メイン
メニュー

太陽光発電
価格関係

当社独自の
過積載

太陽光発電
部材・工事関係

太陽光発電
活用法

改正FIT法に
関して

買取します

その他
メニュー

税務・資金相談


最新記事

ソーラーシェアリング 協力業者募集 電力自家消費 蓄電池 設置架台一覧 農地転用 税務相談 資金準備の方法 大阪府低利融資
TOP >  投資としての太陽光発電

投資としての太陽光発電

2015年9月1日一覧に戻る

投資としての太陽光発電

ローリスクで長期安定収入が特徴

画像1資産運用の方法として投資を考えられるとき、リスクとリターンのバランスを見ます。リターンが大きくてもハイリスクな投資は玄人向けで、とても気軽に始められるものではありません。

その点から判断すると、太陽光発電事業はリスクがなく長期に安定して収入が入ってくるため、非常に選びやすい投資といえます。

電話番号
フォーム問合せはこちらから>>>


ローリスクの理由

太陽光発電事業とは、ある程度の広さがある土地に太陽光発電設備を設置し、作り出した電気を電力会社に買い取ってもらい利益を得ます。

この電力会社の買取価格は、契約時の価格から変更されないように国の制度で定まっているので、株や為替のように常に金額の上下に注意が必要な投資方法と違いリスクがありません。

地域によって、あるいは季節によって日照量が異なりますので、そういう意味では個々のケースで利益額も変わってきますが、事前にご予定の地域・規模・メーカーなどから発電シミュレーションを行うことが可能ですので、20年スパンでどれだけの利益を得られるのかを確認してから契約を進めることができます。


長期安定収入の理由

太陽光発電は、電力会社に電力買取してもらう価格が法制度で定められています。(2015年8月現在は 1kWあたり27円/税別)同時に、その価格で買い取りされる期間も契約時から20年間と決められています。

これにより太陽光発電は非常に安定した利益を見越すことができます。
市場の拡大により電力会社の買取価格は毎年下がっていますが、現在はまだ11%以上の利回り率を得ることが現実的に可能で、これは投資としても優秀な数字といえます。


太陽光発電にリスクはあるのか

画像1リスクらしいリスクといえば、ずさんな工事による設備トラブルです。
基本的に太陽光事業は20年に渡り長い期間行って利益を得るものですが、設置工事が悪いとそれより先に設備が崩壊して負債となってしまいます。

特に太陽光事業は新規参入業者が多く、思ったより発電しない、立地や環境に合わない設置をしてパネルが曲がる、台風などで崩壊するといったケースが多々ありました。太陽光発電所は設備工事としては単純な構造なので、他業種の業者が知識のないまま受注をとり未熟な工事をした結果です。

当社は元々屋根・住宅や公共工事を長く続けてきており、培ってきた技術が豊富です。太陽光発電の設置工事も事例が多く老舗ですが、今でも最新の工法や事例共有の勉強会を協力業者と行いどのようなご依頼でも確実な結果を出せるようにしておりますので、安心してお問合せください。


利益はどれぐらいでるのか

画像1太陽光発電は安定した利益を得ることができます。
20年間の政府からの価格保証期間があり、その間約7~9年程度で初期費用の償却ができるといわれています。その後は丸々利益となりますのでトータルでみるとプラス収支になります。
※自分の土地か、賃貸の土地かで利益率は異なります


発電所の概算利益

約50kW発電所(およそ200坪) = 約2100~2500万円 税抜
※初期費用償却後の利益
※ここから固定資産税が差し引かれます


発電量は天候により上下しますが、過去の蓄積データから高い精度での算出が可能です。ご検討中の設備でどれぐらいの利益を得られるのかは、発電シミュレーションで確認できますのでお申し出ください。


費用はどれぐらいかかるのか

太陽光発電事業を始める初期費用は決して安いとは言えません。その代わり利益を確実に得られるので、かけた費用は償却することができます。各種金融機関からの融資を受けて行う方がほとんどで、当社では経験豊富なスタッフが一から手続きサポートをいたしますのでお任せください。


発電所の概算初期費用

約50kW発電所(およそ200坪) = 約1200~1300万円 税抜
※土地代は含みません
※土地を持っていない方も発電所オーナーになれる→ 分譲発電所のすすめ


太陽光発電はランニングコストは基本的にかからないといわれています。
機器ですので、まったく手入れがいらないということではなく、メーカーやシステムの保障がしっかりしていればトラブル時もそれらに任せることができるということです。

 安さばかりを追い求めると、保障の穴を見逃しがちです。設備に不安があったら、すぐに相談をしてください。


収入が入るまでのステップと期間

お申込みから太陽光発電所を稼働できるまでには、最低でも三ヵ月ほどかかります。
その間の手順、手続きなどは以下になります。

① お問合せ

② 積もり&シミュレーション、メーカー選び

③ お任せ隊と契約

④ 経済産業省へ設備認定の申請を行う

⑤ 管轄の電力会社へ電力申請を行う

⑥ 土地・地盤調査
※農地の場合は不動産登記の変更をします(約45~180日)

⑦ 太陽光設備の工事(約2~3週間)

⑧ 電力会社との連携開始 

<< 太陽光発電所スタート! >>


最初から最後まで、お任せください

画像1太陽光設置お任せ隊は、その名の通りお申込みから発電所稼働の最後まで、安心して作業をお任せいただけます。
もちろん稼働後のトラブル時もしっかり対応させていただきます!

10年、20年とお付き合いしていく工事業者として、責任あるサポートを行って参ります。
太陽光設置工事なら、ぜひ当社までご連絡ください。


一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 中古・分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 施工事例 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 風力発電 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法 大阪府低利融資

会社概要・個人情報保護方針

会社概要| プライバシーポリシー
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る