2019年問題!FIT後の太陽光発電のご提案

太陽光設置お任せ隊 TOP >   >  2019年問題に迫ります!FIT終了後、最適な太陽光発電とは?

2019年問題に迫ります!FIT終了後、最適な太陽光発電とは?

2019年、ついにFITによる買取期間が終わる設備が出てきます

2019年11月以降、家庭用太陽光発電のFIT(固定価格買取制度)期間が終了する方が順次でてくるため、様々なサイトを見ていても

「自宅で太陽光発電を行っているけど、買取期間が終了したらどうしたらいいの?」
という不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

先に結論を申し上げると、そのまま売電を続けるか(買取価格未定)売電をせず自宅などで使う(自家消費)かの二択になります。

2019年問題についてその詳細をみていきながら、買取期間終了後の選択肢についてご紹介します。

家庭用の太陽光発電、買取期間が2019~2023年までに終わる設備は160万件以上

現在日本では、資源エネルギー庁も同庁ホームページ内にて特設ページ(どうする?ソーラー)を組み情報提供を行っているなど、大きな問題となっている2019年問題。

そもそもこの問題は、余剰買取、別名家庭用太陽光発電(住宅用太陽光発電)といわれる太陽光発電の「買取期間満了」に関する問題を示しています。

余剰買取の買取期間は10年間です。余剰買取制度は2009年に開始しましたので、早い人で2019年に買取期間満了を迎えます

こうして順次、満了を迎える設備は2023年までに160万件を超えるとされています。2019年問題に直面する方は、当時比較的高いFIT単価で、太陽光発電を始めた家庭が対象です。

期間満了後に再度認定を取得することはできない

多くの方が不安に思っているのは「売電ができなくなること」だと思います。

「これまでの売電期間中に節電に気を配ることにも慣れ、せっかく順調に売電を行ってきたのに、ここで売電が終了するなんて……」
とお嘆きの方も多いのではないでしょうか。

電力会社がFIT単価で買い取ることができないのは不安です。また現在のFIT単価も安いという印象もあることでしょう。

しかも、使い切れなかった電力は「引き続き売る」or「自分で使う」の二択に

日中に発電した電力。これまでは、使い切れなかった分は売電できたので、節電に励み、売電量を増やしてきた方も多いと思います。

ぜひ、今後も節電を続けてみてください。
というのも、今後も使い切れなかった分をきちんと利益につなげられる活用方法があるからです。

それは主に、次のふたつの活用法です。

[1]引き続き、売電する

家庭用の太陽光発電に関しては、今まで売電を行ってきた電力会社や、新電力会社と呼ばれる小売電気事業者に使わなかった電力を売電することができます

[2]蓄電・充電しておいて、自分で利用する

太陽光発電システムでは昼間しか発電できません。
そのためこれまでは、ほとんどの方は発電ができない夜間は電力会社から電気を購入していたと思います。

ほとんどの方、というのは、そうではない方もいるからです。
その方法が、蓄電池などの設備併用です。

家庭用の蓄電池を導入することで、日中に使わなかった電気の蓄電・充電ができるようになります。

この電気を、夜間に利用することができるようになるので、節電状況・利用状況によっては、1日中電気代がほぼ不要となるケースもあります。
これを自家消費型太陽光発電といいますが、いわば、エネルギーの地産地消であり、送電ロスも少ないため非常に効率の良い方法だと言えるでしょう。再生可能エネルギーとしての、太陽光発電の活用としても省エネルギーに貢献できます。

また、近年開発が進む電気自動車に充電して走行時のエネルギーとして活用すれば充電時の電気代を節約できますし、電気自動車を蓄電池代わりに利用する方法もあります。

上がり続ける電気代、蓄電池併用の自家消費で解決!

まだFIT終了後の各社の買取価格が決まっていないので、現時点では売電を続けるか、自家消費に切り替えるのか、どちらがお得かは明確な答えが出ていません。

ただ、今後電気代は上昇していくであろうという背景もあり、多くの専門家は「余剰電力を売るよりも、貯めておいて自分で使った方が良い」という可能性を示唆しています。

一方で「そうはいっても導入費がかかるし、損するのでは?」というご不安の声も聞こえてきます。

しかし、蓄電池の設備単価は年々下がっていますし、更に2019年問題を控えている今、蓄電池の国内メーカーは各社、ーズナブルな製品開発を進めているところでもあります。

特に自家消費型太陽光発電に関しては分散型エネルギーに向けた社会全体の流れにとって重要な役割もあり、今後の国の政策などにも注目したいところです。

【蓄電池がお得な理由(まとめ)】
●電力会社から購入する電気代は「上昇傾向」にある
●その分、蓄電池併用で節約できる電気代は「大きく」なっている
●蓄電池の単価は「低コスト化」が進んでいる
↓つまり……↓
★導入費の回収期間(節約できた金額で回収)は「減少」する
★導入費回収後は「蓄電した分の電気代が丸々浮く」ようになる

買取期間の終了時期をご確認の上まずはご相談を

買取期間満了の6~3ヶ月前に電力会社から通知が届くようですがまずはご自身でおおよその売電終了時期を把握しておくようにしましょう。

ご自身の発電設備の買取開始時期は、電力会社との契約書、案内書、検針票などに記載されています。
家庭用の太陽光発電の買取期間は10年間ですから、そこから10年後には少なくとも今までの価格では売電できなくなるということになります。

早い方では、2019年に期間満了を迎えることになります。
蓄電池の需要が高まっている今、後手後手に回ってしまっては、蓄電池の導入ができなくなる可能性もありますので、満了時期が近いという方はまずは弊社までご相談ください。

買取期間終了後の余剰電力の使い道に迷っている方、当社が徹底サポートいたします!

当社では、蓄電池新設時の設計・販売・設置を行っております。
また、幅広い業界ネットワークがあり新電力会社との太いパイプもございます。

そのため、ご相談内容に応じたプランニングのご提案、設備設計、施工など幅広いお手伝いが可能です。

売電期間を終えようとしている方、ご不安・ご不明なことがたくさんあると思います。

「そういえば、家を建てたのが2009年頃だったけど、同時に設置した太陽光発電の売電期間って終わりなの?」
「電気を売れるからお得と言われて設置したけど、今まで通り売れなくなるとどうなるの?」
「蓄電池を導入した場合の具体的な経済メリットを知りたい」
「おすすめの売電先(新電力会社)ってあるの?」
「難しい話は分からないから、お得な情報を教えてほしい」

など、どんなことでもかまいませんので、まずはお気軽にご相談ください。

ご家族のライフスタイルに合わせた最適な蓄電池をご提案しております!

住宅用太陽光設備をその昔に設置した家庭で、これまでお家で使え切れずに余った電気を売電できていたものがFITによる売電期間終了の為に今まで通りの電気の売電ができなくなる家庭が続出してきます・・・ これが太陽光業界でも囁かれ続けてきた【2019年問題】です。

設備はまだまだ使えるのに今まで通り売電ができないんじゃどうしよう、、、と思うでしょうが実は売電はできます。

今までよりかなり安い金額ですが売電は引き続き可能なのです!

ただこの金額今までよりもかなり安く、住宅で私たちが普段買っている電気より安い金額になるので、売電するより自宅で貯めて使った方がお得です。

しかし、蓄電池をつければ絶対にお得かと言いますと、そうではありません。例えば、ご自宅の太陽光発電システム容量が4kWだった場合、それに対して蓄電池の容量が10kWだったとしたら、費用も高くなり、蓄電池を貯めるのに効率も悪く、蓄電池を有効活用できているとは言えません。

発電に対する、蓄電池の容量が合っていないと、いざ災害がおこった時に使える電気の量も少なくなるケースもあります。

現在、多くの家庭に蓄電池の訪問営業が来るという声もいいですが、その場限りの提案で、本当に良い蓄電池を提案してくれるとも限りません。

本来、メリットの大きいこの蓄電池ですがメーカーや種類が沢山あって、なかなか選定が難しいと思います。エアコンや冷蔵庫といった家電と同じで、自宅の家族構成や電気を使う頻度によっても蓄電池のパフォーマンスは大きく異なります。

当社では、設置パネルの容量・システムの規格・ライフスタイル・月々の消費電力など綿密なヒアリングの上で、防災とコスト面から最適な蓄電池をご提案させていただきます!

最大限活用するためにも是非弊社へご相談下さい。皆様のご家庭に合った蓄電池を提案させて頂きます。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


参照ページ
必須 お問い合わせ内容
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 個人・法人
必須 郵便番号(半角)
必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号(半角)
必須 メールアドレス
連絡ご希望時間帯

※ご連絡可能な時間帯のご指定がありましたら、ご記入ください。

ご相談の詳細

※詳細なご相談内容がございましたら、自由にご記入ください。


一覧に戻る

無料相談・お見積り

担当直通ダイヤル 06-6343-7800お気軽にお問合せください。