショナ(低圧PCS)へ力率一定制御を具備しておくことが有効であることが,規定されております。
一方,近年導入拡大が急速に進んでいる低圧太陽光発電設備(低圧 PV)の力率一定運転での連系は普及には至っておらず,普及拡大を図るためには,全国一律の標準的な力率値を定め,規定する必要がありました。< /span>
そのため,今回,系統対策費用,PCS 容量増加に伴う対策費用及び発電機会損失を合計したコストが最小となる力率値を検討し,低圧 PV の標準的な力率値(95%)を規定に追加しました。
「系統連系規程 2017年追補版」より抜粋

分かりやすくいうと
「系統の電圧が上昇するのを防ぐために、これから連系申込をする人は、パワーコンディショナーの力率を95%に設定しておいてください
ということが記載されています。

たとえばパワーコンディショナーの容量が10kWの場合、力率95%であれば最大時の出力が0.5kW抑えられ9.5kWとなります。
常に全発電量の0.5%が抑えられてしまうという意味ではなく、あくまでも9.5kWを超えた瞬間の出力が抑えられるという意味です

対象

対象となるのは、今後連系の申請を行う低圧の太陽光発電です。
全国どの地点でも主要電力会社と連系する際にはこの規定に沿うことが原則となります。

既設発電所など、既に連携済みの発電所に関しては対象ではありませんが、少しややこしい点があります。

本規程が追加されたのが2018年3月8日の委員会開催日ですので、基本的にはこの日から追加規定に関しても効力があるのですが、実際には例えば中部電力であれば同年4月からの申請者を対象としているなど、電力会社ごとに対応が異なっている場合があります

特に委員会開催日(3月8日)に近い日程で連系申請を行った方に関しては、ご自分が対象になっているのかどうか、管轄の電力会社にお問い合わせされることをおすすめします。
※後述しますが、パワーコンディショナーの力率設定は、本規程対象の発電所に関してはメーカー側が出荷時に95%に予め設定しているようです。

そもそも「系統連系規程」とは?
どんな組織が定めているの?

本規定は、「日本電気技術規格委員会」という民間機関が定めている規定です。

しかし民間といっても、規程を定めるにあたり協議を行っている「一般社団法人日本電気協会系統連系専門部会」には電力会社各社、大手メーカー各社が出席しているため、各社がその規定にのっとって事業運営を行っていますから、電力会社各社は「パワーコンディショナーの力率95%の設定」に関して同じような呼びかけを行っている模様です。

したがって基本的には、発電事業主も規定にそった事業を行う必要があります

力率の設定はメーカー側が
出荷時に行ってくれる

「自分で力率の設定を変えるの?」「業者に依頼して設定を変えるの?」と疑問に思われるところだと思います。

結論を言うと、基本的にはご自身でパワーコンディショナーの設定を確認したり、力率の設定変更を行う必要はありません
既設発電所であっても、これから申請する発電所であっても同じです。

これは以前、中部電力に取材した際に明らかになったのですが、追加規程の対象となる発電所に出荷されるパワーコンディショナーに関しては、メーカー側が予め出荷時に力率を95%に設定した状態にしているためです。

なお、対象ではない発電所の場合(追加規程制定前に連系している発電所など)、そもそも力率一定制御の対象外となるため、設定の確認自体が不要とのことです。

高圧については特に定め無し

本規定を定めている日本電気技術規格委員会への取材を行ったところ、本規定では高圧の発電所に関するパワーコンディショナーの力率一定制御に関する記載はないとのことですので、原則的には電力会社と発電事業主との間の協議で決定することとなります。

「しかし、資源エネルギー庁のガイドラインには高圧の連系に関して、受電点の力率に関する定めが記載されてあります」とご指摘を頂きました。
こちらはパワーコンディショナーの力率ではなく受電点の力率です。混同しがちですので整理しておきましょう。

また、電力会社によっては個別に高圧の発電所に関するパワーコンディショナーの力率一定制御に関する要請を行っている場合もありますので、事前に確認しておく必要があります。

ややこしい設定は不要!
安心して発電事業を行えます

今回の力率一定制御に関しては、適正な電圧を維持するために必要なものです。
電力会社各社もホームページなどで順次呼びかけています。

ただしお伝えしてきたように、力率の設定自体はメーカーサイドで行ってくれているようですので、事業主側でややこしい設定を行う必要はないようです。

これから太陽光発電を行う方も、既に運営している方も、安心して発電事業を行ってください

当社は過積載のパイオニアなので安心です!

とはいえ、パワーコンディショナーの力率が95%になることで「出力量低下になるのでは」と不安な方もいると思います。

たしかに、最大時の出力は0.5%抑えられます。
ですが、最大時以外は通常の出力で運用が可能ですので、このときにもしっかりと発電量を確保しておくことが大切です

当社はピークカット分の綿密な計算を得意としています。
過積載のパイオニアとして最適な過積載の設計、発電所の立地状況に合わせたプランニングが可能ですので、安心してお任せください。

2018年度用に特別な太陽光発電所設置プラン(EPC)のご用意も整っております。
これは「出力制御装置が必要な地域かどうか」に着目した、画期的な地域別プランです。
当社の地道な交渉によって世界品質といわれる高品質パネルをセットにしながらも、驚きの低価格にてご提供することに成功しております

太陽光発電の事なら、経験・知識が豊富な当社までお気軽にご相談ください。

2018年度完全対応!
太陽光発電のご相談はこちらから

お名前 (必須)
お名前フリガナ (必須)
居住所 (必須)
電話番号 (必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス (必須)
設置予定住所 (設置場所がお決まりの方はお書きください)
設置予定場所の図面または公図
(設置場所がお決まりの方はお選びください)
図面が用意できる図面が用意できない
その他補足内容があれば、お書き下さい
他社見積もり・他社でお作りになった図面がございましたら
添付してください。
※写真可 2MBまで
他社でとったお見積り・図面をお送りいただくと、それよりお得なプランをご提案いたします。



うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合
直接メールで送る→ アドレス:info@en-reform.com
FAXで送る→ FAX:06-6537-5340


一覧に戻る