太陽光設置お任せ隊

TOP >  太陽光発電と防草対策

太陽光発電と防草対策

野立て太陽光を行っている場合、元田畑の土地や、山肌を利用することが少なくありません。すると地面は整備されていない土になりますから、どうしても雑草が生えてきます。

太陽光発電において、防草対策はすべきなのでしょうか?
基本的には空地を利用し住宅とは離れていることが多いですし、フェンスを設置される場合ならなおさらシステム周辺の雑草駆除などコストになるだけです。

分離発注などで苦労して費用を下げて設置した太陽光ですから、無駄な出費は避けたいものですが、やはりできるなら防草対策も行った方が良いといえます。

防草対策の必要性

太陽光発電システムの周辺で、雑草を放置しているとどのような弊害があるのでしょうか?起こりやすいトラブル事例をまとめました。

生い茂った草が太陽光を遮る

 雑草は放っておくと、思いのほか背が高く育ちます。自宅近くに発電所があればこまめに見ていくこともできますが、遠方に発電所を持っている場合管理に出向くのも一苦労です。
 雑草はもの凄い速さで伸びますので、気が付いたらパネルを覆い隠していたという事態もあり得ます。

システムに絡みつき、倒壊の元にも

枝の長いものやツタ植物が架台をのぼり、配線に入り込んで電気系統をショートさせたりします。

また、草の根が繁栄しすぎて地面の形がかわり、フェンスを倒したりシステムを傾けたりといった被害もあります。

虫や動物が集まる

草が生い茂ると虫が集まって増えたり、虫を狙って鳥が集まってくるという連鎖が起こります。

システム内に巣がつくられたり、パネルを汚されてしまうといったことが起こります。

見栄えが悪いと近隣トラブルにも

雑草が生い茂っていると、景観の問題でクレーム問題に発展することがあります。それほど居住区の近くでなければご近所づきあいの範疇で対処を考えていかなくてはなりません。

近くに居住区があるようなら虫や獣害の問題、人が隠れていても見えない防犯上の問題などの発生も想定しなければなりません。

主な防草対策

防草対策の必要性を理解した所で、どのような方法が一般的なのか、どれぐらいコストがかかるのかをご紹介します。

方法 内容
手動で取り除く 手で雑草を抜いたり、草刈機で刈ったりします。手で草を抜くなどは最も簡単に始められますが、体力仕事であり、また草の再発を防ぐことは難しいです。

夏場、雑草が盛んに伸びる時期などは毎日でも作業を行わなければならず、発電所が近くにないと無理でしょうし、毎日通えたとしても非常に手間がかかる方法です。

さらに、20年間継続できるのかという問題もあります。
除草剤 薬剤はホームセンターなどに売っているので入手しやすく、価格も安価です。

散布は機器などを使ったりしながら、手作業になると思いますが、こちらもその手間を長期間に渡って行えるのかを考えなければなりません。

また、薬剤の効果が短いので、ものによっては数週間~数か月おきに散布する必要があります。

周囲が田畑をされていたり、薬剤に敏感な方から、使用を嫌がられることもあります。
防草シート 遮光性の高いシートを地面に敷くことで、植物の光合成を防ぎ成長を食い止めます。遮光カーテンのように製品によって日光を遮る力に差があり、価格も1㎡数千円~1万円程度と異なってきます。

土地にシートを敷き詰めるだけですので、自分で設置することも出来る容易さがポイントです。

遮光力が弱かったり、シートの隙間などから草が生えてくることがありますので、定期的にメンテナンスが必要です。
砂利敷き ガーデニング用の砂利を敷き詰める事で地面へ遮光し、防草効果を期待するものですが、砂利単独では時間と共に土とまじりあい効果が薄いようです。

ガーデニングでは化粧砂利といい見栄えを整える目的が強いので、防草シートとの併用が推奨されています。太陽光発電所の防草なら景観に拘らない限り、最初から防草シートのみを設置する方が早いといえます。
コンクリート コンクリートで地面を固めてしまい、土の露出をなくすことで植物が生えないようにする方法です。

効果は高いですが、土木工事となるので業者に頼んだり、材料費もかさむのでコストは高くなります。

しかし、効果は最も長持ちする確実な方法です。

防草の為に植物を植える

上記の防草対策の他に、広がりを見せている防草対策があります。
それは、雑草が生える前に害のない植物を植えておき、他の植物が生えないようにするという方法です。

ヘアリーベッチ

ソラマメ属で、葉はカラスノエンドウに似ている一年草(一年毎に枯れる植物)です。和名をクサフジと言い、花は青紫色の藤の花に似ています。

ツタが延びると1~2mになるのですが、地面に這うように植えると高さ50㎝ほどになります。

土を選ばす、日蔭や寒冷地でも育つなど、育成が容易なこと、また繁殖すると他の植物が生えるのを防ぐ成分を出すので(アレロパシー作用)、防草用植物としては古くから用いられています。
生育・開花・結実・枯死のサイクルを終えると掘り起こして、種をまき直す必要がありますので、その程度の定期的なメンテナンスは必要です。

豪雪地多には越冬に強いウィンターベッチという種類があります。

ロンケットネット

芝の種子が編み込まれたネットシートを地面に敷き、水をかけることで広範囲に均等に芝生を植えることができるアイテムです。

背丈が低く隙間なく芝生が生えることにより、他の植物が生えるのを防ぎます。環境や効果に合わせ、種子内容を変えたシートの種類がたくさんあるので、ニーズに合わせた商品が選べます。

日照の強い時期に植えると種が焼けてしまうこともあるため、設置時期と発芽までの期間は注意してみてやる必要があります。

お任せ隊までご相談下さい

防草対策のご相談もお承りいたします!
土地の整地、土木工事、防草対策も太陽光設置お任せ隊なら、これまでの実績からニーズに合わせた効果的な方法をご提案いたします。

地盤調査や環境に合わせた架台設計など、いざ工事の時だけでなく、設置する前からお気軽にご相談ください。

一覧に戻る