無料相談・お見積り:0120-75-1126
太陽光設置お任せ隊 TOP >   >  太陽光発電投資!利回りやメリット・デメリットを徹底解説!

太陽光発電投資!利回りやメリット・デメリットを徹底解説!

利回りのメリットとデメリット

太陽光発電は環境に優しいことから、政府が設置を推奨し、多くの家庭や企業で普及しています。まだ、取り入れていない方でも、太陽光発電については何となく耳にしたことがあるかもしれません。

では、「太陽光発電投資の利回り」についてご存知でしょうか。

簡単に言えば、投資した資金に対し、どれだけお金が増えたかを表す割合です。

最近では、太陽光発電投資に関心を持つ方が増えています。

そこで、太陽光発電投資の仕組みやメリット・デメリットを詳しくお伝えしていきます。

 

太陽光発電投資の仕組みとキャッシュフロー

太陽光発電投資とは、土地や太陽光パネルのような設備を活用して発電した電気を、電力会社に売却することで利益を得ることができます。

そのため、投資を始めるには、太陽光発電を設置するための土地や建物が最低限必要です。 太陽光発電の投資は出力10kW以上の産業用太陽光発電に分類され、太陽光で発電した電力を全て売却します。

 

また、発電電力が50kW未満の「低圧」と発電電力が50kW以上の「高圧」の物件によって、利回りの高さや売電収入が変わります。

初めて太陽光発電投資をする方、初期費用などを抑えたい方は「低圧」がおすすめです。

 

キャッシュフロー

収入や支出、流入や流出などお金の流れをキャッシュフローといいます。

太陽光発電投資を始める場合、高額な初期費用が発生します。

そのため、初期費用の分を早く回収するには、投資を始める前に計画を立てることが大切です。

そもそも、太陽光発電投資の利回りは、太陽光発電システムに掛かった費用に対して、どのくらいの利益を得たか把握するための指標になります。

 

利回りの計算の仕方は「(年間収入-諸経費)÷初期費用×100」

収入は各年度の売電単価×発電量(kWh)で計算できます。まずは、初期費用と年間支出にどのくらいの費用が掛かるのか、しっかり把握しておく必要があります。

 

初期費用はどのくらい

太陽光発電投資における初期費用は、システムの設備・設置工事費、契約費などに加え、新たに土地を取得するとなれば、土地の購入費用なども必要となります。

 

一般的に、初期費用には1,000万円~2,000万円必要です。

 

年間支出は?

太陽光発電は「太陽光パネル」と、変換した電気を売電出来るように調整する「パワーコンディショナー(パワコン)」という機材の2つから成り立っています。

パネルは20年という長い期間の保証があるケースが多いですが、パワコンは10年設定が多いため、買い換えが必要です。

その他に、メンテナンス費用・固定資産税・所得税・パワコンの電気代、各種補償費用など、様々な諸経費が発生します。

 

 

 

 

太陽光発電投資の4つのメリットと3つのデメリット

メリットとデメリットをきちんと知る

太陽光発電投資を始めるにあたって、メリットやデメリットをご紹介しておきます。

メリット

節税対策

金銭面での太陽光発電投資の大きなメリット。

条件を満たせば「中小企業経営強化税制」の対象になるため、即時償却などで節税できます。

 

社会貢献になる

太陽光で発電するため、CO2を発しないクリーンなエネルギーになります。

CO2は地球温暖化の原因とも言われているので、太陽光での発電は地球に優しいこと。

投資をすることで、地球を守る社会貢献にもなります。

 

導入費用は年々下がっている

システムの設置費用は年々下がっているので、負担費用が軽減します。

さらに、導入コストは下がっていますが、性能は向上しているため、投資の効率も良くなっています。

 

 

デメリット

天気によって発電量が変わる

雨や曇りの日、地域によっては雪が降る日もあります。

このように、天気の悪い日の発電力は、通常の電力の半分以下になります。

雪が降りやすい地域などは発電量に大きく影響するため、設置エリアが重要です。

 

メンテナンス費用

定期的に掃除や設備チェックする必要があるため、メンテナンス費用が年間で10万円ほど掛かります。さらに、10年ほどでパワコンの買い替え費用も必要になります。

故障などは売電収入を下げる原因にもなるため、メンテナンスは業者に依頼し、十分な対応を行うことをおすすめします。

当社では、月額5,000〜の駆けつけメンテナンスサービスをご用意しております。

 

自然災害の被害

台風や落雷、火災など災害が発生すると、太陽光発電の設備に大きなダメージがある場合も考えられます。復旧するまで発電できないと収入が減ってしまいます。

保険に入っていれば、修理費用の補填や売電収益の補償されることもあるので、投資を始める時に加入しておきましょう。

 

 

太陽光発電の利回りをよくするための具体的な3つの方法

利回りをよくする3つの方法

コストを再確認

デメリットが少なく、投資としてリスクの少ない太陽光発電投資。

しかし、表面的な利回りが良くても、実際始めればシステム費・設置工事費・諸費用の三大経費のような様々な費用が発生します。

 

そのため、実際の収益を知るために、まずは「実質利回り」を計算します。

シミュレーションツールなどで簡単に計算できるので、利用してみてください。

コストの掛け方によって、利回りにも大きく影響するので、事前の計画性が重要になります。

 

物件の探し方

次に、太陽光発電を設置する場所の確認を行います。

周辺の環境や影になるような建物がないか、年間の天気や日照条件など細かく確認することで、売電収入に影響がないか調べましょう。

太陽光発電投資の利回りの良い物件を探すことで、利回りの良さが変わってきます。

 

土地付き太陽光発電投資

土地と太陽光パネルなどをセットで購入や賃貸することで、始める投資です。

特に賃貸は資金準備が少なく、土地の固定資産税なども掛からないので手軽に始めることができます。

土地付き太陽光発電投資は利回りが高く、管理にも手間が掛からないのでコストを削減することができます。ローリスクで安定した収入を得ることができるので、おすすめの投資方法です。

 

まとめ

太陽光発電の初期費用は大抵1,000万円~2,000万円です。

初期費用の分を早く回収するには、投資を始める前に計画を立てることが大切です。

高い利回りを得るためには、初期費用だけではなく年間支出にどのくらいの費用が掛かるのか、しっかり把握しましょう。

 

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

産業用太陽光発電施工実績4,000件突破!太陽光設置お任せ隊なら、安さと充実した工事(施工補償20年)を両立。疑問点をクリアにしておくと計画的な検討ができます。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


参照ページ
必須 お問い合わせ内容
必須 個人・法人
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 郵便番号(半角)

※郵便番号をご入力いただきますと自動入力されます。

必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号(半角)
必須 メールアドレス
連絡可能時間帯
相談内容


一覧に戻る