よくある質問

お客様からよくお問い合わせいただく質問と、その回答をご紹介します。

そもそも自家消費型太陽光発電とは?

工場・倉庫・店舗など、事業所の屋根や空きスペースに太陽光発電設備を設置し、発電した電気を建物内で使用する仕組みです。

日本では電気代の上昇が続いており、2030年までは電気代が上がり続けると予想されています。今後は、太陽光発電で「電力会社から購入する電気を削減するメリット」が「作った電気を売るメリット」より大きくなるため、自家消費型太陽光発電が注目されています。

どれくらいの期間で初期費用を回収できそうですか?

こちらも設置場所や発電量などにより異なりますが、条件が良ければ4~8年程度で初期費用を回収し、その後は10年、20年と長期的に利益を得ることができます。
補助金を利用した場合は回収期間がさらに短くなります。

それに対し、屋根の広さや日照量の条件が良くない場合や初期費用の回収・利益化が難しい場合は、太陽光発電設備の設置をお断りすることもあります。当社の利益のために、お客様にとって利益とならない場所に設置することはございません。

保険・保証・補償はどんな内容ですか?

お客様に安心して太陽光発電事業を行っていただけるよう、各種保険と保証を取り扱っています。

詳しい内容や保証期間は、以下ページよりご覧ください。

導入方法はどんなものがありますか?

当社では4つの導入方法を提供しております。

  • 現金またはローンでの導入―初期費用がかかる代わりに、一番電気代削減効果が見込める
  • リース―初期費用は0円で導入可能。月々リース料金を支払い。レンタルと違って途中解約はできない
  • PPAモデル―初期費用0円で導入可能。PPA事業者が太陽光発電システムを自社に導入し、電気料金をPPA事業者に支払う

それぞれの導入方法ついて詳しくは以下のページをご覧ください。

太陽光パネルやパワーコンディショナーは減退しますか?

国内外のメーカーから高性能な太陽光パネルやパワーコンディショナーが販売されていますが、多少の経年劣化は生じます。
対策として各メーカーが製品保証を用意しており、著しく劣化がみられた場合は交換などの対応が受けられます。

また、当社のシミュレーションにおいては、パネルの減退も加味した現実的な数値を算出しております。

業務への支障はありますか?

設置工事の間は工事音がすることがありますが、設置後に大きな稼働音が発生する等の支障はございません。

どんな場所に設置できますか?

以下の場合を除き、基本的にどのような建物でも設置が可能です。

  • 法令・条例に反する場合
  • 屋根の形状・素材が太陽光パネルの設置に適合しない場合

当社では無料で太陽光発電設備の設置が可能かどうかお調べいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

積雪地域にも設置できますか?

各種申請の手続き完了まで3カ月から4カ月、設置工事完了まで2カ月から3カ月を目安としています。申し込みから稼働開始まで最短でも6カ月程度かかると想定しております。

申し込み後の流れを教えてください。

下記の流れで進みます。

  1. 電気料金などをヒアリング
  2. お見積り
  3. 現地調査
  4. ご契約
  5. 電力会社への申請
  6. 工事
  7. 引き渡し・事業開始

シミュレーションや現地調査を基に、最終的なお見積りをご提示いたします。
お客様にご納得いただいた上で進めさせていただきたいと考えておりますので、ご不明な点はいつでもお気軽にお申し付けください。

売電単価が下がっているから、今から太陽光発電投資を初めても遅いと聞きましたが…

当社でもよくお受けするご質問です。
結論から申し上げますと、2020年10月現在から初めても遅くはありません。
売電単価が年々下がっていることは事実ですが、比例するように設置費用も大幅に低下しています。
低圧太陽光の売電単価が40円だった2012年度も、売電単価が14円の2019年度も、表面利回りでは変わらず10%前後が平均値となっています。

2020年度にFIT権利を取得するのはアリ?

投資目的の場合、2020年に新しくFIT権利を取得して始めるのは現実的ではありません。
2020年度のFIT変更により、低圧の太陽光発電所では「全量売電」ができなくなったためです。

これから太陽光発電投資を始めたい場合は、FIT権利取得済みの「土地付き太陽光発電」や、「中古太陽光発電所」をご検討ください。

系統連系とは何ですか?

電力会社の送配電網のことを「系統」といいます。「系統連系」とは、太陽光発電などの発電設備を、電力会社の送配電線に接続することを指します。

当社では、系統連系に関する電力会社との契約を代行申請いたします。

産業用太陽光発電システムはどんなところに設置できますか?

太陽光発電といえば、屋根というイメージが強いですが、実は法律や条例に反しない限りは様々な場所に設置できます。
太陽光発電投資では、「野立て太陽光発電」と呼ばれる、空き地への設置スタイルがほとんどです。

どんな土地でも設置できますか?

条例・法令に反する場合は設置をお断りいたします。

また、地盤が軟弱な場合や、災害や近隣トラブルのリスクがある場合にも、安全のため設置をお断りすることがあります。当社では、事前に太陽光発電所が設置可能な土地かどうか調査を行っております。

積雪のある地域で注意すべきことはありますか?

積雪地域の場合、パネルの角度と架台の高さに注意が必要です。例年の降雪量など総合的な判断で最適なパネル角度をご提案いたします。

また、架台に関しては充分な高さが必要です。滑り落ちた雪や、地面に降り積もった雪の影響を受けにくくするためです。

太陽光発電投資を始めるための手順を教えてください。
  1. 問い合わせ
  2. 現場調査
  3. 設計・見積もり
  4. 契約
  5. 施工
  6. 引渡・稼働

上記の流れで進みます。

その他、電力会社・経済産業省への申請手続きや、土地の造成・伐採・砕石などが必要な場合もあります。

当社では、お客様の負担が無いよう、土地の開発周りから設計・施工までワンストップでお受けできる体制を整えております。

シミュレーションは正確ですか?

当社は、太陽光発電所の施工において5,000件以上の実績があります。それらの案件のシミュレーション全てを自社内で行い、ノウハウを蓄積してきました。
実際の発電に近いシミュレーションの実現を目指し、影の影響やパネルの配置・組み方など、1つの案件に対して想定される多数のパターンを想定し、最適な設計を行います。

また、「見積書の数値を良く見せる過剰シミュレーションはしない」「シミュレーション通りに発電する」ことを追求するよう社内教育にも力を入れておりますので、シミュレーションに関してご信用いただけますと幸いです。

自己資金がなくても始められますか?

自己資金がなくても、以下の方法によって太陽光発電投資を始めることが可能です。

  • 各金融機関が用意するソーラーローンを利用する
  • 銀行から融資を得る
  • 日本政策金融公庫から融資を得る

また、当社では「アプラス」「ジャックス」「イオンプレミアムファイナンス」の3つの信販会社との提携ローンを用意しております。

初期費用は何年くらいで回収できますか?

設置場所や日照量などの条件によって異なりますが、10年前後で初期費用を回収される方が多いです。

メンテナンスは何をすれば良いですか?

メンテナンスには「目視点検」と「測定機器による点検」の2種類があります。セルフでできるのは「目視点検」です。以下はセルフメンテナンスの一例です。

  • パワーコンディショナーの汚れ、異音、異臭、ケーブルの破損など無いか確認
  • 日々モニターを確認し、数値低下を見つけやすいようにする
  • パネルの汚れや破損がないか確認
  • 定期的な除草(除草シートで事前に防ぐことも可能)

「測定機器による点検」は、赤外線センサーによるサーモグラフィー発熱や、パワーコンディショナーのブレーカー作動テストなどがあり、これらは業者に依頼しなければ難しい作業になります。

パネルに大きな損傷が見つかった場合はどうすれば良いですか?

明らかに損傷などがある場合は、すぐに販売・設置業者に連絡しましょう。太陽光パネルは、損傷していても太陽光が当たる限り発電し続けるため非常に危険です。絶対にご自身で触れないようにしてください。

PAGE TOP