太陽光設置お任せ隊

TOP >  平成28年度売電価格決定!産業用は24円に

平成28年度売電価格決定!産業用は24円に

3月18日、経済産業省より平成28年度の再生可能エネルギー売電価格の決定が発表されました。

■経済産業省 エネルギー庁
「再生可能エネルギーの平成28年度の買取価格・賦課金単価を決定しました」

産業用太陽光は1kWあたり24円(税別)に


検討案の通り、10kW以上の産業用太陽光の売電価格は 24円(税別)/1kW となりました。

売電価格は年々下降しておりますが、一時には20円とも予想された来期価格ですので24円に留まったのは一安心といったところです。

太陽光設置お任せ隊では、24円売電でもお客様に十分な利益を得て頂けるようなプランをご用意いたしました。

28年度も最大12%越え利回りが可能


昨年度に引き続き、当社ではシミュレーションにより10%以上の利益がでる設計をご案内いたします。

地域による日照量の差や、ご自身の土地での設置でしたら最大利回り12%のご提案も可能です。

もちろん、通常の設置ではいけません。当社が部材メーカーと検討を繰り返し作成したプランと、実際に設置を行い培ったノウハウによりお客様それぞれに合わせた最適な設計により多くの利益を生み出します。

利益の秘密は過積載


当社が高利回りを打ち出す自信は、昨年度から広まってきた『過積載』が秘密です。

過積載とは、パワコンの定格出力よりも多くパネルを設置することにより、システムの総発電量を底上げし利益を増やす方法です。

詳しい仕組み


通常… 発電所の設計は、パワコンの定格出力に収まるようにパネル枚数を調整します。

例:パワコン49.5kW

パネル 260W×190枚=49.4kW ◎ パワコン容量内なのでOK

パネル 260W×191枚=49.66kW × パワコン容量オーバーNG


過積載… 発電所の設計は、パワコンの定格出力以上設置する。パワコンメーカーが定める上限枚数までの中で設計する

過積載のメリットは、パネル枚数が多いので通常発電量の少ない朝夕の時間帯でも底上げして発電してくれます。
そのかわり、日中の発電ピークタイムはパワコン容量の上限で電力が切り捨てられていきます。(通常の設計でもピークタイムの余剰電力は捨てられています)

切り捨てた電力や、パネル枚数が増えた分大きくなる初期費用を鑑みても、過積載の方が利益が増えるのです。

メーカー保証もついて安心!


パワコンの定格出力よりパネルを設置してシステムは大丈夫なのか?と最初は皆様ご心配されますが、過積載可能なパワコンとパネルの組み合わせというのがあります。
また、それらの組み合わせであればメーカー保証がつくのでご安心ください。

任意補償も充実


また、当社では「出力制御補償」「売電収入補償」の任意補償もご用意しております。

「出力制御補償」とは、メーカーが公表しているパネルの発電基準を下回った場合、損失分を補償してくれるものです。この補償をつけられるパネルメーカーは限られておりますので、詳細はお問い合わせください。

「売電収入補償」とは、何らかのトラブルによりシステムが発電しておらず、売電損失を被った場合損失額の何割かを補償してくれるものです。弊社提携の保証会社様をご紹介させていただきますので、ご要望の際は担当者までお申しつけください。

補償について詳細はこちら

低圧50kWが激安950万円から


低圧太陽光発電の上限である50kWシステムを、激安950万円(税抜)で設置できるプランをご用意いたしました!

それも、材料+工事のセットになった充実内容。
当社おすすめの実力派メーカーに、安心の国産パワコンでの設置ができます。

メーカー補償もついて、プロの施工で、分離発注以上に低費用で低圧50kW発電所が建てられますので、売電24円でも高い利益を得ていただける当社おすすめのパッケージプランです!

過積載設計のノウハウがあります


昨年、当社の太陽光発電工事は殆どが過積載での設置でした。
敷地と部材の効率的な設計が多くのお客様にご納得いただけたものと思っております。

過積載の工事は通常よりパネルの枚数が増え、流通する電力量が多くなります。機器の配置や電気工事もトラブルなく稼働できるようにコツが必要ですが、当社にはノウハウの蓄積が十分にあります。

ぜひ一度、売電24円でのシミュレーションをご覧ください


売電単価が24円になった今年度も、ぜひ当社でシミュレーションしてください。
まだまだ高い利益を出せるご提案があります。

低費用、高品質の両立で、ご満足いただける発電所設置を致します。
お気軽にお問合せくださいませ。


 お問い合わせはこちらから


一覧に戻る