太陽光設置お任せ隊

TOP >  太陽光、平成29年売電価格は21円/kWか

太陽光、平成29年売電価格は21円/kWか

画像112/13日、経済産業省の『調達価格等算定委員会(第28回)』にて、来年度における再生可能エネルギー事業の買取価格(売電価格)の委員長案が決定されました。

まだ、(案)とついているものの、毎年この委員長案にて本法が決定されていることから、各社決定事項としてニュースリリースを発表しています。


産業用太陽光発電は20円台をキープ

画像110kW以上の太陽光発電の売電価格は、前情報ですと22円/kWという話が飛び交っていたものの、実際は21円/kWでの執行が行われそうです。

また、他の再生可能エネルギー事業は、向こう三年間の価格まで決定されたにも関わらず、産業用太陽光のみ来年度の案のみが決定され、その後は未定です。

調達価格等算定委員会としては、太陽光発電の普及自体は想定よりかなり進んでいるものの、システム価格が欧州に比べ2倍程度であり、今後はそれらと同等まで市場のコスト削減を促していく必要があるとしています。

しかしながら、電力会社の容量が超過してきていることから電力抑制における制御機能つきパワーコンディショナの導入費用や電力連系費用の高騰という課題もあり、市場価格を予見しにくい要素が出現してくるので、売電価格は今年度の3円ダウンに留まる20円台をキープしたものと思われます。


発表された再生可能エネルギー案

経済産業省から発表された資料をご紹介いたします。
10kW未満の項をご覧いただくと分かりますが、産業用以外の再生可能エネルギーは三年後の売電価格まで決定されました。

公式資料中には、太陽光の他の再生可能エネルギーの売電価格案もありますので、よろしければすべてご覧になってみてください。

平成29年度売電価格案
経済産業省 資料2 調達価格等算定委員会(第28回)
平成29年度以降の調達価格及び調達期間についての委員長案(PDF)
http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/028_haifu.html


21円売電も、当社は満足利益をご提供!

画像1来期の売電価格でも、当社はまだまだお客様にご納得いただける利回り商品をご提供して参ります。

太陽光をやってみたいけれど土地がない方は、分譲太陽光をご検討ください。
土地がお決まりの方も、今からでも来期のご相談、お承りしております。

24円駆け込み申請もまだまだお受付中。
設備認定は1/20締め切りですが、電力会社の受付が既に営業所単位で状況が異なっております。

急ぎ申請を行い、24円権利が取得できない場合、当社とのご契約(申請確定までは仮契約となります)は無料キャンセルしていただけます。手数料、手続き費用などかかりません。

太陽光発電のことなら、まずは当社まで何でもお問合せください。

一覧に戻る