メイン
メニュー

太陽光発電
価格関係

当社独自の
過積載

太陽光発電
部材・工事関係

太陽光発電
活用法

改正FIT法に
関して

買取します

その他
メニュー

税務・資金相談


最新記事

ソーラーシェアリング 電力自家消費 蓄電池 設置架台一覧 農地転用 税務相談 資金準備の方法
TOP >  緊急募集!関東・中部・関西エリアの土地を探しています!遊休地≪高額買取≫実施中!

緊急募集!関東・中部・関西エリアの土地を探しています!≪高額買取≫実施中!

2018年度、太陽光発電用の土地需要がピークを迎えています!

特にいま、東京電力・中部電力・関西電力エリアの土地需要は急激に高まっています。
そこで当社では今、この地域での土地買取を緊急強化しています。

高額査定させていただきますので、該当地域に遊休地をお持ちの方はお問い合わせください。

【太陽光設置お任せ隊の土地買取はここが違う!】
土地オーナー様必見!3拍子揃った独自買取システムで他社を圧倒!

1、スピード買取!
土地を探している方がたくさんいるので、ご相談から買取まであっという間!
基本は当社が直接買取るので、他社よりスピーディ!

2、高額査定!
特に需要の高い関東・中部・関西は高額査定を実施中です!
太陽光発電用地としての条件が良い土地はさらに高額査定!

3、現金買取もOK!
現金での買取もご相談可能です!

なぜ高く売れる?「中三電地域」の
需要が高まっている理由

東京電力・中部電力・関西電力を総称して、「中三電」や「中三社」と呼びます。
中三電管内の土地需要が特に高まっているのは、次のような理由からです。

太陽光投資をお考えの投資家の皆様が、
“出力抑制(*1)”のないこの地域限定で土地を探しているから

つまり、太陽光発電投資家にとって、これらの土地は希少価値のある土地であり、長い目で見れば、利回りなどを考えると高額でも購入したいという方がたくさんいるのです。

※(*1)出力抑制とは
出力抑制(出力制御)は、太陽光発電所が契約する電力会社があえて、パワーコンディショナー(太陽光発電に必要な設備)をストップさせ電力流通を止めてしまうことです。
そのため、太陽光発電所の運営者は、売電収入(作った電気を売って利益を得ること)の低下リスクが高まり、リスク軽減のためには出力抑制に対応した保険への加入などが必要となります。
さらに出力制御に対応した設備を導入する必要があり導入コストも上がります。

出力抑制は、中三電以外の電力会社管内で実行される可能性があり、実際に九州・四国電力管内では出力制御への対応要請が出されています。

【最重点買取地域】はこちら!

次のエリアは、最重点買取地域としておりますので、特に高額査定をさせていただいております。

該当地域に土地をお持ちの方は、ぜひその土地をお売りください!

【最重点買取地域!高額買取実施中!】
・和歌山県 ・兵庫県  ・滋賀県
・三重県  ・岐阜県  ・静岡県
・長野県  ・山梨県  ・群馬県
・栃木県  ・埼玉県  ・茨城県

今まで売れなかった郊外の土地大歓迎!
驚きの高額買取を致します!

郊外の土地はマンションやアパート、駐車場などの王道の活用方法には向いていません。
そのため、これまで何をやっても売れず、固定資産税を無駄に払い続けていたという方も多いと思います。

そんなお困りの土地を抱えている方、市場をチェンジしてみませんか?

「太陽光発電用の土地」として販売すればあっという間に高額で売れてしまうケースが多いです。

一般の不動産会社が行うような査定とは全く違う角度から査定を行いますので、驚くような高額売却が可能となります。

特に郊外の土地であればあるほど、日影になる建物などが少なく、太陽光発電用地としては最適なケースが多いので、高額査定が付きやすくなります。

スピード売却!
太陽光発電の知識は一切不要!

太陽光発電所の土地として良い条件の土地であれば基本的には当社にて直接買取が可能です。
そのため、ご相談から売却までが非常にスピーディです。

また、買い取った土地は当社にて「太陽光発電用地」として設計しますので、土地オーナー様には太陽光発電に関する知識は一切不要です。

高く売れるのは売り手市場である今だけ!
ぜひ早めにお売りください!

太陽光発電用の土地を探している方は、本当にたくさんおられます。

当社にも「この地域限定で探している」「土地が出たらすぐに教えてほしい」というお問い合わせが殺到していて、供給が追い付かない状態です。

つまりいま、

中三電(東京電力・中部電力・関西電力)地域の土地は、完全に売り手市場です。

しかし、投資家にとって「太陽光発電投資もあと1~2年もすれば終了」という意識が高まっています。
発電した電気の売電単価は2018年度は18円ですが、年々この単価は下がっていくためこれ以上下がれば利回りを上げにくくなってしまうという考えの方が増えているからです。

そうなると、今のような高値での売却は難しくなると考えられます
ぜひ、売り手市場である今のうちに売却することをご検討ください。

関東・中部・関西の遊休地募集!
高額査定実施中!ご相談はこちらから

土地住所 (必須)
土地地目(わかればお選びください) わからない山林雑種地原野宅地その他
土地場所の図面
図面が用意できる図面が用意できない
図面や写真があれば添付してください
※写真可 2MBまで


うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合
直接メールで送る→ アドレス:info@en-reform.com
FAXで送る→ FAX:06-6537-5340


お名前 (必須)
お名前フリガナ (必須)
居住所 (必須)
電話番号 (必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス (必須)
その他内容詳細


太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法

会社概要・個人情報保護方針

会社概要| プライバシーポリシー
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る