工事についてのよくあるご質問

工事について

  • 業務への支障はありますか?
    設置工事の間は工事音がすることがありますが、設置後に大きな稼働音が発生する等の支障はございません。
  • 申請は必要ですか?
    申請業務については全て当社が負担いたします。

    お客様には経済産業省へ提出する同意書への押印と登記簿謄本と同じ名義の印鑑証明書をご用意していただく必要がございますが、申請手続きと手続きに必要な費用は当社が負担いたします。

    • 電力会社への事前相談費用は除く
  • 万が一、工事中にトラブルが起きた場合は?

    トラブル等が発生した際は迅速に対応いたします。当社では「対人・対物など物損対象とした保険」に加入しており、万が一、当社の施工瑕疵によりトラブルが生じた場合、身体障害及び財物損壊に起因する賠償を補償いたします。

    当社の保険・補償について

  • 導入まで全て対応可能ですか?
    太陽光設置お任せ隊は、企画・提案・設計・調達・申請・施工・保守管理まで、自家消費型太陽光発電システム導入に関わる全ての工程を自社対応(ワンストップ)で行っています。 また、「施工計画書」「活動記録」「入場者記録」等の資料を提出し、安全かつ透明性のある導入計画を策定しています。
  • 感染症対策は行っていますか?
    新型コロナウイルス感染症に対するお客様とスタッフの安全を最優先に考え、ご訪問させていただく際は、必ず事前のPCR検査にて陰性を確認の上、マスク着用及び消毒を徹底しております。 また、工事では可能な限り密集を避けながら作業を行うよう工夫しております。
  • 対応エリアはどこですか?
    沖縄、離島を除く日本全国で対応可能です。
  • 屋根に設置する際に建物に影響はありますか?
    ソーラーパネルを設置する際に気を付けるべきポイントは屋根に対する「重量負荷」です。屋根の耐重量の上限を超えて設計してしまうと建物の耐久性にも悪影響を及ぼします。また、屋根に穴を開ける際は雨漏りの原因にもなるため適切な処理が必要となります。
    太陽光設置お任せ隊では、12,000棟以上の屋根修繕工事の実績がございます。その過程で培ったノウハウがあり、屋根への影響を考慮した設計を得意としております。
  • 導入後のメンテナンスは必要ですか?
    発電量の低下や故障を未然に防ぐためにも定期的なメンテナンス及び保守点検が必要です。導入計画に合わせ、費用対効果と安全面を考慮したプランをご用意しております。
  • 高圧受電設備(キュービクル)の改修工事に対応可能ですか?
    キュービクル内部の状態によっては、キュービクルの増設が必要となる場合がございます。しかし、キュービクルの内部の改修工事を施すことで増設せずに済む場合があります。
    太陽光設置お任せ隊では、高度な技術を要する電気工事にもご対応しております。キュービクル増設を最終手段として捉え、お客様のコスト負担を極力軽減した方法でご提案を行っております。
  • 積雪地域でも設置可能ですか?
    寒冷地・積雪地域でも設置可能です。
法人向け太陽光発電のことなら
ハウスプロデュースにお気軽にご相談ください

無料今だけ【2023年版】補助金一覧ブック プレゼント!

カスタムタクソノミー 工事について
https://taiyoukou-secchi.com/answer_category/faq-construction/
35.172.230.154
CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)