太陽光設置お任せ隊

TOP >  【農業法人さん募集!】ソーラーシェアリングのパートナーを募集しています

【農業法人さん募集!】ソーラーシェアリングのパートナーを募集しています

農業法人さん募集!無償提供の農地で
ソーラーシェアリングをしてみませんか

『太陽光設置お任せ隊』には、多数の“余り優良農地”が集まってきています。
これは、農地を活用できずお困りの方からのご相談が増えているためです。

そこで、当社ではこれらの農地を活用して、普通に農業を行っているだけで、プラスアルファの大きな収入を得られる「ソーラーシェアリング」にて農業を行ってくれる農業法人様を募集いたします。

※農地の所有権は、農業法人様に無償譲渡、もしくは低価格にてお譲り、あるいは賃貸となります。詳細は本文をご参照ください。

優良な第一種農地が余っています

日本各地で農家の高齢化による世代交代が進んでおりますが、次世代の地主様に農業に関する知識や経験がない方が増えており、多くの地主様がご自身では農業を営むことができずにお困りでいらっしゃいます。

特にこの現象が顕著なのが第一種農地です。
第一種農地ですので、農地の活用法としてすっかり定着化した「農地転用による野立て太陽光発電」を行うわけにもいかないのが現状です。

そこで、当社ではそういった方々からのご相談を受け付け、“余り優良農地”を有効に活用できる土地へと変身させるビジネスを開始しました。

農業法人様だからこその特権です!
「農業」+「太陽光発電」で収入アップ

当社がご提案しているのは、農業法人の皆様に、この土地を使っていただくというものです。
もちろん、ただ農業を行うためだけの土地をご紹介するのではありません。
大きな付加価値をお付けしてご提案します。

それが「ソーラーシェアリング」と呼ばれる農地活用方法です。

これは、農作物を作る土地の上部で、太陽光発電を行う方法で、農業だけを営むよりも更に収入をアップさせることが可能であり、いま非常に注目を集めている手法の一つです。

この太陽光発電に関する設備を当社にて導入・設置いただくことを条件に、ソーラーシェアリングに適している農地のご紹介を行います。

もちろん、太陽光発電による売電収入は農業法人様のものとなりますので、農業だけの収入では不安だという方にも安心です。

ソーラーシェアリングでは「必ずその土地で農業を行わなければならない」という決まりがありますから、ソーラーシェアリングによる「営農収入+売電収入」のダブルの収入を得られるというのは、農業法人様だからこそのメリットです。

ソーラーシェアリングとは?
いつも通り農業をするだけで大丈夫です

ソーラーシェアリングにつて、もう少し詳しくご説明します。

ソーラーシェアリングの仕組み

ソーラーシェアリングとは、農業をしながら太陽光発電も同時に行うというものです。
完全に農業をやめて、その土地を利用して太陽光発電を行う場合は農地転用を行う必要がありますが、ソーラーシェアリングの場合は農業を続けながら行うことになり、農地転用をする必要がありません

厳密には、パネルを支える架台の支柱を立てている基礎部分のみを農地転用することになり、他の地目は全て農地のままとなります。
そのため、第一種農地であっても比較的許可がおりやすいのが特徴です。
※当社がご紹介する農地は、全てソーラーシェアリングの許可が下りることが確認できている土地です。

普通の太陽光発電は1.5メートル程度の架台を利用し、風の影響を受けない程度にパネルを敷き詰めますが、ソーラーシェアリングでは、農作物へ太陽の光を送るため、大よそ3mの高さの架台を組み、パネル間隔を広めにとって設置します。

【ソーラーシェアリングのメリット】
普通に耕しているだけで、エコな副収入。

ソーラーシェアリングにはどんなメリットがあるのか整理します。

1、特別なことをしなくても副収入を得られる
2、特別なことをしなくてもエコに貢献できる
3、夏場の農作業がはかどる

1、特別なことをしなくても副収入を得られる

ソーラーシェアリングの大きなメリットは、農業による収入に加えて太陽光発電による売電収入も得られることです。

ソーラーパネルの下で、今まで通り普通に農業を行うだけで、副収入を得ることができるわけです。

そして何より、太陽光発電の大きな特徴は、その安定性にあります。
というのも、太陽光発電は「固定価格買取制度(通称FIT)」と呼ばれる国の制度によって、20年間の売電が約束されているためです。

1kWあたりの売電価格は、年度ごとに決定されており、2018年度は18円/kWとする案が発表されており、例年通りであればこのまま決定される見込みです。

この価格は毎年下がっているのですが、特徴的なのは最初に決まった売電単価は20年間変わらない ということです。
つまり、設計段階で正確な発電シミュレーションさえ行うことができていれば、20年間の収入が予め想定できるのが大きな利点です。

農業が天候にされやすく不安定な事業だと言われる一方で、このような方法で安定収入を得られるということは、安心して農業を続けるための大きなの要素となってくれるはずです。

2、特別なことをしなくてもエコに貢献できる

また、いつも通り農作業を行うだけで、地球温暖化防止に貢献できるのも、ソーラーシェアリングの特徴です。

地球温暖化問題が深刻化している中、再生可能エネルギーに対する注目度は非常に高まっています。
特に太陽光発電は、発電の際に騒音を発したり二酸化炭素を発生させたりすることもないため、非常にクリーンでエコな発電事業だといわれております。

3、夏場の農作業がはかどる

意外なメリットして、パネルの日陰で農作業が行えることで、夏場の農作業がはかどるという利点もあります。

上記の温暖化問題にもつながりますが、近年の夏場の暑さは尋常ではありません。炎天下で農作業を行うのは危険とも言えますが、ソーラーパネルが頭上にあるおかげで作業効率の向上にも期待することが可能です。

【ソーラーシェアリングの注意点】

一方で、ソーラーシェアリングならではの気になる点もあるかと思います。
「パネルの下でも農作物は育つのか」という点です。

先に結論を申し上げると、光飽和点さえ考慮すれば、安心して農業を行うことが可能です。

【光飽和点とは?】
植物には吸収できる光の限度があり、これを光飽和点といいます。

そもそも、“ソーラーシェアリング”というくらいですから、「農作物」と「パネル」で太陽の光を「分け合おう」というのが考え方の根底にあります。

光飽和点を超える光を植物に浴びせ続けると、かえって成長にとって良くない場合がありますが、ソーラーシェアリングではこの性質をうまく活かします。
前述の通りソーラーシェアリングのパネルは、通常の発電所とは違い、隙間を保ちながら設置します。その隙間からの光で充分に育つ、光飽和点の低い農作物を育てるようにして“良い成長”を促すのです。

そのため、農作物は限定されますが、意外とその種類は多く、ソーラーシェアリングをやっている農家の方は日本中にたくさんおられます。
※農作物の種類についてはお気軽にご相談ください。

当社のソーラーシェアリングは
発電量が違います!

『太陽光設置お任せ隊』はこれまでに数多くのソーラーシェアリングを手がけてまいりました。

そのため、ソーラーシェアリングのメリット性を大きく引き出せるノウハウがあります。

当社ソーラーシェアリングの特徴①
ソーラーシェアリングとは思えない驚異の発電量

特筆すべきは、当社であれば圧倒的な発電量を引き出せるということです。発電量を多くすることに関して、当社は自信を持っております。

特に自信を持ってご案内しているのが「過積載」と呼ばれる、パワーコンディショナーの容量よりもパネル容量を増やすという手法です。
当社は過積載のパイオニアであり、独自の過積載技術を持っておりますので、ぜひご相談ください。

→ 「過積載」について詳しく見る

また、発電量を向上させるためパネルにも工夫があります。
最近増えている「ソーラーシェアリングの専門業者」の場合、一般的にはソーラーシェアリング専用の細いパネルを利用します。
これは、光飽和点が比較的高い農作物に限定したい場合や、農業に重きを置きたい場合には有効です。

しかし、安定収入を見込める発電の比重も重視したいという場合には力不足となるケースが目立ちます。

そこで当社は、独自の技術と知見により、通常の野立て発電所で使用する高品質パネルを使ってソーラーシェアリングの発電所を設計することを可能にしました。

もちろん、ソーラーシェアリング用の細いパネルをご希望であれば、ご用意は可能です。
また他にも、一般のパネルの「ハーフサイズ」のパネルをご利用いただくプランもご提案することができます。

お伝えしているように、パネルの使い分けは、発電に重きを置きたいのか、農業に重きを置きたいのか、どんな農作物を育てたいのか、などによって変わります。
ご要望の内容に応じてパネル形状を選択いただくことが可能ですので、まずはご相談ください。

当社ソーラーシェアリングの特徴②
20年の収益見込みが立ちやすい

ほとんどの業者は、発電量に大きな影響を与える日陰についてシミュレーションに組み込んでいません
そのため、実際の発電量がシミュレーションより大幅に下がってしまったというケースも珍しくはないのです。

一方、当社は高精度システムによる発電シミュレーションを行っております。
当システムの採用により、より正確な20年間の収支計画を立てることが可能になっています。

当社ソーラーシェアリングの特徴③
面倒な手続きも当社にお任せいただけます

また、ソーラーシェアリングは手続きが非常に煩雑です。
当社では、これまで数多くソーラーシェアリングを手がけてきた実績があり、手続きに関しても代行できる部分は代行するなど、最大限のサポートを行いますのでご安心ください。

→ ソーラーシェアリングについてより詳しくみる

本システムの仕組みと流れ

農地を余らせている方とのマッチングとなりますので、まずはご登録という形になります。
既に非常に多くの優良農地がコンスタントに集まっている状態ですので、ご期待いただけるとは思いますが、ご希望条件などによるマッチングが成立するまではお待ちいただくことになります。

具体的な手順(予定)

具体的には以下のような手順を予定しております。

◆ご登録

農業法人様に弊社へ「ソーラーシェアリングご希望農業法人様」としてご登録いただきます

◆余り農地の募集

弊社にて、農地の活用についてお困りの地主様より継続的に優良な農地を集めます

◆マッチング

ご要望や条件などを考慮し、双方のマッチングを行います

◆所有権の移管

農業法人様へ農地の所有権を移します
※無償・有償など土地価格に関する詳細は以下「条件」の項目をご参考下さい

◆太陽光設備導入

ソーラーシェアリングを始めるための手続きを行い、設備導入を行います
※当社が代行できる手続きは全て当社にて行いますのでご安心ください
農業法人様の所有発電所として設備をご購入・設置いただきます

◆ソーラーシェアリング運用開始

設置が完了したら、いよいよソーラーシェアリングのスタートです!
といっても、農業法人様はいつも通り農作物をお作りいただくだけでOKです。
メンテナンスなどに関しても、当社より専門の業者をご紹介しますのでご安心ください。

ご登録条件

◆弊社にて太陽光発電に関する設備の導入・設置をしていただく事を条件と致します。

◆農地は無償譲渡、もしくは低価格での売買となります。

※無償譲渡の場合は、収益の中から元の地権者様に成果還元するかたちとなります。
※買取の場合は、成果還元をしていただく必要はございません。

なお、土地の所有権移管だけではなく、農地の賃貸契約も可能です。
この場合もソーラーシェアリングとなりますが、このスタイルの場合は、太陽光発電を行うのは地権者様となる可能性もあります。
この場合、農業法人様は農地を借りて、パネルの下で農業を行う形式となる予定です。

ご要望に応じてプランニング致しますので、詳しくはお問い合わせ・ご相談ください。

農業法人を続けることに不安がある方へ

農家の高齢化 TPP問題など、農業を取り巻く環境はめまぐるしく変化しており、安心して農業を続けにくい時代になっています。

そんな中、当社は本ビジネスモデルこそ「地球」にも、「農業法人様」にも、「地権者様」にも最善の手段につながると考えております。

先が見えない不安を抱えながら農業を続けていらっしゃる方、ソーラーシェアリングによって「何もせずに放置されている農地」を「豊富な作物と豊かな電力を生む価値ある土地」によみがえらせてみませんか?

太陽光発電設置事業を長く行ってきた当社へ
お任せください

いつも通り農業をするだけで、
 いつも通り農業をするだけより、エコにつながる。

いつも通り農業をするだけで、
 いつも通り農業をするだけより、収入が得られる。

そんな未来を、弊社と共につくってみませんか?

農業法人の皆様、お気軽にお問い合わせください。

農業法人種別 農地所有適格法人農事組合法人
農業法人名(必須)
担当者名(必須)
電話番号(必須)
連絡可能時間帯
FAX番号
メールアドレス(必須)
住所(必須)
ホームページアドレス
農業法人様について追記事項があればご記入ください
確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください

一覧に戻る