太陽光設置お任せ隊 TOP >   >  意外と多い勘違い!土地付き太陽光発電の場所選びの考え方

意外と多い勘違い!土地付き太陽光発電の場所選びの考え方

太陽光発電は、地球にやさしいクリーンなエネルギーを作り出すことができるものとして注目を浴びてきました。

太陽光発電の普及率が高くなるに従い買取価格は下がってきているという問題はありますが、技術革新によって太陽光発電装置の発電効率も上がっていっています。 このようなことを考えれば、太陽光発電装置の設置による利益の確保は、今後もまだまだ続いていくといえます。

ただ、「太陽光発電装置を入れようにも、土地がない」とお困りの方もいらっしゃるでしょう。そのようなときに出てくる考え方が、「土地付き太陽光発電」です。

土地付き太陽光発電では、その名の通り土地をお持ちでない方であっても太陽光発電による利益を得ることができるシステムであり、現在非常に注目を浴びています。

積雪が心配される場所では太陽光発電設備は使えない?

「太陽光発電といえば、暖かいところではないと利益が確保できないものだ」と考える人も多いかと思います。 これはある意味では正しく、またある意味では少し間違っている考え方です。

太陽光発電は、太陽光を受けて電気を作り出す設備をいいます。このため、日照量が多ければ多いほど効率よく発熱します。「暖かいところの方がよい」といわれるのはこれが理由です。

しかし「日照量も多いけれど、気温も高い」という所の場合、しばしば「思ったよりも発電量が少ない」という状況に陥ることがあります。これにもきちんとした理由があります。

太陽光発電設備のパネル(太陽光パネル)は、気温が高すぎるとパネル自身が高熱を発してしまうという特徴があります。

電気は温度が上がることによって電気抵抗が発生するため、発電効率が大きく低下するのです。この「電気抵抗による発電効率の低下」は、太陽光発電で得られるはずの電気の量を低下させてしまいます。

日照量が多いところの一部は、「たしかに日照量も多いが気温自体が高くなってしまうため、日照量が多いことによって得られるメリットよりも高熱による発電効率の低下の方が影響が大きい」ということになってしまいます。

このことを知っておくと、「太陽光発電に適した土地」というのがわかってきます。一番理想的なのは、「日照量は多いけれども、気温が高すぎない土地」です。そしてこの条件をクリアする土地として、「積雪地帯」である長野県(特に南部)などが出てきます。

積雪地帯は、多くの場合一年を通じて気温が低いといった特徴を示します。しかし必ずしも「雲が多い」「日照量も少ない」というわけではありません。このため、場所にはよりますが、「積雪地帯の方が、高温になりやすい地域よりも太陽光発電の設置に適している」ともいえるのです。

「日照量が多いところ・暑いところだと太陽光発電の発電効率がよい=雪の降るような地方では太陽光発電は向かない」と考えられがちですが、大切なのは「雪が降るかどうか」ではなく、「その土地の日照量と気温」にあります。

また、「積雪地帯であれば、冬場はやはり太陽光発電の発電効率が落ちるのではないか」と考える方もいるでしょう。これもまた正しい考えではありますが、そもそも冬はどこでも発電効率は落ちるので、それほど神経質になる必要はないかと思われます。

塩害地域でも大丈夫! 場所にあった部材選びや施工方法

「塩害(えんがい)」という言葉はご存知でしょうか。これはごく簡単にいえば、「塩による被害」のことです。

海から吹き付けてくる風や海水には、大量の塩分が含まれています。これは、建物や機材、植物(農作物)に多大な悪影響を及ぼします。

農作物の場合は土壌の塩分濃度が高くなりすぎることで「枯れ」が引き起こされることがありますし、建物の場合は窓に塩がついてしまい透明な窓ガラスがすりガラスのようになってしまうなどの悪影響が起こり得ます。

塩害は、植物や建物だけではなく、太陽光発電にも影響を与えます。

一般的に、太陽光発電の架台(太陽光発電のパネルなどをのせるために使われる台のこと)は鉄製で作られています。これは非常にリーズナブルで、かつ堅牢です。塩害のない地域では、鉄製の架台は非常に役立つものです。ただ、塩害のある地域では鉄製の架台は不向きです。

鉄製の架台は、それ自体は非常に硬く強いものですが「塩分」に非常に弱いという特徴があるのです。塩によって腐食してしまい、機材の破損を起こしやすくなります。これを避けるためには鉄ではなくほかの素材を使った荷台を利用する必要があります。

その候補として挙げられるのが、「ステンレス」や「アルミ」です。ステンレスは塩害に強く、またとても長持ちします。その反面、ステンレスで架台を作ろうとすると高額になってしまう可能性が非常に高くなるというデメリットも持っています。

そこで弊社では、アルミの架台を使うことにしました。アルミは塩害に対して強く、またステンレスに比べると安価だからです。塩害地域であっても、弊社のようにアルミの架台を利用して太陽光発電設備を設置すれば、腐食によるリスクを大きく低下させることができます。このため、塩害地域であっても太陽光発電の導入が可能なのです。

なお、塩害による太陽光発電への被害としては、「架台の腐食」だけでなく「太陽光発電パネルに塩がつくことによって、太陽光発電パネルにあたる日照量が少なくなり発電効率が落ちる」というものがあります。これに関しても弊社では、「太陽光設置お任せ隊の安心のメンテナンスサービス」を実施することで対策をしています。

遠隔地でも管理はできる? そんな不安も「太陽光設置お任せ隊の安心のメンテナンスサービス」にお任せ!

このように、太陽光発電は積雪地帯や塩害地域でも利用できるものです。良い条件の物件はどんどん売れていってしまいますから、「ここぞ!」という土地があれば早めにアクセスすることをおすすめします。

ただそれでも、「遠隔地で太陽光発電システムを使っていくことには不安を感じる」という人も多いのではないでしょうか。

そんなお客様のために、弊社では「遠隔監視装置」「太陽光設置お任せ隊の安心のメンテナンスサービス」を提供しています。この2つは、遠くにある太陽光発電設備を監視することのできる装置と、メンテナンスを組み合わせたサービスです。

太陽光設置お任せ隊の安心のメンテナンスサービスには、月額5000円のプラン、月額7000円のプラン、月額12000円のプランの3つがあります最安値の5000円のプランであっても、「コンタクトセンター」「モニタリングサービス」「故障時駆けつけ」の3つが含まれています。

安心のメンテナンスサービス。

万が一太陽光発電設備に故障があった場合は、モニタリングサービスで故障の詳細が分かるようになっています。また、お客様に変わって「太陽光設置お任せ隊の安心のメンテナンスサービス」が駆けつけて、故障に対応します(状況によって対応が遅れる場合もあります)。

また、7000円のプランと12000円のプランの場合、年1回の点検が含まれます。これは、パネルの汚れや破損を確認するものです。
上で挙げた「塩が太陽光パネルにくっついてしまい、パネルの発電効率が落ちていること」もこのサービスで確認できるでしょう。

弊社では、「遠隔地で太陽光発電を運用することによる不安」を解消するべく、さまざまなサービスを提供しています。ぜひ利用を検討してみてください。

太陽光設置お任せ隊へのお問い合わせ

産業用太陽光発電施工実績4,000件突破!太陽光設置お任せ隊なら、安さと高品質な工事の両立をお約束します。疑問点をクリアにしておくと計画的な検討ができます。お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ0120-75-1126


必須 希望の発電所エリア
土地条件 購入賃貸こだわらない
購入方法 現金融資
必須 お名前
必須 フリガナ
必須 郵便番号(半角)

※郵便番号をご入力いただきますと自動入力されます。

必須 都道府県
必須 市区町村
必須 番地・建物名
必須 電話番号
必須 メールアドレス
連絡可能時間帯
■ご相談内容の詳細がございましたら、お書き下さい


一覧に戻る