TOP >  【速報】平成30年度買取価格案は18円!乗り切るための必須ポイントは

【速報】平成30年度買取価格案は18円!乗り切るための必須ポイントは

2018年2月9日一覧に戻る

平成30年度太陽光調達価格
(出典:経済産業省)

今回は速報でお伝えします。

平成30年2月7日に調達価格等算定委員会が開催され、平成30年度(2018年度)の再生可能エネルギー固定価格買取制度に関する案が出されました。

これによると、産業用太陽光発電の1kWあたりの買取価格は18円。
まだ案であるといっても、例年通りであればこの価格が変動することはありませんので、ほぼ決定だと考えられるでしょう。

今回の引き下げは、「国内事業者に自立を促す」という狙いがあるとのこと。
これは、日本が他の国と比較して発電費用が高いためだといいます。
また、固定価格買取制度が実施されてから、一般家庭などへの電気料金の負担がおおきくなっていることも課題となっていたことも大きいと考えられます。

平成29年度からの下がり幅は3円
これをどうみるか

ご存知のように、平成29年度の調達価格は1kWあたり21円でした。
つまり1kWあたり3円の下げ幅です。

ほとんどの方が「想定内だった」「大きな驚きはない」という印象を抱かれたかと思います。
問題はこの下げ幅を大きいとみるかですが、当社は18円程度になることを前提にしっかりとした準備を進めてきたため、大問題とはとらえておりません。

では、その「準備」とはなんなのでしょうか。
その答えをお見せする前に、まずは今後想定されるトラブルや課題点についてふれておこうと思います。

「まだまだいける」の根拠は?
今後考えられるトラブル・課題

多くの太陽光発電設置業者は「18円でもまだまだ大丈夫!」とうたっていると思います。
それはもちろん、そういわなければ太陽光発電事業をしようと思う人がいなくなってしまうからです。

つまり、一般的な感覚では20円を切ってしまうとやはり「もう太陽光発電事業は投資価値がない」と判断されてしまうことが多いのです。

そこで、「まだまだ大丈夫です!」とつなぎとめようとする業者がこれまで以上に増加してくると考えられます。
しかし、本当に「その業者で」大丈夫なのでしょうか。

次のような懸念があります。

●導入費(品質)を抑えて見掛け上の利回りは上げる業者がある
●過積載の知識・経験が未熟な業者がある
●シミュレーションが正確でない業者がある(非常に多いです)

導入費(品質)を抑えて見掛け上の
利回りを上げる業者がある

実は、18円になってしまうとさすがに普通に太陽光発電を行っていてもこれまでのような利回りを望むことは出来ません。
また確かに設備は安くなってきてはいますが、21円時代に比べて大幅に下がっているわけでもありません。

そこで業者側は「安かろう悪かろう」という設備を提案してくるわけです。

数字上の利回りは高くできるかもしれませんが、実発電量が伴わなかったり故障をしてしまったり、必要な保険に入れていなかったりと、結果、総利益が大幅に下がってしまう可能性があります、後から悔やまれるようなことになるかもしれません。

過積載の知識・経験が未熟な業者がある

ここ数年でいっきに普及した過積載ですが、過積載にはノウハウが必要です。
ただやみくもにパネル容量を増やせばよいというものではないのです。

例えば、周りに日を遮るものが何もない正方形の土地Aと、高い建物などの影に入りやすいいびつな形の土地Bがあったとします。
果たしてAもBも、同じ過積載で良いでしょうか。

もちろん、答えはNoです。土地Aはそこまでたくさんのパネルを載せなくても、しっかりと発電してくれるでしょうが、土地Bはそうはいきません。
特にBの場合は土地の形もいびつですから、いかにしてにたくさんのパネルを載せるかも重要で、パネル選定も大切になってきます。

この例は極端ですが、過積載の設計には様々な条件が絡んできます。
それらの条件を念頭に設計・提案する必要がありますから、業者には深い知識と経験が必要になるのです。

シミュレーションが正確でない業者がある
(非常に多いです)

これは非常に多いケースです。
シミュレーションが「何も影がない状態」でなされることが多いのです。

しかし実際は、このような土地は少なく、あってもそのほとんどが既に人の手に亘っていることでしょう。
平成30年度から始めようという人にとって、このシミュレーション方法は、あまりに意味をなさないものなのです。

18円時代になると、少しの計算ミスが大きなダメージにつながることもあります。
影の影響を考慮したシミュレーションを出してもらい、綿密な資金計画を立てるようにしましょう。

また、過積載の場合は過積載用のシミュレーションというものがあります。
過積載用のシミュレーションを行わずに利回りを多く見せる業者もありますが、このシミュレーションを使わずに出た結果に対しては保証が下りませんので注意が必要です。

「18円かぁ」と迷っている方、
当社までご相談ください

これまで多くの太陽光発電所つくりをお手伝いしてきた『太陽光設置お任せ隊』なら、もちろん安心です。
18円時代であってもしっかりと高利回り発電所をおつくりします。

その根拠が、早い時期から低売電単価時代を想定した取り組みを行ってきたことにあります。
もちろん、これまでお伝えしてきたような「課題」を克服する手段も持っております。

具体的には?

●当社は品質に妥協がありません
●劣化の少ないケーブル選びなど細部にまでこだわり、驚異の発電量を実現しています
●土地に合った「最適過積載」のパイオニアです
●高精度シミュレーションシステムの導入で影の計算も行います
●基礎工事からしっかりと行います
●メンテナンスも充実しています
●歴史ある会社なので業界内に太いパイプがあります
●無駄は省き、必要なところにそそぎ、低コスト化を実現しています
●抑制エリアにも対応!免責時間ゼロの出力制御補償の用意があります

「18円」は、業者を選べば
まだまだ儲かる水準です!

いよいよ、売電単価が20円を切ってしまいました。
しかしお伝えしてきたように、だからこそこれからは業者の姿勢や知識・経験が大切になってくるのです。

『太陽光設置お任せ隊』は、当社ならではの観点と豊富な知識で、18円時代も充分に乗り切れるようにしっかりと準備をして参りました。
どうぞ、安心してお任せください。

参考:経済産業省

太陽光発電お問い合わせフォーム

お名前 (必須)
お名前フリガナ (必須)
居住所 (必須)
電話番号 (必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス (必須)
設置予定住所 (設置場所がお決まりの方はお書きください)
設置予定場所の図面または公図
(設置場所がお決まりの方はお選びください)
図面が用意できる図面が用意できない
その他補足内容があれば、お書き下さい
他社見積もり・他社でお作りになった図面がございましたら
添付してください。
※写真可 2MBまで
他社でとったお見積り・図面をお送りいただくと、それよりお得なプランをご提案いたします。



うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合
直接メールで送る→ アドレス:info@en-reform.com
FAXで送る→ FAX:06-6534-1416


一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 中古・分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 施工事例 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 風力発電 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法 大阪府低利融資

Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.

ページトップへ