太陽光設置お任せ隊

TOP >  【太陽光発電用語集】デューデリジェンスってなに?資産価値維持が大切な時代

【太陽光発電用語集】デューデリジェンスってなに?資産価値維持が大切な時代

太陽光発電のデューデリジェンス
今問われる、資産価値向上に向けた取り組み

太陽光発電を始めようとお考えの方、あるいは今すでに太陽光発電所を運営されている方、デューデリジェンスの重要性はご存知でしょうか

そもそもデューデリジェンスとは何なのでしょうか?

デューデリジェンスはいま、投資家たちに重要視されている取り組みのひとつです。

投資先を検討中の方にとってはその資産価値を見極めるために大変有効な方法ですし、
すでに運用中の方にとっては資産価値が明らかになる取り組みとも言えるでしょう。

今回は、まだまだ聞きなれない方も多い「デューデリジェンス」について、太陽光発電投資においての重要性などと併せてご紹介します。

デューデリジェンスとは

デューデリジェンス(Due Diligence)とは、企業等の資産価値を測ることを指します。

ビジネスシーンでは、買収や合併の際のリスクマネジメントの一環として行われます。

マンション・アパート経営といった不動産投資の分野であれば、物件の価値を客観的に把握しておくために行います。
たとえば、投資を検討している物件の情報について、売主側から示されているもの以外にも、自分で調査を行うことなどをデューデリジェンスと呼んでいます。

なぜいま投資家の間でデューデリジェンスが重要視されるのか

デューデリジェンスの重要性は色々なところで指摘されています。

たとえば、企業の買収が決まった場合。
デューデリジェンスは買収する側にとっては、調査の結果「買収しない」という決断に至ることもあるなど重要なものです

これは裏返せば、買収対象の企業にとっては、自社の企業価値を証明する意味でとても重要だともいえるのです。

つまり、デューデリジェンスは、買う方だけではなく売りたい側にとっても必要な取り組みなのです。

太陽光発電においてデューデリジェンスはどのような意味を持つか

では、太陽光発電投資においてデューデリジェンスはどのような意味を持つのでしょうか

太陽光発電において重要なのは、発電所候補地の事前調査です。

特に売電単価が18円となった2018年度以降の土地探しにおいては、デューデリジェンスによるリスク回避は非常に重要です。

いい加減な調査を行って土地選びを行うと、影による影響を正確に考慮できなかったり、造成費を正しく把握できなかったりするリスクが高まります。

結果的に、

「発電量のシミュレーション結果が正確ではなく、思ったような売電収入を得ることができなかった」
「想定外の大幅な造成が必要となりコストがかかってしまった」

というような事態になってしまうことがあるのです。

これらの事象は、利回りに直結してしまうため、見逃すことは出来ません。

ですから、土地が減ってきている今こそ、太陽光発電所を建設する際には候補地の方位・周辺環境・傾斜・地盤などの調査を徹底し、発電量や造成コストについて詳しく確認しておく“デューデリジェンス”の必要性が高いのです。

投資家の意識に浸透しているデューデリジェンス、だからこそ資産価値を守ることが大切

デューデリジェンスの重要性が高まっている今だからこそ、資産価値を担保する取り組みが大切になってきています。
資産価値を担保することも広い意味でデューデリジェンスの一環と言えるかもしれません。

たとえば、発電量のモニタリングや定期メンテナンスを行うことで、発電所の資産価値を維持することができます。
仮に、将来的に発電所を売却しようと考えることがあっても、しっかりと維持管理できている資産価値の高い設備であれば、高い評価を得ることができ、高額売却がしやすくなります

このように、常に管理を徹底している発電所は、いざという時にデューデリジェンスによってその資産価値を正当に評価してもらえるのです。

太陽光発電投資で本当に重要なデューデリジェンスは「業者選び」です!

そうはいっても、発電事業主ご自身で正確な土地の調査を行うのは容易な事ではありません。
発電所の稼働後についても、その資産価値を維持するためとはいえ、徹底した管理を行うのはなかなか大変なものです。

そこで重要になるのが、業者選びです。

太陽光発電の設置経験が豊富な業者であればあるほど、必要不可欠な調査項目も整備されており、土地選びのセンスにも長けていることが多く、メンテナンスの重要性も熟知しているためです。

反対に、全てにおいていい加減な業者も少なくはありません。

だからこそ事業主様はまず、依頼しようとしている業者がどんな業者であるのか、徹底的に見極めることが大切です。

そういう意味では、太陽光発電事業において最も重要なのは、業者のデューデリジェンス(調査や下調べ)ともいえそうです。

当社のデューデリジェンスに関する取り組み

当社は、お客様にかわって土地のデューデリジェンスを徹底的に行っております。
特に地盤調査には慎重で、その結果に基づき設計段階から基礎のコンクリート量を調整するなど最適な基礎工事をご提案しております。

また、影の影響に関しても正確に把握できる特殊なシミュレーションシステムを導入しております。
これはより正確な数値に近い結果を得られるもので、見掛け倒しの売電収入シミュレーションではありません

2018年度は電単価が18円となっておりますので、少しの誤差が利回りに大きな影響を与えてしまいます。
当社のシミュレーションシステムの結果をもとにご検討いただくことで、「想定利回りからかけ離れてしまった」というリスクを回避することができます。

また、施工後・稼働後に関しても、定期的にメンテナンスをお受けいただけるオプションもご用意しております
グループ会社によるメンテナンスですので、一般的なメンテナンス会社にご依頼いただくよりもリーズナブルにご利用いただけます。

デューデリジェンスの重要性が広がる今だからこそ慎重な対策を!

たとえば投資向けマンションを購入するなら、事前に物件価値について調査をしておいた方が良いに決まっています。さらに全く管理のいき届いていないマンションより、管理人完備のマンションの方が安心なのは分かり切っていることです。

これと同じように、太陽光発電もしっかりと事前調査と稼働後の管理をすることが大切です
結果、デューデリジェンスにおいて高い評価を得ることができる発電所となるのです。

リスク回避のためのデューデリジェンスの重要性が浸透している今こそ、対策として資産価値を守る取り組みもまた、非常に大切な時代だと言えるでしょう。

ぜひ、事前調査・維持管理共に安心してお任せいただける当社をお選びください。

その発電所、今お考えの業者で資産価値は維持できますか?ご相談はお気軽に!


相談内容必須

※相談内容の項目をお選びください

お名前 必須
お名前フリガナ 必須
居住所 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
連絡可能時間帯
相談内容の詳細

土地をお持ちで太陽光発電をご検討の方は、チェックを入れて項目にお答えください

■太陽光発電所の設置予定ご住所
■土地の図面はご用意できますか?
はいいいえ

土地はをお持ちではない方は、チェックを入れて項目にお答えください

ご希望のエリア

ご希望の詳細地域がございましたらご記入ください

第1希望の土地ご住所
第2希望の土地ご住所
融資をご検討の方現金でご検討の方

連系時期(発電を開始したい時期)
年 月頃までに 連系済みも可

土地または、売電権利が付いた土地を売却したい方は、チェックを入れて項目にお答えください

■売却予定の土地ご住所
■土地の地目
■売電単価(売電権利がついている土地のみ)

他社でとったお見積りをお送りいただくと、それよりお得なプランをご提案いたします

■他社見積もりがございましたら 添付してください。 ※写真可 2MBまで

うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合

直接メールで送る→アドレス:info@en-reform.com

FAXで送る→FAX:06-6537-5340

一覧に戻る